目黒のSUNまつりとはどんなイベント?有料なの?混雑状況は?

さんま焼き

目黒さんま祭りと同じくらいの時期に行われる「目黒のSUNまつり」。
こちらも無料でさんまを美味しくいただくことが出来るお祭りになっています。

今年はどちらのさんま祭りに行ってみようかな?と考えている人は、
こちらの目黒のSUNまつり情報と見比べてみて決めてみては?

ここでは、目黒区の地元イベント、目黒のSUMまつりについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

目黒のSUNまつりはイベントも沢山!

目黒のSUN祭りは目黒区民まつりの通称で、2017年の日程は以下のとおり。

  • 日程・・・2017年9月17日(日)

目黒のSUNまつりは、さんまを美味しくいただくだけではなく、
その他にもイベントが毎年開催されています。

それぞれ開催時間が違いますのでチェックしてから参加するようにしましょう。

ふるさと物産展

  • 時間・・・10:10~15:30
  • 場所・・・田道広場公園

こちらでは、全国の名産を販売しています。

その中でも一押しの名産が、「さんますり身汁(100円)」です。

こちらは整理券が配られますので、是非GETしてみましょう。

配布開始時間は10:10からです。

また、宮城県の「ずんだ餅(無料配布)」もあり、
こちらは30分くらいですぐになくなってしまいます。

大分県のかぼすジュースも人気の商品です。

おまつり広場

  • 時間・・・9:30~15:30
  • 場所・・・目黒区民センター

こちらでは、宮城県民の和太鼓やダンスなどが披露されます。

その中でも人気のイベントは「目黒のさんまの落語」や講演会などが人気になっており、
全席自由で入場も無料ですが、混雑があまりにも激しい場合には入場制限がかかります。

子ども広場

  • 時間・・・10:00~15:30
  • 場所・・・田道小学校

段ボールの巨大迷路が楽しめたり、工作、駄菓子屋なども楽しめます。

沖縄エイサー太鼓は、ハッピを来た大人が大きな沖縄の太鼓を叩く迫力のパフォーマンスです。

スポンサーリンク

さんまを食べる方法

目黒のSUNまつりでさんまを食べる方法は、
さんまの列に並んでいれば食べられる訳ではありません。

では、さんまを食べる方法をご紹介いたします。

  1. 列に並ぶ前にリストバンドをつけてもらう
  2. リストバンドを付けた人のみ、さんまの引換券をもらう
  3. さんま焼き台の前で待ってさんまが焼けたら引換券とさんまを交換

このような流れでさんまが食べられます。

つまり、リストバンドさえ手に入れたらさんまは必ず食べることが出来るということなのです。

しかし、このリストバンドを手にするのがとても大変で、毎年長蛇の列が出来ます。

事前に、リストバンドの引き替え時間を確認してみましょう。

各リストバンドの制限
リストバンドの色 人数 さんま引替時間
1500 10:10~14:30
500 11:00~14:30
500 11:30~14:30
500 12:00~14:30
500 12:30~14:30
500 13:00~14:30
500 13:30~14:30
500 14:00~14:30

このような時間帯でさんまを食べることが出来ます。

リストバンド方式にすることで、並んだけれども食べることが出来なかったということもなくなりましたし、
さんまを食べるまでの待ち時間の間に上記のイベントを楽しむことも出来ますので、
時間をめいっぱい有効に使いおまつりを楽しむことが出来ます。

さんま焼き

リストバンドを貰ってからの待ち時間を少なくする方法

このリストバンド方式は、2015年から開始された方法ですが、
このリストバンド方式が採用されたことで、待ち時間はかなり減りました。

大体、並び初めてから1時間半後にさんまを食べることが出来るようになり、
狙い目の時間は12時くらいなのですが、
それでももっと待ち時間を減らしたいという方には、とっておきの方法があります。

多くの人は、リストバンドを手にしたら早くさんまが食べられると思ってそのままさんまの列に並んでしまいますが、
これをすると、下手をすると3時間以上待たなくてはいけない時もあります。

では、どうしたら待ち時間を減らして美味しいさんまを食べることが出来るのかと言いますと、
これを回避するためには、他のイベントなどを上手く利用しつつ、
次の団体の人達が押し寄せる10分前くらいに並ぶと待ち時間が少なくてすみます。

例えば、白のリストバンドをもらったのなら、次の緑のリストバンドの人達が来るのは11時ですね。

その11時よりも10分くらい前に並ぶことで、白色のリストバンドを持っているお客がかなりはけた状態になっているのです。

この方法でいくと、上手くいけばほとんど並ばなくてもさんまを食べることが出来るのです。

熱中症対策は万全に!

目黒のSUNまつりではリストバンドさえもらえればさんまが食べられるからと思って熱中症対策をしないでいると、
リストバンド列に並んでいる時に熱中症になってしまう可能性があります。

そのため、日傘、お茶、日焼け止め、帽子は必ず持って並ぶようにしましょう。

また、9月でも日中の太陽はかなり厳しいので、保冷剤タオルにくるんで持ち歩くようにしましょう。

目黒のSUNまつりに行くならおすすめは電車!

ビール

まだまだ日中の暑い時期に美味しいさんまを食べていると、
無性に飲みたくなるのがビール!!

実は、この目黒のSUNまつりと同じ日にちに戎ガーデンプレイスで「恵比寿麦酒祭り」が開催されているのです!!

脂の乗ったさんまを食べた後は、のどごしさわやかなビールで締めくくってみてはいかがでしょうか?

もちろん、子供用のドリンクも用意してあるので、子供だって美味しいジュースを飲むことができます。

まとめ

目黒のSUNまつりでは、リストバンドを手に入れることが出来れば美味しいさんまを食べることが出来るということが分かりました。

しかし、そのリストバンドを手に入れるにはかなり長蛇の列に並ばなくてはいけませんので、
熱中症対策には気を付けながら並ぶようにしましょう。

リストバンドをもらってからは、すぐにさんまを待つのではなく、
イベントなどに参加して待ち時間を減らしながらさんまをもらいにいくことがコツです。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする