ボールペンのインクの消し方!服や机と消しゴムなど素材別にご紹介!

文房具の中でも、
使用頻度の高いボールペン。

ブラウスや薄い色のパンツに、
ボールペンで線を書いてしまった、
という失敗をしてしまったことは
ありませんか?

また、お子さんが、ボールペンで
あちこち落書きをしてしまって困った、
という経験はあいませんか?

お気に入りの服や家具が
汚れるとショックですよね。

スポンサーリンク

ボールペンのインクの消し方ってあるの?

ボールペンのインクの汚れは、
なかなか落ちにくいものです。

汚れを落とそうと試みたものの、
諦めたこともあるかと思います。

実は、ボールペンのインクを
消すシミ抜きの方法があるのです!

これから、その方法をご紹介しますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね!

ボールペンのインク消し方~服編

ボールペンのインクは基本的に、
色素(染料や顔料)+溶剤+定着剤という
組み合わせで成り立っています。

溶剤に使われる種類の違いで、
インクに違いが出ます。

3種類のインクがあり

  • 油性インク:色素+溶剤(油)+樹脂
  • 水性インク:色素+水
  • ゲルインク:色素+水+水化剤

それぞれのインクが服に
ついてしまったときの、
汚れの落とし方をご紹介します。

油性インクのシミ抜き方法

用意するもの

  • クレンジングオイルまたは除光液
  • ビニール袋
  • 汚れていいタオル
  • 歯ブラシ

手順

1. タオルの上にシミがついてしまった部分を置く

平たいところでビニール袋を敷いて、
その上にタオルを置きます。

タオルの上に、シミがついた表面を
タオルにつけるようにして置きます。

2. シミの裏側からクレンジングオイルを垂らす

シミがついた部分の裏側から
クレンジングオイルを垂らします。

1日以上経っているものには、
除光液を使いましょう。

3. 歯ブラシでポンポン叩く

歯ブラシで叩いて、
服についたインクのシミを
タオルに移動させるようにします。

4. 2と3を繰り返す
5. 普通に洗濯する

水性インクのシミ抜き方法

用意するもの

  • 洗剤用弱アルカリ性洗剤
  • ビニール袋
  • 汚れてもいいタオル
  • 歯ブラシ
  • 綿棒

手順

1. 色落ち確認をする

色や柄のある洋服は、
弱アルカリ性の洗剤で
色落ちしてしまうことも。

綿棒などに洗剤を少しつけて、
洋服の目立たない部分につけて、
色落ちしないか確認しましょう。

以下の工程は、
油性インクの方法と同じです。

クレンジングオイル・
除光液を使うところは、
洗剤用弱アルカリ性洗剤を
使いましょう。

ゲルインクのシミ抜き方法

用意するもの

  • 歯磨き粉
  • 洗濯用弱アルカリ性洗剤
  • ビニール袋
  • 綿棒
  • 歯ブラシ
  • 汚れてもいいタオル2~3枚
1. 色落ち確認をする

水性インクの時と同様、
色落ち確認をします。

2. ビニール袋とタオルをセッティングする

平たいところにビニール袋を敷き、
その上にタオルをのせます。

3. シミの表面に歯磨き粉をつける
4. 裏から歯ブラシでポンポン叩く

歯磨きの研磨剤で、ゲルインクの
細かいインクをタオルに移動させます。

5. 洗剤用弱アルカリ性洗剤をつけてトントン叩く

タオルの場所を移動させ、
シミの表面に洗剤を垂らします。

6. 3~5を繰り返す
7. 普通に洗濯する

ボールペンのインク消し方~机編

机で書類を書いていたら、
紙からはみ出してしまう、
なんてことはよくあることですよね。

また、子供に故意に
落書きされることもあります。

机にボールペンで書いてしまった場合、
どう消せばいいのか、方法をご紹介します。

柑橘系の表皮

グループフルーツなどの
柑橘系の表皮で擦りとると、
ボールペンのインクを
消すことができます。

雑巾やキッチンペーパーなどに
油をにじませて、
ボールペンの汚れのところに
10分ほど置いておきます。

そのあとにティッシュなどで
油部分をふき取れば、
ボールペンのインクを
消すことができます。

油は食用でも灯油でもOKです。

クレンジングオイルやクレンジングクリーム、
日焼け止めクリームでも代用可です。

メラミンスポンジ

水だけで汚れが落ちる、
洗剤いらずの魔法のスポンジ
「激落ちくん」が一番便利です。

水だけでも落ちますが、
消えない場合はお酢をつけると良いです。

優しく擦るだけで、
簡単にインクが落ちますよ。

ただ、ワックスコートされた
フローリングや、お風呂場の浴槽、
トイレなどの樹脂素材には
使えないので、注意しましょう。

ボールペンを消す方法で消しゴムをご紹介!

紙に書いたボールペンの筆跡を
消したい場合、ボールペン用の消しゴムが
あることをご存知でしょうか?

ボールペン用の消しゴムは、
砂消しゴムとも呼ばれています。

砂消しゴムとは、
ゴムに研磨砂が配合されていて、
インクを紙ごと削って
筆跡を落とすことを可能にした製品です。

どの製品も、基本的に
油性ボールペンに
のみ対応しています。

ぺんてるのボールペン用の
消しゴムをご紹介します。

ハイパレイザー

少し柔らかめの感触です。

印刷インキ文字、油性ボールペン筆跡など、
多目的な筆跡消去が可能な、
高性能消しゴムです。

印刷インキ、製図インキ、
細かい部分の消去に適しています。

クリックイレーザー

やや硬めな感触です。

油性ボールペンの筆跡消去に最適です。

紙面損傷が少ない、砂消しタイプです。

スーパーマルチ消しゴム

とにかく硬い感触です。

油性ボールペン文字や
印刷文字の消去に適しています。

紙面損傷の少ない砂消しです。

上記で紹介したような砂消しは、
以前のものと違い、
高機能になっているようです。

紙があまり破れることなく、
ボールペンの筆跡を消すことができますよ。

まとめ

なかなか消せないと思っていた
ボールペンのインク汚れも、
消す方法がいくつかありましたね。

正しい手順で適切な道具を使えば、
ゴシゴシと力を入れて擦らなくても、
簡単に汚れを落とすことができます。

また紙に書いたボールペンの筆跡も、
消しゴムで消すことができるので、
是非試してみてください。

この記事でご紹介した方法で、
諦めていたボールペン汚れを
スッキリ綺麗に落としてくださいね!

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする