キャンプで使いやすいバーナーの初心者おすすめは?ガソリン燃料は強力!

キャンプと言えばBBQ!

でも、大掛かりにやるとなると
準備も片付けも大変ですよね。

そんな時におすすめなのが
キャンプ用バーナーです。

トーストやソーセージを焼いたり、
お湯を沸かしたりが
簡単にできちゃいます。

コンパクトで持ち運びも
便利なものが多いため、
すぐ準備ができて
便利ですよ。

今回はキャンプにおすすめの
バーナーをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

キャンプバーナー初心者にもおすすめのLPガス

LPガスとは液体化した
ガスのことです。

家庭用コンロのように
簡単な操作で着火できるのが魅力。

初心者にも扱いやすいです。

カートリッジにガスを充填した状態
で販売されています。

このため、準備の際に手が
汚れる心配がなく、
扱いやすいのが特徴です。

また、バーナーの重量も軽く、
コンパクトなものが
多いので持ち運びも手軽です。

欠点は外気温度の低下とともに
火力が落ちてしまうこと。

冬場の寒い中でのキャンプでは
火力に物足りなさを
感じてしまうかもしれません。

LPガスを充填している缶には
OD缶・CB缶の2種類があります。

それぞれの特徴をみていきましょう。

OD缶(OutDoor缶)

LPガスの欠点である外気温度に
左右されてしまうという点をカバーした
アウトドア専用のガス缶です。

アウトドアショップや
指定取次店などでしか
購入できません。

コストが高めといった
デメリットもあります。

しかし、OD缶専用のギアが豊富で、
ランタンとバーナーで燃料が
共有しやすいといった
メリットがあります。

CB缶(CassetteBombe缶)

ご家庭でカセットコンロを
使う時に用いられる缶。

コンビニや一般量販店で
比較的安く購入できます。

CB缶を使ったバーナーは
ゴクトの位置が低いため
安定感があります。

しかし、外気温度の影響を
もろに受けるため、
気温が低いと火力が弱いといった
デメリットがあります。

しかし、そのデメリットを差し引いても、
簡単で便利で重宝すること
間違いなしです。

以下で、キャンプに人気の
LPガスバーナーを
まとめてみました。

ソト(SOTO) アミカス コンパクトストーブ SOD-320

アマゾン

  • 発熱量‐2600cal/h
  • 使用時間‐約1.5時間
  • 本体重量‐81g
  • 燃料種類‐OD缶

バーナーヘッドを
すり鉢状にしたことで
暴風機能が大幅にup。

横からの風を
受けにくくしてくれるので、
強風の中でもしっかりと
加熱調理することができます。

4本のゴクトが
置かれた鍋を
しっかり支えてくれて、
安心です。

キャンプ初心者からベテランまで、
これを選んでおけば間違いない1台です

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

アマゾン

  • 発熱量‐2500cal/h
  • 使用時間‐約1.5時間
  • 本体重量‐350g
  • 燃料種類‐CB缶

CB缶の弱点を、
マイクロレギュレーターが
解消したことで、安定した
火力を実現することができます。

冷えによるボンベの冷却に
影響されることなく、
高出力を発揮。

ドロップダウンによる
火力低下がないため、
連続した調理に適しています

圧電・通電線内蔵で、
不意の衝撃にも強いのが
人気の理由のひとつです。

スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ“地” GS-100R

アマゾン

  • 発熱量‐2500cal/h
  • 本体重量‐75g
  • 燃料種類‐OD缶

日本だけでなく、
世界中のアウトドアマンに
愛用され続けてきたバーナーです。

より軽量化され、
コンパクトなため、
持ち運びが楽々です。

着火装置がないので、
ライターやチャッカマンを
使った点火が必要です。

ユニフレーム テーブルトップバーナー

楽天

  • 発熱量‐3900cal/h
  • 使用時間‐約45分
  • 本体重量‐900g
  • 燃料種類‐CB缶

見た目からもわかるように

とても頑丈です。

発熱量も3900calと高火力

遮熱性・熱反射効果を発揮する
直径20㎝の
ステンレス製汁受け皿がついています。

ゴトクが丈夫なのでダッチオーブン
そのまま置いて調理できる優れものです。

ソト(SOTO) シングルバーナー 【シルバー】

アマゾン

  • 発熱量‐3700cal/h
  • 使用時間‐約1.4時間
  • 本体重量‐690g
  • 燃料種類‐CB缶

大きなゴクトと低重心設計により、
直径25㎝までの
大きな鍋でも
調理することが可能です。

シンプルで扱いやすい構造
人気の理由。

専用の収納ケースがついていて、
コンパクトに収納が可能です。

家庭用の安価な
カセットボンベが
使えるのも魅力です。

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー

アマゾン

  • 発熱量‐2700cal/h
  • 使用時間‐約120分
  • 本体重量‐270g
  • 燃料種類‐CB缶

1Lの水を沸騰させるのに
たったの約4分。

高熱効率バーナーで
高い加熱能力を発揮してくれます。

ゴクトはバーナーを
取り囲むように配置されており、
屋外での風にも
強い作りになっています。

自動点火機構なので、点火も楽々。

軽量なうえ、コンパクトに
収納できるので持ち運びも簡単です。

火力が強くてコスパが良いキャンプバーナーはガソリン燃料!おすすめをご紹介

キャンプや登山で使用する
ガソリンはホワイトガソリンと呼ばれ、
石油製品の1つです。

強い火力を得られることから、
古くからキャンプ用品の
燃料として使われてきました

オクタン価が低いため、
エンジン燃料としては不向きです。

でも、添加物などが入っておらず、
煤が発生しないため
キャンプバーナーに向いています

LPガスバーナーと違い、
極寒地でも気候に
左右されることがない
メリットがあります。

ジェネレーターが詰まって
燃焼不良・燃料漏れなどが
起こりやすいため、
使い方の知識が必要です

以下で、ガソリンを使った
キャンプにおすすめの
バーナーをまとめてみました。

Coleman(コールマン) Exponent (エクスポーネント) デュアルフューエル ストーブ

楽天

  • 発熱量‐2125cal/h
  • 使用時間‐約1.38時間
  • 本体重量‐約680g
  • 燃料種類‐ホワイトガソリン・自動車用無鉛ガソリン・灯油

ホワイトガソリンだけでなく、
自動車用ガソリン・灯油も使える優れもの。

日本未発売の並行輸入品になります。

強火からとろ火まで
火力調整がしやすく
ファミリーキャンプなどに
向いています。

お値段はお高いですが、
キャンプだけでなく
災害時にも活躍できます。

それを考慮すると納得の
バーナーかもしれません。

BRS一体防風ガソリンストーブ

アマゾン

  • 発熱量‐1820cal/h
  • 本体重量‐約565g
  • 燃料種類‐ホワイトガソリン

ホワイトガソリン用の
キャンプバーナーです。

軽量・コンパクトなので
持ち運びがしやすく、
収納も簡単です。

コンパクトですが、
火力は申し分ありません。

Coleman コールマン スポーツスターII デュアルフューエル 533

アマゾン

長時間の燃焼と
天候を選ばない強い火力が魅力。

燃焼ファンネル付き。

コンパクトなボディで、
野外調理を手軽に
楽しむことができます。

ホワイトガソリン・車用ガソリン
どちらも使うことができます。

コールマン パワーハウスツーバーナー

楽天

  • 発熱量‐3650cal/h
  • 使用時間‐約2~6時間
  • 燃料種類‐ホワイトガソリン

コンロが2つ付いている
ツーバーナーのキャンプ用コンロ。

ファミリーキャンプや
大人数のキャンプでも
効率よく調理できるのが魅力です。

火力が強く、
ホワイトガソリン使用なので
経済性にも優れています

持ち運びは少し大変ですが、
一家に1台あれば
災害時にも安心です。

MSR シングルバーナー・ストーブ ドラゴンフライ

アマゾン

ホワイトガソリン・灯油と
2種類使えるMSRの定番モデル

高火力で収納もコンパクト。

ゴトクがしっかりしていて、
鍋を置いた時の安定感も抜群です。

つまみを調整するだけで、
超強火からとろ火まで、
自由に火力を調整できます。

スポンサーリンク

キャンプバーナーと網を併用してもっと楽しもう!

キャンプバーナーの
上に網を置くことで、
柔らかくふっくらと食品を
焼き上げることができます。

パンや魚などを
置くだけでいいので、
調理も楽々です。

鍋のように重たくもないので、
持ち運びも楽ですね。

1つ持っておけば、
キャンプの料理の幅も
増えて楽しめそうです。

それでは、キャンプに
おすすめの網をご紹介します。

PRIMUS フォールディングトースター2型

アマゾン

コンパクトに収納できる、
携帯に便利な折りたたみ式トースター

世界中のアウトドア愛好家から
愛され続けています。

コッヘルでの炊飯で使えば
炎がムラなく分散され、
おいしく焼くことができます。

UNIFLAME ユニフレーム fanマルチロースター

アマゾン

山型に置く方法と、
フラットに置く
2パターンの使い方
できる網です。

炎を赤外線の熱に
変えることのできる
特殊熱網メッシュを採用しており、
食材に合った焼き方が楽しめます。

折りたためばコンパクトに
収納できるため、
持ち運びも便利です。

UNIFLAME ミニロースター

アマゾン
小型のクッカーに収納でき、
コンパクトに持ち運べる網。

炎を熱に換える
バーナーポットとして、網部をつけて
ソロバーベキューの焼網としても
便利に使えます。

リッケ あおぞらロースター RIC-007

アマゾン

パンを焼いたり、
野菜を焼いたり、
アウトドアで手軽に
グリルが楽しめます。

かわいい雲の
モチーフが付いています。

分離もでき、
コンパクトに収納もできるので
持ち運びにも便利です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

キャンプバーナーと
言っても多種多様で燃料も選べます。

初心者でも扱いやすい、
お手軽簡単なLPガスバーナーか、
火力が強く、上級者向けのガソリンバーナーか、
どちらを選ぶか悩んでしまいますね。

今回ご紹介したものを参考にされて、
自分に合ったバーナーを
見つけてみて下さい。

バーナーがあればきっと
楽しいキャンプになること
間違いなしですよ。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする