母の日は義母にも必要?プレゼントでおすすめのものと予算はどうする?

母の日は義母にも必要?プレゼントでおすすめのものと予算はどうする?

春5月は母の日がありますね。

でも母の日って色々迷うことも多いですよね?

特に結婚して初めての母の日となると、
義母にも母の日をやったほうがいいのか?

義母と一緒に住んでいて毎日顔を合わせるならともかく、
別々に住んでいて普段かかわりが薄いと、
一般的には何もしないのが当たり前なのか?

ここでその辺の曖昧なところをはっきりさせましょう!

スポンサーリンク

母の日は義母にも必要なものなのか?

母の日は義母にも必要なものなのかと言えば、
一般的には必ずしも必要ではないですね。

必要ならするし、必要ないならしないということです。

身も蓋もない結論ですが、
こればっかりは義母とあなたとの間柄によるところがとても強いからです。

社交辞令としては
「いつもお世話になっています」
とは言っても、
普段から離れて暮らしていて、
ほとんど義母からの「お世話」が無いのなら、
母の日だからと言っても、義母に何かする必要はないですね。

もちろん実際にお世話になっているのなら、
母の日に義母に何かしてあげるのは道理になります。

ようは、

「何かをしてもらった分、母の日に感謝の気持ちをお返し」

というスタンスでいいのです。

普段何もなければ、
母の日に義母に何かする必要性はないと言えます。

母の日で義母に何かするのは旦那の態度も目安になる

義母とあなたの距離の目安に、
義母に対する旦那の態度を参考にするのもいいでしょう。

旦那が母の日に義母に対して無頓着なら、
それに従って何もしなくてもいいと思います。

旦那が「どっちでもいい」なら、
母の日だからと言って義母に何かをする必要はありません。

世間一般的にどうとか以前に、
それぞれの家庭の常識がありますからね。

母の日の習慣がない家庭で、
義母にプレゼントを贈るなどして、
逆に気を使わせてしまう事だってあります。

母の日に実母にするなら義母にも

もし母の日に実母にするなら義母にもしたほうが無難かもしれません。

これも義母の性格によることですが、
母の日に実母と義母で差をつけると
溝が深まる可能性があるからです。

母の日に義母には何もしないけど、
実母には感謝の気持ちなどで手厚いくしていることが義母に知れたら、
あまりいい顔はしないかもしれませんよね?

母の日のプレゼントをやめることが出来なくなるかも

当然ですが母の日は毎年やってきます。

一度母の日に何かをすると、
次も何かしなくてはいけない雰囲気になります。

それが続くと、
母の日のプレゼントをやめることが出来なくなってきます。

そう考えると、
むやみに何かをするのも考え物。

あなたの中に「してあげたい!」がどの程度なのかも考慮しましょう。

スポンサーリンク

義母に母の日のプレゼントでおすすめは何が無難?

プレゼント

母の日に義母に何もしないならそれでいいのですが、
義母に何かをするとなったらどんなことが無難でしょうか?

これも難しいところですが、
私は「お食事券」を提案します。

何故なら、義母とあなたとの距離が微妙にあるなら、
義母のの好みがわからない事のほうがほとんどだと思います。

この好みと言うものが厄介で、
定番の花(カーネーション等)の後の処理が面倒と言う方も割といたりします。

そうなると、ある程度は義母に選んでもらえるもののほうが極めて無難なんです。

お食事券で「好きなものを食べてください」ならハズレはありませんよね?

それに物として残らないので、
義母からしても扱いに困ることがありません。

また、好きなものを選んでもらうなら「商品券」もおおすすめですね。

母の日で義母へのプレゼントの予算はどうする?

母の日,義母,プレゼント,予算

母の日に義母に何かをするにしても、
問題は予算をどのくらいにするのか?
もとても大事な問題です。

何故なら、前述しましたが、
母の日は毎年やってくるものです。

母の日の予算や相場は人それぞれですが、
一度やったら、それが大体の相場になります。

そうすると毎年その予算くらいで続けることになってきます。

あまり高いものを送るのはおすすめできませんね。

一人3000円程度のお食事券くらいがたとうではないでしょうか?

義父と一緒に行ってもらうなら、
合わせて6000円程度が無難ですね。

商品券なら義母の分だけで3000円くらいでいいですね。

まとめ

何気に迷う母の日ですが、
義母となるとなおさら迷います。

大事なのは普段の義母との距離です。

距離を測り間違えると、
かえって義母に気を使わせてしまうので、

あなたの義母には母の日が必要なのかをしっかり見極めましょう。

基準は「普段のお返し」にするとおのずと必要性が見えてきます。

また、母の日は毎年あるので、
一度やったらその相場で続けなくてはいけなくなることも念頭におきましょう。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする