平塚七夕祭りの歴史は?ヤンキーが喧嘩事件を起こすことで有名?

平塚七夕祭

画像引用:ウィキペディア

日本三大七夕祭りの1つにもなっている平塚七夕祭りは、
毎年100万人以上の来場者数を記録するとても大きな七夕祭りです。
とにかくお祭りの時には、人で溢れかえりすごく熱気が伝わってくるお祭りです。

小さな子供を連れて行くと迷子になる危険もありそうですが、
ちょっと大きくなって物わかりが良くなったお子さんと一緒に行けば、
お父さんやお母さんと一緒にとても楽しめるお祭りになっています。

今年のお祭りはどこに連れて行ってあげようかな?と考えているお父さん達に、
平塚七夕祭りの魅力についてご紹介いたします!

スポンサーリンク

平塚七夕祭りの歴史は?発祥の由来

平塚七夕祭りは、第二次世界大戦で焼け野原になった地で
復興祭りを開催しようとしたのが起源だと言われています。

復興祭りは毎年行われ、次第に規模が拡大されていき
地元の商工会議所や商店街の人々が中心となり、
今の平塚七夕祭りが作り上げられました。

平塚七夕祭りは、仙台七夕祭りを参考にして行われたお祭りなので、
ちょっと装飾が仙台七夕祭りと似ている所があります。

1973年に平塚市に駅ビルや高層住宅が建ち並び、一時お祭りはなくなります。
しかし、地元住民達が、「せっかくのお祭りをなくしてはいけない」と立ち上がり、
平塚市の商工会議所が中心となってお祭りがまた再開しました。

1993年には、平塚七夕祭りの名前を「湘南ひらつか七夕祭り」に変更され、
日程も2日間になりましたが、やはり3日間で行った方が安全に出来るとの見解から、
2011年にまた3日間に変更されてお祭りが開催されています。

平塚七夕祭りはヤンキーが多い?喧嘩事件を起こすことで有名?

平塚七夕祭りでは、花火やお化け屋敷など、とても楽しいイベントが沢山あるのですが、
その一方で事件が多いことでも知られています。

例えば、記憶に新しい事件では、2009年に発砲事件がありました。

暴力団関係者が発砲したという事実がわかり、発砲された日には、
規制線が引かれたり捜査員の人達が大勢いたりと、
楽しいお祭りに違和感を感じる場面もありました。

また、平塚七夕祭りでは毎年ヤンキーが集まることでも知られており、
ヤンキー達の喧嘩が後を絶ちません。

お祭りは、とても楽しく気分が高鳴りますので、
その勢いで喧嘩に発展することも多い様です。

こういった事件に巻き込まれないためには、自分で自分を守ることが大切です。

ヤンキーの喧嘩は夜に起こることが多いので、
夜遅くまでお祭りの余韻に浸ることは出来るだけ避けましょう。

また、お祭りが終わったら早めに退散することを心がけましょう。

スポンサーリンク

平塚七夕祭りの場所や日程とオススメのアクセス方法

今年の平塚七夕祭りの詳しい情報をお伝えします。

開催日

2017年7月7日~9日

時間

開始時間は決まっていないようですが、終了時間は21時。最終日は20時。

アクセス方法

電車の場合はJR平塚北口駅から徒歩2分
東京駅からはJR東京上野ラインで60分
新宿駅からはJR湘南新宿ラインで65分

車での場合は圏央道芦ヶ崎海岸ICから10分
小田原厚木道路・平塚ICから20分

※当日は相模川河川敷に無料駐車場を完備しています。

お問い合わせ先

湘南ひらつか七夕まつり実行委員会
電話番号:0463-35-8107

オススメのアクセスは、電車です。

駐車場はありますが、当日はとにかく沢山の人が車で訪れます。
そのため、常に満車状態が当たり前で、道も混みます。

電車は、人は多いですが、めちゃくちゃ混むとまではならないですし、
JR平塚北口駅から徒歩2分なのですぐです。

平塚七夕祭

まとめ

平塚七夕祭りは、地元住民の熱いお祭り魂がお祭りを大きくし、
今では日本三大七夕祭りの1つにまで成長したお祭りでした。

ちょっと事件が多いことでも有名なお祭りですが、
きちんと決まりを守って夜間出歩かないようにすれば楽しくお祭りに参加できるので、
昼間に思いっきり楽しみましょう!

平塚七夕祭りのパレードは圧巻です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする