韓国旅行記2008年1月④韓国のトイレ事情とタクシー知識と残ったウォン

仁川の海

前回明洞で買い物をした後、明洞にあるカフェに行くことに!

前回の記事
韓国旅行記2008年1月弾丸旅行!③ロッテワールドと明洞(ミョンドン)
極寒の韓国旅行。 ソウルタワーからの夜景を堪能し、 ソウルタワー後はホテルに夜の10時頃着きました。 前回の記事 ...

スポンサーリンク

韓国PASCUCCI(パスクーチ)で休憩

PASCUCCI(パスクーチ)というカフェです。

このカフェは後で知ったのですが

チェーン店でソウルのいたるところにあり、
主に、コーヒー、ケーキ類、サンドイッチの軽食を食べられます。

このカフェを選んだ理由は、ただ単に外観が可愛かったから。

店内は落ち着いた間接照明があり、
お客さんもたくさんいて、くつろげそうな雰囲気でした。

寒さで心身ともに冷えてしまっていたので、
ホットカフェラテを注文しました。

料金は、コーヒー類が全て200円程度(カフェラテ含め)。

もちろんカフェと一緒にケーキ(200円程度)も注文しました。

歩き回った疲れた体に、糖分が染み渡り、体力が回復しました。

5時過ぎに入店し、あっという間にに1時間たっていました。
さぁてホテルへ戻りまーす!

韓国でのトイレ事情!知らないとアジアはヤバイ!

韓国でのトイレ事情

ここで韓国のトイレ事情もご紹介!

韓国を含めアジアの国は割とどこの国もそうですが、
トイレにトイレットペーパーを流せません。

なぜかと言うと紙詰まりが起こるから。

加え、トイレの水の流れもあまりよくない!

もちろんウオシュレットなんてもってのほか!
あるわけないです。笑

使用したトイレットペーパーはどうするかというと、
トイレの脇にゴミがあり、そこに捨てます。

ただ蓋もないので、
使用済みトイレットペーパーが山ずみとなっています・・・。

嫌がる方も多いのでは・・・?

旅に出る度に、日本のトイレは本当に奇麗だし、
清潔だなぁと毎回思うのであります。笑

韓国旅行タクシー知識と利用の仕方

韓国旅行タクシー知識

ホテルへの送迎バス時間が夜7時だったので、明洞からタクシーに乗りホテルまで戻りました。
1時間あれば余裕だと考え、黄色いタクシーに乗車したのですが、

ソウル市内は混雑していたので、結構ぎりぎりになってしまいました。
タクシーは主に2種類(黄色いタクシーと黒いタクシー)あります。

車体が黄色いタクシーは、料金が安い。
ただ、運転は雑であらくサービスも良くない。

黒いタクシーは、料金が少し高い。
ただ、シートの座り心地が良く、運転や対応も丁寧。

また、タクシーの運転手は基本的に、
韓国語しか話せないので、行く場所を伝える時は、
ガイドブックに載っている行先住所やメモしておいた住所を見せてください。

有名なホテルの場所は知っている運転手が多いですが、
安いビジネスホテルは知らない運転手が多いので

ホテルの住所が乗っているホテルの名刺を見せてあげます。
(どこのホテルにもロビーに必ず名刺があるので。)

運よく、私達はホテルの名刺を持ち歩いていたので、
運転手さんもわかってくれました。

ちゃんとホテルまで送迎してくれるか非常に心配でしたが、
無事に送迎してくれました。

約1時間乗った料金はというと・・・
ワンメーター300円程度なので、非常に安い。

約2,000円かからなかったと思います。やったー!

ホテルに到着し、チェックアウトもしていたので、
預けていた自分のスーツケースを従業員に持ってきてもらいました。

購入したお土産類をスーツケースに入れ直し、
スーツケースの中身を整理しました。

整理している間に、ガイドさんが到着し、その後、空港へ向かいました。

スポンサーリンク

韓国から日本へ移動!仁川空港での過ごし方

仁川空港

仁川空港へはフライト時間の約6時間前に着きました。

通常は2、3時間前に到着すれば十分ですが、
今回のフライトは夜中の2時発なので、
だいぶ早く連れていかれました。笑

たぶんガイドさんや運転手さんの勤務時間内にということなのかぁ~笑

空港はとっても広く施設も綺麗です。

チェックインカウンターでチェックインし、
スーツケースを預け、航空券を受け取りました。

その後、手荷物検査、出国審査をします。
そして楽しみにしていた免税店へ!

仁川空港の免税店

空港内には、ハイブランドからお土産店、
フードコートなどかなり多くの店があります。

ハイブランドは、グッチやヴィトン、ボッテガ、プラダ、コーチなどなど。

もう目がキラキラです!

もちろん買えるわけではなけれども、
日本で買う2~3割程度安く買えます。

時期によってはセール品もあるのでかなりお得!

お土産は、韓国のりやお菓子、
民芸品、アルコール類も買えます。

とにかく空港で何でも買い揃えちゃえるので、
何か買い忘れた時は、最後に空港でまとめ買いするのをおすすめ!

仁川空港フードコード

お腹もすいた女子4人は、フードコートに行きました。

韓国料理からマクドナルドなどのファストフードがあります。

私はマックにすることに!

空港内のフード店はどこも少し高い設定です。
マックのセットで500、600円くらいでした。

ちなみにプルコギバーガーを美味しくいただきました。

スタバもあったので、スタバでお茶もしました~。

スタバの価格も日本とほとんど変わらず、
カフェラテ(トール)で400円くらいです。


フライト時間までは、メイクを落とし、歯を磨き、仮眠をとることに。

ラッキーなことに、携帯の充電もできるスペースもあるので、
充電切れの心配もありません。

仁川空港は綺麗で快適に過ごせました。

ただトイレではトイレットペーパーは流せないけど。笑

そんなこんなでフライト時間になり、眠い目をこすって飛行機に搭乗しました。
約2時間半のフライトを経て羽田に早朝4時半に到着!

飛行機では爆睡だったので、一瞬で着きました。

さぁて月曜日の早朝!

一週間の始まりです。

空港でメイクをして、コンビニで買った朝ご飯を食べ、
リムジンバスで会社近くまで行き、出勤しました!

両替注意!残ったウォンについて

両替注意!残ったウォンについて

今回の旅で初日に日本円2万円を換金しました。

あまり使わなかったので、
相当のウォンが残ってしまったのです・・・。

日本円で1万円くらい残ったので、羽田空港で円に戻しました。

当時、日本円に戻すことが損することだと知らなかった私達は後になり後悔します。笑

次回の旅行での教訓としては、
使い切れるくらいの金額を考えて両替をする。

もしくは足りなくなったら現地で両替する。
この2点を反省点としてこれ以降の旅を楽しみました!

以上で初韓国の体験記は終わりです。

以降も同じメンバーでアジアを中心に何度も旅行しました。
興味がある人は以降の記事もお楽しみに~!

>目次へ

韓国旅行記2008年1月トップへ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする