ピアノ輸送の値段はいくら?輸送後は調律必須?売るといくら?

引越しなどでピアノを移動させなければ行けなくなってしまった……!

そんなことありませんか?

ピアノの運送って、なんだかとても高いイメージがあるんだけど…。

そうなんです。ピアノの輸送は他の引越しの荷物とは別で運ぶことが多いので
少し料金が割高になってしまう場合がほとんどです。

そこで今回はピアノの輸送についてご紹介!

また、ピアノの輸送は高いし、もうピアノも使う必要もないから売ってしまえ!
と思う方も中にはいると思います。

今回はそんな方へピアノの買取の相場なども合わせて
紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

ピアノの輸送の値段はいくらくらいかかる?

ピアノを習っていて、またはやっていて困ることのひとつに
引越しということはないでしょうか?

ピアノの輸送ってとても値段がかかるようなイメージがありますよね。

出来れば引越しをせずに済ますのが1番ベストなのでしょうが、
どうしても引っ越さざるを得ない状況というのはよくあることだと思います。

ではそんな引越しの際に輸送費用はどのくらいかかるのでしょうか?

ピアノの運送費用は距離で変わる?

実はピアノの料金は一定ではないのです。

またピアノ1台運送することに〇円かかる、というような値段設定も
多くのところではしていません。

ピアノの運送費用はほとんどの会社が〇kgで〇円という用に
金額を設けています

そのため、運ぶ距離が遠ければ遠いほど料金は高くなっていくんです。

なので、短い距離間を運送する程度なら安く済むこともありますが、
長い距離を走れば走るほど値段はかさんで行きます。

ピアノの種類によっても変わる!?

距離で変わるのは先程紹介しました。

しかし、さらにピアノの種類によっても金額が変わってくるんです。

例えば10kg以内の距離の場合
エレクトーンは13000円ほどが平均的な金額とされており、
アップライトピアノは18000円、グランドピアノが約30000円
というのが平均的な値です。

運送費用の傾向として、エレクトーンが1番安く、
その次にアップライトピアノ、グランドピアノというような順です。

これはピアノそのものの価格と比例していることもあるので、
高いピアノほど運送料金が高くなると言えますね。

特殊作業の料金も?

ピアノは運んで終わりではありません。

ピアノを目的地まで運んだ後、室内に導入する作業があるのです。

これを一般的に「特殊作業」と呼びます。

特殊作業は、先程の運送料金(基本料金)とは別に必要な運搬方法に
合わせて別途料金がかかります。

例えば階段を1階づつ上がることに料金が別途で取られたり、
マンションならエレベーターで運ぶだけでも特殊作業として
料金が追加されます。

また外からクレーンで吊り上げたりすることもあるので、
そこでも特殊作業費用がかかるのです。

そのため、ピアノの実質的な輸送費用はピアノの輸送料金(基本料金)+特殊作業費用がかかるということになりますね。

ピアノを輸送してもらったら調律もするべき?

一般的に、アップライトピアノやグランドピアノなどのピアノの調律は
年に1度だと言われています。

しかし、音大生でピアノを弾いたりと、ピアノをよく使うひとは
半年に1度ほど調律をするのが好ましいです。

運送業者によってはピアノを完全に設置し終わった後、
狂いがないか軽く試し弾きをすることがあるようです。

また、これによって狂いが生じていた場合、調律師を依頼して
調律してもらう場合もあります。

一見関係なさそうな引越と調律の関係性ですが、
意外と重要な役割関係があるんですね。

スポンサーリンク

ピアノを売るとしたら値段はどのくらい?

ピアノの輸送費用はとても高いし、調律にも費用はかかる。

でも、もうしばらく使う予定もないから
いっそのことピアノを売ってしまえばどうだろうか?
と思う方もいるのではないでしょうか?

部屋が狭くなる。

お金がかかってしょうがない。

すぐに必要ではない。

なら、ピアノを売ってしまうのも賢明な手段といえますね。

でもどのくらいの価格で買い取ってくれるのかが疑問ですよね。

そこで今回はピアノを売却した際に
どのくらいの値段をするかについてご紹介していきます。

売却方法には色々な方法がある?

売却すると言っても色々な方法があるんです。

買取業者に引き取ってもらうというのはもちろんのことです。

しかし、もし周りの知人がピアノをやりたい、という人が居れば
そちらに譲るのもありでしょう。

しかし友人同士の取引になると「友情価格」のように
少し安く譲渡することにはなるので
少しでも高く買い取って欲しい場合は買取業者を使うとよいでしょう。

買取業者でのおおよその相場は?

ピアノの買取の相場というものはあまりしっかりしたものは存在していません。

というのも、ピアノの傷の有無、年代もそうですが、きちんと付属品が
揃っているか、という点も買い取るときに必要な材料になります。

相場はハッキリとは言えませんが。

ピアノの傷が少なく、また備品もしっかり揃っているのであれば
いい値段で売れる可能性も充分にありえるのです。

まとめ

いかがでしょうか?

引越しなどの際にピアノを輸送する必要が出てきたりした時に
役立てればと思います。

また、もう売りたいや!なんて思う方もこちらを見れば少しでも
解決出来たのではないでしょうか?

これらを見て少しでも何か解決出来れば嬉しいです。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする