寒い冬に食べたくなる鍋料理の種類と市販のスープは?鍋の〆が進化?

寒くなるととても恋しくなるのが鍋料理!

冬の寒さで体が冷えきったときに熱々の鍋料理を食べると、
心の中までホッコリ温まります。

そして市販のスープを使うと
一人暮らしの人でも簡単に作ることができ、

疲れて夕食の準備が面倒なお母さんも鍋なら家族が喜んでくれるので重宝します。

鍋料理はバラエティーがたくさんあり、
市販のスープも数え切れないくらい出回っていますよね。

今回は主な鍋料理の種類や市販のスープ・人気の素材だけでなく、

進化した美味しいアレンジレシピもご紹介します。

スポンサーリンク

主な鍋料理の種類と市販のスープをご紹介!

冬になると食べる機会が増えるのが鍋料理。

鍋料理が好きすぎて、
スープのタイプを変えて毎晩食べるという人もいます。

そして忘年会などで利用するコースメニューにも
鍋料理が入っていることが多く、

そこで鍋奉行ぶりを発揮する人もいるのではないでしょうか?

一言で「鍋料理」といっても
多種多様にあり思いつく鍋の種類は人それぞれ違いがありますが、

タイプを大きく分けると

「スープに味が付いているもの」と
「取り分けてから味をつけるもの」に分けられます。

<スープに味が付いているもの>

・すき焼き

・おでん

・寄せ鍋

<取り分けてから味付けするもの>

・しゃぶしゃぶ

・水炊き

・湯豆腐

変わったタイプではちゃんこ鍋のように、
スープに味をつけながら取り分けてからも
調味料を足して食べる鍋料理もあります。

基本お鍋料理はとてもシンプルですが、
市販のスープを使うと多くの種類が食べられます。

<市販のスープ>

①家赤から鍋スープ750g(赤から):

辛いものが好きな人におすすめのスープ。
〆のチーズリゾットにはまります。

②ダイショーCoCo壱番屋監修カレー鍋スープ:

みんなが大好きなカレー味は、
鍋料理の味付けとしても大活躍

③ミツカン〆まで美味しいキムチ鍋つゆストレート750g:

若い世代では冬の鍋の定番のキムチ鍋。
〆は麺でもご飯でも何でも美味しく、卵との相性も抜群です

④マルちゃんお鍋にポンとんこつ醤油鍋つゆ30g×10個:

一人鍋を作るのにちょうど良く、
人数が増えても調整が簡単
コスパが良く、味も本格的です。

鍋に使える素材の種類はとてもたくさん!人気の素材はコレだ!

鍋料理の良いところは、
冷蔵庫に残っているあらゆる食材が使えることや、

ふだん不足している野菜がたくさん食べられることです。

鍋を食べるときに必ず入れたい素材がそれぞれあると思いますが、

好きな食材を調査したアンケートでは結果が次のようになりました。

<鍋に必ず入れたい素材ランキング>

1位 白菜

2位 豆腐

3位 ねぎ

4位 きのこ類

5位 しらたき・こんにゃく・春雨

男女混合のアンケート結果では、上位5位までに肉や魚が入っていません。

意外と皆さんが健康に気を使ったヘルシーな鍋を食べようとしていることがわかります

男女別で見ても、次のような結果が出ました。

<男性>

1位 白菜

2位 豆腐

3位 ねぎ

4位 きのこ

5位 しらたき・こんにゃく・春雨

<女性>

1位 白菜

2位 きのこ類

3位 ねぎ

4位 豆腐

5位 しらたき・こんにゃく・春雨

男女の結果はほぼ同じです。

しかし男性はヘルシーの中に満腹感も求めていますが、

女性はたくさん食べても摂取かカロリーが少なくなるように工夫している傾向がわかります。

スポンサーリンク

鍋料理は〆の種類も豊富にあり!鍋の素を使ったアレンジレシピをご紹介

鍋料理を食べたときは、最後の〆までスープを残さず味わいたいものです。

毎回残ったスープに冷凍庫の中の残りご飯を
足して食べるだけでは、なんだか物足りません。

最近は鍋の〆にこだわる人も多く、
〆が食べたくて鍋を食べるという人もいます。

ここで残ったスープで作る、アレンジレシピを4つ紹介します。

①キムチラーメン

キムチ鍋のあとは残りご飯と卵でキムチ雑炊が定番という人もいますが、

インスタントラーメンを入れると雑炊と違う美味しさが味わえます。

②豆乳鍋のカルボナーラうどん

残ったスープに牛乳・バター・うどんを入れて煮込み、
麺が柔らかくなったら溶き卵を加えてピザ用チーズと黒胡椒をかけて完成です。

③茶碗蒸し

寄せ鍋などの残ったスープ200mlに卵1個とポン酢を加えて混ぜて、
電子レンジで4分くらい加熱すると簡単に茶碗蒸しが出来上がります。

④カレーライス

鍋に入れた肉や魚を少しだけ残しておき、
そこに市販のカレールーを入れてカレーライスの完成です。

ここで紹介したレシピの他に、残りスープで
お好み焼きやチャーハンを作るレシピもあります。

そして焼きおにぎりに熱々のスープをかけて、
出汁茶漬けのように食べるアイデアもありました。

鍋の〆レシピは、確実に進化しています。

皆さんも残ったスープを最大限に活用して、
オリジナルの最強レシピを作ってみませんか?

まとめ

市販のスープを使うと出汁を取る手間がなく、簡単に美味しい鍋料理ができあがります。

最近はトマト鍋やココナッツ鍋のような、

昔は考えられなかったような
味の市販の鍋スープが続々と出てくるようになりました。

食材の人気ランキングの上位5位は
野菜やきのこのようなヘルシー食材でしたが、
個人的には、鶏肉が断トツの人気ナンバーワンです。

鍋の〆は雑炊が定番でしたが、最近は特に小さな子供がいる家庭では
お好み焼きや茶碗蒸しのような〆と思えない一品が人気です。

これからも変化を続けていきそうな鍋料理の世界を、
この冬も独自の方法で楽しみましょう。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする