目黒さんま祭り2017は2つある!?日程や時間と場所を地図で解説!

さんま祭り

目黒さんま祭りは、9月の秋を感じる季節になると、決まってテレビで放送されます。

炭火の網の上で、美味しそうな焦げ目をつけたさんまが並び、
そのさんまを頂こうと長蛇の列が出来ている画像を一度は見たことがあるのではないでしょうか?

秋の味覚とも言えるさんまのお祭り、目黒さんま祭り!

実はこのお祭りは、2つあることをご存じでしょうか?

どちらも美味しいさんまをいただけることには変わりないお祭りなのですが、
どのように違うのかご紹介いたします。

スポンサーリンク

目黒さんま祭り2017は2つある!?

目黒さんま祭りには2あるといいましたが、
それは「目黒さんま祭り」と「目黒SUNまつり(目黒区民まつりの別称)」があります。

まずは、目黒さんま祭りと、目黒SUNまつりの違いについて、
何が違うのか見ていきましょう。

場所

まず、一番の違いは同じさんまが食べられるお祭りでも場所が違うという所です。

  • 目黒さんま祭り・・・品川区目黒駅にて開催される
  • 目黒SUNまつり・・・田道広場公園とその周辺(おまつり広場、子ども広場)

産地

次にさんまのお祭りとしての違いといえば引き上げられるさんまの産地が違うということです。
ちなみに引き上げられる時期が岩手県のさんまの方が少し早いので、目黒さんま祭りの方が早くスタートします。

  • 目黒さんま祭り・・・岩手県宮古のさんま
  • 目黒SUNまつり・・・宮城県気仙沼のさんま

主催

お互い毎年恒例のお祭りですが、主催している所が違います。

  • 目黒さんま祭り・・・目黒駅前商店街振興組合
  • 目黒SUNまつり・・・目黒区地元のお祭りであり、主催は目黒区民まつり実行委員会

整理券

整理券を配布するかしないか、つまり並んで確実に食べられるか食べられないかという違いがあります。

  • 目黒さんま祭り・・・整理券の配布なし。なくなり次第終了。
  • 目黒SUNまつり・・・田道広場公園にてさんまの引換券になる整理券を配布。また、この整理券を順番にもらうためにさんまの数だけリストバンドが配られる。
スポンサーリンク

目黒さんま祭り2017の日程や時間と場所を地図で解説!

それぞれのさんま祭りの違いが分かった所で、詳細のおまつり情報をご紹介しましょう。
まずは、「目黒さんま祭り」です。

  • 日程・・・2017年9月10日(日) 10:00~14:00迄
  • 場所・・・目黒駅前商店街、誕生八幡神社界隈
  • 住所・・・品川区上大崎2-13-36
  • アクセス・・・JR目黒駅東口下車徒歩1分
  • 露店・・・25店舗ほどあり
  • さんまの数・・・7,000匹
  • 参加者・・・約3万人

さんま祭り

目黒区民まつりの通称目黒のSUN祭り2017の日程や時間と場所を地図で解説!

次に、目黒のSUNまつりについて詳しい情報をご紹介します。

  • 日程・・・2017年9月17日(日) 10:00~15:30迄
  • 場所・・・田道広場公園とその周辺(おまつり広場、子ども広場)
  • 住所・・・目黒区目黒1-25-8
  • アクセス・・・JR線、等級目黒線目黒駅下車徒歩10分
  • 露店・・・多数出展。露店以外にもイベントや物産展もあり
  • さんまの数・・・5,000匹
  • 参加者・・・約32,000人

まとめ

読んでいるだけで、さんまのいい香りがしてきそうです!

今年のさんまは、去年と比べるとさんまの好む海水温度(15度以下)に近かったので、
その分捕獲量もアップしています!

そのため、サンマの初競りで行われた最高価格は1キロで1万4000円と、去年の半額で競り落とされました。

今年は秋の味覚のさんまが思う存分食べられるかも!?

そんな秋ならではの捕れたてのさんまを、是非食べてみたいものですね!

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする