オムライスの作り方簡単ふわふわチキンライスがべちゃべちゃにならない方法

オムライス,作り方,簡単,ふわふわ,チキンライスがべちゃべちゃ

母の日などお祝いにオムライスなんていいですよね!

でも普段料理をしてないなら、
オムライスなんて作れるのか心配になりますよね?

でもオムライスってとっても簡単に作れるんです!

もちろん練習はした方がいいですが、
料理の入門編としてぜひ作るべきですね!

ここでは、
オムライスの作り方でも簡単でふわふわに仕上がる半熟オムライスの手順の紹介と、
失敗しがちなチキンライスがべちゃべちゃにならない方法、
オムライスを美味しくするコツ、

オムライスに合う付け合せの簡単な提案をしています。

こっそり練習して、お母さんをビックリさせちゃいましょう!!

スポンサーリンク

オムライスの作り方簡単ふわふわの手順!

オムライスの作り方簡単ふわふわの手順を紹介します。
火加減にも注意してください。

オムライスの材料一人分

チキンライス
  • ご飯(固め):250g(お茶碗2杯くらい、コンビニおにぎりで110g程度)
  • 鶏むね肉:50g(から揚げ1個が33g程度)
  • 玉ねぎ:1/4個
  • 人参:20g(太目の箇所の輪切りで2センチくらいの厚さ)
  • バター:15g(鶏むね肉の油でも可)
  • ケチャップ:大さじ2
  • 塩:少々(入れすぎ注意)
  • 胡椒:少々
  • コンソメの顆粒か固形ブイヨン:(お好みで)
オムレツ
  • 卵2:個
  • 牛乳:50g(大さじ1は15gだから、50gは3杯と少し、生クリームでも可)
  • バター:15g(大さじ1は15g、マーガリンでも可)
  • 上にかけるケチャップとか:適量

オムライスの作り方手順

1、材料の下準備

ご飯は固めに炊いたものが上手くいく
鶏肉は適度に細かく
玉ねぎ、にんじんは、細かくみじん切り

卵はボウルに割りいれ、箸で切るようによくかき混ぜておく(チキンライスの後でも可)
黄身と白身が混ざったら牛乳を加える。
黄身と白身を混ぜた後に牛乳を加えるた方がよく混ざる。

2.チキンライス

フライパンを熱しバター大さじを入れ、
ここから弱火!
鶏むね肉から炒める。
鶏肉に火が通ったら、玉ねぎにんじんを投入し、
塩コショウを振る、
塩は知れ過ぎないように注意。
後で味見して薄ければ足すようにするとしょっぱくなりすぎない。
玉ねぎ、にんじんがしんなりしてきたらケチャップを半分(大さじ1)投入。
ケチャップは少し水分を飛ばすくらい炒める。

3.ご飯投入

ご飯を投入して砕くように具と混ぜながら中火で炒める。
お好みでコンソメの顆粒か固形ブイヨンを包丁で砕いて加えます。
(塩を控えた方がいいかも)
残りのケチャップ(大さじ1)も加えます。
よく混ぜて、味見。
いい感じなら完成。

お皿に盛っておきます。

4.オムレツ

中火でフライパンを熱し、大目のサラダ油をいれよくなじませる。
フライパンのヘリにも忘れずに。
取り出しがスムーズになる。

余分なサラダ油を捨ててバターを投入し、
フライパン全体に広げる。

5.卵投入

中火
よく混ぜた卵を一気に全部投入!
すかさず、固まらないように卵全体をスピーディーにかき混ぜます。
卵投入からから30秒くらいで!!

半熟になったらかき混ぜるのをやめて(けっこう早く固くなります。)、
ほんの少しだけ少しだけ底を焼き固め(5秒程度)火から降ろします。

卵投入からここまで40秒以内くらいで決めましょう!!
1分は長すぎます!!

6.卵をチキンライスの上へ

卵を巻くのが難しければ、
そのまま慎重にスライドさせてチキンライスの上に掛けます。

オムレツ参考動画

整形できるなら巻いた卵をライスの上に乗せて、
卵の真ん中を包丁で切り開いてライス全体を覆うように広げる。

チェチャップかお好みのソースを掛けて完成!!

スポンサーリンク

オムライスで失敗しないポイント

ここではオムライスで失敗しないポイントを解説します。

チキンライスがべちゃべちゃにならない方法

オムライスで多い失敗に、
チキンライスがべちゃべちゃになってしまう方が多いようです。

チキンライスがべちゃべちゃにならない方法には、
いくつかポイントがあります。

固めに炊いたご飯か冷ご飯をつかう

チキンライスがべちゃべちゃになるのは、
水分が多いからです。

固めに炊いたご飯か冷ご飯なら水分が少ないので、
チキンライスがべちゃべちゃになりずらいです。

ケチャップの水分をフライパンで飛ばしておく

ケチャップの水分をフライパンで飛ばしておくことも大事です。
チキンライスを作るとき、
具→ケチャップ→ご飯の順で投入しましょう。

このときご飯を入れる前に、ケチャップの水分を飛ばしておきます。

オムライスで冷やご飯は暖めてお

オムライスには冷ご飯を使うといい感じですが、
炒める前にあらかじめ、電子レンジなどで温めておきましょう。

オムライスの卵が張り付く場合

テフロン加工のフライパンなら、
卵が張り付くことはないはずですが、

それでも卵が張り付く場合は寿命かもです。

鉄のフライパンで卵が張り付く場合は、

油が少ないのと、温度が低いためです。

フライパンからうっすら煙が出るまでしっかりから焼きし
油を大多めに投入して、フライパン全体になじませます。

これでもくっつくようなら、油をさらに投入して下さい。
油の量はけっこう必要です。

それでも卵が張り付くなら、
フライパンの焼きこみが足りない可能性があります。

卵を乗せるとき崩れてしまう!!

卵が滑るように動くけど、
ライスにのせるときに崩れる場合、
半熟状態が片寄って出来ていることも考えられます。

もしくはのせ方の問題ですが、
これは練習して上達するしかないですね。

オムライスを美味しくするコツ

チキンライスは塩の入れ過ぎには注意しましょう。
ケチャップとコンソメだけでもちゃんと味は入ります。

チキンライスが炒めあがったときに味見して、
足りなければ後から少しずつ塩を足しましょう。

足すことはできても、引くことはできないので。

オムレツはやはり、卵が半熟でやわらかめで乗せるのがコツです。
中火で卵投入から40秒以内くらいで火から降ろします。

まだ早いと思っても、余熱も考慮するとちょうどいいです。

まとめ

慣れがないと最初はどうしても難しく感じるかもしれませんが、
やること自体はシンプルなので、

手順どおりに作れば見た目で失敗したとしても、
まず不味くなることはありません。

とにかく一度やってみることが大事です。

オムライスの作り方をぜひマスターしてください!!!

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする