北海道に梅雨の時期がない理由は?実はある?例年と旅行先雨でも楽しめる観光地

新鮮な食べ物にラベンダーが広がる北海道はとても広大で魅力的ですよね!
どこまでもまっすぐに続く道を走っていると、
日頃の嫌なことなど忘れてしまいそうになります。

せっかく北海道に行くのだから傘を持つ手間を省い
て写真を沢山撮りたいところですが、
ラベンダーが咲くき広がる頃の北海道は
なんだか天気もパッとしない日が多いもの。

そこで今回は、北海道の梅雨についてと、
もしも雨になっても楽しめる北海道の観光地をご紹介いたします!

スポンサーリンク

北海道に梅雨の時期がない理由は?

北海道には梅雨がないとは昔からよく言われていますよね。
これは本当でしょうか?

実は気象庁の見解では
「北海道は梅雨らしい天気がないのではっきりしない」
ということなのです。

なぜこのような曖昧な言い方になってしまうのかというと、
梅雨の時に現れる梅雨前線が北海道まで届かないためです。

本当は北海道にも梅雨がある?例年はどうなの?

しかし、北海道にも雨の続くじめじめとした天気が続くことはあるものです。
このような天気を北海道の人は「蝦夷梅雨」(えぞつゆ)と呼んでいるらしいです。

では、この蝦夷梅雨という梅雨に似た天気はいつまで続くのでしょうか?

蝦夷梅雨は、
本州で梅雨が明けそうな頃あたりにやってくることが多いようです。

つまり、本州の梅雨明けは7月中旬が多いので、
大体北海道の蝦夷梅雨は6月半ばから7月頭らへんにやってくることになりますね。

では、今年(2017年)の蝦夷梅雨はどのような予報になっているのでしょうか?

北海道の蝦夷梅雨は、本州や沖縄が例年通りの梅雨入りをするため、
それに従って北海道の蝦夷梅雨も例年通りに
6月中旬から7月頭あたりになるとのことです。

梅雨の時期の北海道旅行で雨でも楽しめる観光スポット紹介

北海道の蝦夷梅雨は、
本州や沖縄のようにしっかりとしたまとまった雨は降りませんが、
どうしてもじめじめとした天気が続くものです。

このような時に観光すると、傘をさしたり閉じたりしなくてはならず、
ちょっとうっとうしい気持ちになりますよね。
傘を肌身離さず持ち歩くというものもやっかいなものです。

こんな時には、傘なしで北海道を楽しめる観光スポットはどうでしょうか?

子供連れの場合

ダイバーシティキッズプレイス ぱれっと
住所:北海道札幌市東区北34条東27丁目3-1
電話番号:011-789-8010
こちらは室内にふわふわの遊具が沢山あります!
雨でも思いっきり子供達が体を動かすことができますよ!
KIDSはらっぱSORA
住所:岩見沢市4条西3丁目1 であえーる岩見沢3階
電話番号:0126-25-2511
こちらはなんと、室内なのに人工芝がひいてあるため、
室内にいるのに公園感覚で楽しむことができます。

カップルでお出かけする場合

北海道立近代美術館
住所:北海道 札幌市中央区北1条西17丁目
電話番号:011-644-6881
カップルで楽しむなら、
雨の時こそ芸術に触れてみるのはいかがでしょうか?
ここなら全く傘はいりません。
標津サーモン科学館
住所:北海道 標津郡標津町北1条西6-1-1-1
電話番号:0153-82-1141
北海道といえばサーモン!
ご当地のことを深く知る為にもここでしか学べないことを学んでみましょう!

北海道にはその他にも、白い恋人パークやサンピアザ水族館など、
子供連れやカップルどちらでも楽しめるスポットが沢山あります!

雨だからこそ楽しめるスポットに足を運んでみてくださいね!

北海道

まとめ

北海道には、しっかりとした梅雨というものはありませんでしたが、
梅雨に似た蝦夷梅雨という季節がありました。

この時には、じめじめとしたぱっとしない天気が続くので、
7月頭らへんに北海道旅行を観光する時には、傘を持っていきましょう。

また、雨だからといっても残念がることはありません。
北海道には雨でも沢山楽しめるスポットがあります。

車の運転だけには注意をして、
せめて室内に入ったら傘のことは忘れて思いっきり楽しみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする