父の日にメールだけ?例文テンプレート等文面紹介!画像やデコメもつけてみよう

父の日なのに、メールぐらいしか送る時間がない!という人もいるかもしれませんね。
毎日、忙しくしているのは父親だけではないはずです。

忙しくて、何も準備が出来なかった時、
せめてメールだけでも送りたいと思うかもしれませんが、
そもそもメールだけというのはどうなのでしょうか?
もしも、父の日にメールだけ送ることが失礼になってしまうなら、
むしろメールを送らない方がいいですよね。

こちらでは、本当に時間がなくて、
父の日当日はメールぐらいしか送る時間がないという時に、
どのように感謝の気持ちを伝えたらよいのかをご紹介いたします。

スポンサーリンク

父の日にメールだけ?それってどうなの?それでも何もしないよりはいい

父の日にメールだけ送ることは、失礼にならないのでしょうか?
その答えは、”失礼になりません”。
メールの文面にもよると思いますが、何もしないよりはいいと思います。

何も父の日ということに触れずに、父の日が過ぎ去っていくことは、
父親本人も、家族もなんだかさみしいと思うでしょう。

しかし父親としてみたら、忙しい中でも、メール一通くれることは、
父の日という日を覚えていたんだということが伝わり、
父親は自分のことを気に掛けてくれていたんだと思って、嬉しい気持ちになるはずです。

なので、一言、「いつもありがとう」という言葉だけでもいいので、
父の日にメールが打てたらいいですね!

父の日のメール例文テンプレート紹介!文面の参考に

時間がなくてもメールくらいは送れる!
と思っても、いざメールしようと思うと、何から打っていいのか分からない物です。

時間もないからどんどん焦っていくし、焦るとますますいい文は浮かびませんよね。
そういう時には、例文を参考にしてみることをおすすめします。

こちらでは、男女別に例文をご紹介いたします。

【男子 例文】

父さんへ

いつも仕事お疲れ様です。いつも感謝しています。
今年は、時間がなくて何も用意ができていないので、メールを送ります。
これからも、体に気をつけて、仕事頑張ってください。

【女子 例文】

お父さんへ

いつもお仕事お疲れ様です。今日は父の日ということですが、
最近忙しくてなかなか父の日の用意ができませんでした。ごめんなさい。
いつも一所懸命、家族の為に働いてくれてありがとう。いつも感謝しています。
これからも、体に気をつけて、お仕事頑張ってね。

あなたなりに文章をアレンジしてみてください。

また、テンプレートをつけてもいいでしょう。
男子なら、ちょっとオシャレでおちついたテンプレートがおすすめです。
おすすめテンプレートのあるサイトをご紹介します。

スポンサーリンク

父の日のメールに画像やデコメもつけてみよう

メールしか送れなくても、送るメールを最大限に素敵なメールにすることは可能です。
例えば、メールだけ送るのではなく、メールと一緒に画像を送ってみたり、デコメをつけると、
父の日の特別なメールという雰囲気がかなり出ると思います。

こちらでは、50代、60代の父親に送る時のおすすめ画像をご紹介します。

【50代】

父の日の画像

父の日の画像

父の日の画像

50代は、仕事をまだまだ現役でしている方が大勢いらっしゃると思います。
そんな50代の父親には、ちょっとオシャレな画像を入れてあげるといいですね。

【60代】

父の日の画像

父の日の画像

父の日の画像

60代は、孫を持つ人が増えてくる年代でもあります。
そんな年代に合わせて、ちょっと孫を意識した画像を送ると、顔が緩んでしまうかもしれませんよ。

まとめ

父の日に送るメールは、決して失礼ではありません。
思い切って、忙しい隙間時間や寝る数分前などに送ってみましょう。

メールを読んだ父親は、父の日を覚えてくれていたことや、
忙しい中でもメールをくれたこと、感謝の気持ちた伝わってきたことなど、
色々と嬉しい気持ちになるはずです。

きっとそのメールはそのままスルーされずに、しっかり保存しておいてくれるでしょう。

父の日のメールだからこそできる、特別なメールにしたいものですね。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする