梅雨のダニで全身がかゆい!効果的で安全駆除対策と簡単対処グッズ

布団の中で「何だか最近体がかゆい」と思って子供を見ると、
子供もなんだか痒くて寝づらそうにしている。

そんな時、一番に思い当たることといえば、「ダニ」ではないでしょうか?
子供って、大人よりも体温が高いし暑がりなので、
ダニが更によってくるのですよね。

ダニに刺されるなんて、考えただけでも嫌だ!
と思い、色々と対策をしている人はこれからの梅雨の時期、
多くなってくるのではないでしょうか?
ここでは、梅雨の時期に大量に発生するダニについて、詳しくご紹介致します。

スポンサーリンク

梅雨時のダニに注意!体中全身がかゆい原因かも?

ダニは、いたる場所に存在します。
しかし、その中でも一番多く存在している場所が、「布団・枕」です。

特に、布団の中に潜むダニは、5月頃から徐々に増え始め、
8月をピークに少なくなっていきます。

特に、アレルギーや喘息の原因になる「チリダニ」というダニは、
梅雨時の6月から8月までが一番多くなりますので、
小さな子供のいるご家庭や、
家族にアレルギーを持った人がいる場合は一番注意しなければいけない時期なのです。

子供の頃のアレルギーや喘息などは比較的、
抵抗力がついてくると治りやすいと言われていますが、
だからと言って部屋の中の布団や枕をそのままにしておくことは、
治癒を遅らせとても危険です。

ではなぜ、布団や枕に多くダニが繁殖するのかと言いますと、
ダニの餌になるものが沢山あるからです。

ダニが好む餌とは、フケや垢などです。

つまり、私達の皮膚から落ちるものがダニの餌と考えてよいでしょう。

温度は20~30度、湿度も60~80%くらいを好むため、布団の中はダニにとって最高の環境なのです。

梅雨時のダニの効果的で安全な駆除対策は?掃除機と布団乾燥機、ゴミ袋を使おう

それでは、どうやったら布団や枕のダニを追い払えるのでしょうか?

天日干しをすればいいのでは?

と考えるかもしれませんが、ダニは天日干しをしただけでは、
布団の中に潜りこんでしまい、死滅はしません。

でも、バルサンなどの薬剤も、人体の影響が不安ですよね。

ダニを完全に除去する方法は2種類の方法があります。
まず一つ目は、布団乾燥機を使うことです。

布団乾燥機の機能には、
ダニを死滅させる所にセットして乾燥させられます。

その為、ダニが死滅する所にセットして布団乾燥機を使い、
その後掃除機でダニの死骸をゆっくりと吸い取れば完了です。

二つ目の方法は、黒色のゴミ袋を使います。

こちらは、ゴミ袋よりも布団の方が大きい場合が多いので、
袋をつなげるか、掛け布団だけにするとか工夫が必要です。

方法は、黒いゴミ袋に布団を入れ、天日干しします。

その後、掃除機でダニの死骸を吸い取ります。
黒いゴミ袋を使うことで、ダニの死滅する温度(60度以上)に到達することが出来るので、
ダニも布団の中や裏などに逃げられなくなるのです。

スポンサーリンク

色は黒に近いほど熱を吸収しやすいので、黒いゴミ袋がの使用が望ましいですが、
黒いゴミ袋が無くて他の色を使うにしても、なるべく黒に近い濃い色を使いましょう

表面を黒く塗るのも一つの手段です。
塗るのが大変ですけど。

梅雨時のダニの簡単対処グッズ

しかし、小さな子供がいるご家庭では、
毎回こんなことばかりもやっていられる時間はあまりとれませんよね。

子供は布団が大好きなので、
布団をヒラッとさせるだけで大喜びして乗っかってくるので、
ダニ退治どころではありません。

そんな時には、「ダニ取りシート」や「ダニ取りロボ」を使ってみましょう。
値段も、両方とも、1000円台から3000円台で購入することができます。
家庭にあるものではないので、買いにいかなければいけませんが、
ダニのいそうな場所に置いておくだけなので、とても簡単ですよ。

楽天市場へ

まとめ

ダニで体がかゆくなると、本当にかゆくてたまらなくなります。
かきむしった跡が残ってしまうくらいに掻いてしまう場合もあり、
そんな時は悲しくなりますよね。

しかし、家庭でもダニ退治はできますので、
頑張って梅雨の時期はダニを布団や枕から追い出しましょう。

子供達が寝れないのは、よほど痒い時です。
少し痒いくらいじゃ子供は起きません。
そんなかわいそうなことになる前に、対策をしっかりと行いたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする