黒部峡谷旅行記トロッコ電車in富山県宇奈月①嫁と二人旅プラン編

黒部峡谷旅行記トロッコ電車in富山県宇奈月①嫁と二人旅プラン編

そもそもなぜ、宇奈月に行こうと思ったのか?

それは、もともと富山県の立山黒部アルペンルートに行きたいのが理由で、
そのついでに他の観光スポットを見ていて、行きたいと思ったのが理由です。

旅行雑誌を見て、トロッコ電車に乗って、大自然に触れ、
いい写真を撮りたいなあと思いました。

スポンサーリンク

宇奈月旅行黒部峡谷トロッコのプラン

早速旅行のスケジュールを組んでいきました。

富山旅行は8月の13日から16日までの3泊4日。

トロッコ電車は1日で十分満喫できるので
宿泊はなしで1日で終わらせることにしました。

「1日で満喫、トロッコ電車!」これをテーマにいろいろ調べてみました。

黒部峡谷トロッコ電車とは宇奈月駅から欅平駅までを結ぶトロッコ電車です。

トロッコ電車には普通客車、リラックス客車、特別客車の3種類あり、
リラックス客車、特別客車に関しては別途料金がかかるとのことでした。

また、普通客車は窓無しです。

窓無しとは窓枠が無しのガラス無しです。
開けっぴろげ!

リラックス客車と特別客車は窓があります。

嫁とどの客車に乗るのか、話し合った結果、2人とも迷わず、普通でした。

別途料金がかからないから、ではなく、せっかく、
大自然の中、トロッコ電車で走っていくのに、
窓がついていて、外の空気、風を感じられないのは嫌だということで
普通客車に決まりました。

そして写真を撮りたいので、
窓が邪魔になるのではないかということも普通客車を選んだ理由です。

黒部峡谷のトロッコ電車の予約したほうがいい!!

予約

トロッコ電車に乗るにあたって、まず予約は必要か確認しました。
こういった人気のある観光名所は必ず予約が必要か確認します。

場所によっては要予約といった施設があります。

黒部峡谷トロッコの場合、当日券は買えるが、
予約しておいたほうがいいということでした。

ちょうどお盆の時期で人が多いだろう、ということで予約することにしました。
予約はホームページから簡単にできます。

予約ホームページは以下のURLから。

黒部峡谷鉄道 チケット予約サイト

予約とは別に、運行情報も確認しましょう。

運行していない時期、臨時休業もありえます。

行きたい飲食店に行って臨時休業だったことありませんか?
とてもショックですよね。
せっかく行くのなら、チェックするべきです。

黒部峡谷トロッコ乗車料金。客車による値段の違いも確認!

料金

次に料金について調べました。

料金は宇奈月駅~最終駅の欅平駅までの場合片道大人1,980円、
時間は80分かかります。

上記でも述べましたが、リラックス客車と特別客車の場合、
この料金に別途料金かかります。
また、私の場合、移動手段は全て車で考えていたので駐車場についても調べました。

駐車場はあるのか?

料金はかかるのか?

何台収容なのか?

実際駐車場は有料で350台収容。
普通車であれば一日900円で駐車できます。
駐車場は混み合う場合があるので早めに行ったほうがいいということでした。

黒部峡谷トロッコの運行時間も忘れずに確認!

運行時間も忘れずに確認

そして、次にトロッコ電車の時刻表を確認しました。

トロッコ電車の始発、終電について調べると、
朝は宇奈月駅発が7時57分発で欅平駅発が16時43分でした。

前日は高岡駅周辺で泊まる予定だったので、
高岡駅から宇奈月駅まで何時間かかるのかグーグルマップで調べました。

車で約1時間15分でした。

渋滞も考えられるので旅行の際はプラス30分で考えています。

早くついてもお土産を見る時間も増えますし、
写真を撮る時間も増えます。

旅行は早く行動する!が基本です。

時間に余裕をもって行動すれば旅行で体験できることは増えます。

ちなみにお土産は宇奈月駅、鐘釣駅、欅平駅の売店で購入することができます。
各駅の売店にはその駅でしか売ってない限定のお土産もあります。

食事は宇奈月駅と欅平駅の2か所あります。
黒薙駅に関しては売店も食事処もないので、注意しましょう。

スポンサーリンク

黒部峡谷トロッコの観光スポット

黒部峡谷トロッコの観光スポット

最後にトロッコ電車は宇奈月駅、欅平駅以外に黒薙駅、
鐘釣駅の4か所で下車ができます。

またそれぞれに観光スポットがあり、
全て巡るのは不可能なので、嫁と相談し、最終地点の欅平駅で下車し、
奥鐘橋、人喰岩、猿飛峡遊歩道を歩いて、猿飛峡へ行くことにしました。

黒部峡谷にトロッコはあるけど黒部ダムはないです!!

黒部ダム

ちなみに、黒部ダムは黒部峡谷にはありません。

同じ黒部ということで近いイメージを持たれている方も多いと聞きます。

しかし場所は全然違うところにありますので、
黒部ダムの場所は事前に調べておきましょう。

あと、アルペンルートも全然違う場所にあります。

黒部ダムとアルペンルートは、
別の旅行で行っているので、
興味があったらそちらの
「日本のスイス立山黒部アルペンルート旅行記in富山県」
もご覧ください。

おおむねプランが決まったことを確認しました。

注意事項として、トロッコ電車にトイレはありません。
乗る前にトイレは済ませておきましょう。

トロッコ電車に乗るにあたって、
乗車の20分前までには乗車手続きをしておいてください。

黒部峡谷トロッコ電車での服装に要注意!夏でも寒い箇所あり!

服装

服装についてですが、夏の場合は半袖半ズボンで大丈夫ですが、
欅平駅までいく途中長いトンネルがあります。

トンネルの中はめちゃくちゃ寒いです。

なので長袖の上着を一枚もっていたほうがいいです。

帽子も必需品です。
晴れの日は日差しが強いので、つばの大きい帽子がオススメです。

夏は非常に暑いのでタオルも必要です。

それでは切符の予約オッケー、旅の準備オッケーということで出発~~!

>黒部峡谷旅行記トロッコ電車in富山県宇奈月②へ続く

次の記事
高岡駅から宇奈月駅まで車での移動in黒部峡谷トロッコ電車旅行記②
前回の記事 当日は8時17分宇奈月駅発の電車に乗る予定だったので、 7時着で行けるよう移動時間も考慮して、5...

>目次へ

>黒部峡谷旅行記トロッコ電車in宇奈月 一覧へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする