コンビニバイトは大変?経験者のレビューをご紹介!

アルバイトの定番の1つ、
コンビニバイト。

コンビニは、都会から田舎まで、
日本全国どこでもあります。

24時間営業なので、真夜中や早朝など、
好きな時間帯に働けるという利点があります。

お客さんとして利用するのは便利ですし
、バイト先としても人気です。

初めてのバイトや、
主婦の社会復帰の場所に最適です。

筆者も社会復帰にコンビニバイトを
考えたこともあります。

ですが、コンビニバイトには
「仕事がつらい」という意見と「仕事が楽」という
意見が半々であります。

コンビニバイトの評判とは、
どのようなものでしょうか?

経験者のレビューも掲載しますので、
コンビニバイトを考えていらっしゃる方は、
ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

コンビニバイトは大変?経験者の口コミを紹介

コンビニバイトの仕事内容は、
以下のようなものがあります。

レジ業務

お客さんの持ってきた商品の
レジ打ちをします。

他にも、公共料金の支払いの受付、
宅配便の受付、くじやチケットの発券・払い戻しなど、
サービスの多様化に対応します。

商品の発注・廃棄

商品在庫を確認して、
不足分を発注します。

賞味期限切れの商品を廃棄します。

商品の陳列

コンビニに届いた色々な商品を、
棚に並べます。

ホットスナックの調理

肉まん、おでん、揚げ物などを作ります。

調理に使用する器具の清掃

フライヤー、コーヒーマシン、
おでんなどの器具を定期的に洗浄します。

垂れ幕やPOPの作成・貼り付け

キャンペーン用のPOPや垂れ幕を
貼ったり外したりします。

雑誌を縛る

立ち読み防止のため、
雑誌をひもで縛ったり、
テープで止めたりします。

売れ残り本の返送

古い売れ残りの本を、
段ボールに詰めて返送します。

これらの仕事は職種で分けられるわけではなく、
全員がすべてのポジションをこなします。

このように、覚えることが多く、
慣れるまでは大変です。

仕事内容の大変さについて、
バイト経験者の口コミがありますので、
ご紹介します。

【口コミ1】

とにかく忙しいコンビニで、
混雑時間帯は壮絶でした。

夏場でも水分補給させてもらえず、
地獄のような勤務状況でした。

【口コミ2】

人間関係が悪い職場で、
レジで違算が発生した時に濡れ衣を
着せられました。

それがきっかけで辞めました。

【口コミ3】

乱暴で怖いお客さんの相手をするときが、
一番きつかったです。

深夜の時間帯には酔っぱらったお客さんや
ヤンキーまがいの人が来店し、
店内でバカ騒ぎしていましたが、
怖くて注意できませんでした。

【口コミ4】

タバコを買う人が多く、
銘柄や番号を覚えるのは至難の業でした。

目的のタバコが見つけられない時、
優しい人は教えてくれますが、
横柄な態度を取る人もいました。

【口コミ5】

フライヤー清掃が慣れるまで
きつかったです。

冬場のコールドジュースの補充は、
寒い中堪えます。

コンビニバイトは楽?

コンビニバイトは大変、
きついと言われる反面、
楽であるという経験者の意見もあります。

以下に口コミをご紹介します。

【口コミ1】

いったん仕事を覚えてしまえば、
一通りやることが決まっています

自分で考えなくても、
お店のマニュアルに従えばよいです。

【口コミ2】

お客さんがあまり来ない時間帯があります。

その時は、特にやることもなくて、楽です。

【口コミ3】

冷暖房が完備しています。

冷凍品については、
配達業者が陳列まで行ってくれます

【口コミ4】

お店のオーナーさんにもよりますが、
廃棄商品を休憩時間に食べることができました。

休憩時に食べ物を買いに外に出る必要もなく、
気になる新商品も食べることができ、
嬉しかったです。


バイト初心者でも働きやすく、
シフトが選べ、時間帯によって
お客さんの少ない時は楽だと言えそうですね。

コンビニバイトで得られるメリットも、
結構ありそうですね!

スポンサーリンク

コンビニバイトの時給っていくらくらい?

大変という意見も楽という意見もある、
コンビニバイト。

実際に働いて、
お給料はいくらくらい貰えるのか、
気になりますよね。

これからお給料について説明します。

コンビニバイトの時給は、
基本的に各店舗によって決まります。

チェーン店による時給の違いは、
あまりありません。

それよりも、地域による時給の違いは、
はっきりあります。

なぜなら、都道府県ごとに最低賃金が
定められているためです。

最低賃金が最も高いのは
東京都で985円、最も低いのは
鹿児島県で761円となっています。

コンビニバイトの時給は、
最低賃金に基づいて設定されるので、
地域間で最大200円の差が出ることになります。

また、近所に複数店舗ある場合は、
時給が異なることがあるので、
複数のコンビニの時給を比べてみましょう

次に、24時間営業のコンビニでは、
労働する時間帯によって、
時給が変わってきます

昼間の時間帯と比べると、
深夜(午前2時~午前5時)で150円程度、
早朝(午前5時~午前9時)で50円程度、
時給が高くなります。

ですが、未成年は深夜のバイトはできないので、
覚えておきましょう。

最後に、年齢や経験によっても時給が違います。

高校生は、50~100円程度、
時給が安くなっています。

昇給制度を設けている店舗では、
経験を積むことで時給が高くなることもあります。

いずれにしても、自分が働こうと思っている店舗の
情報収集が大切になってきます。

まとめ

これまで、コンビニバイトについて見てきましたが、
いかがでしたか?

コンビニバイトは、接客が好きな方、
深夜や早朝の時間帯に働きたい方にとっては、
おすすめのバイトです。

細かい仕事が多く、覚えることもたくさんありますが、
必ず覚えられるようになるので、
心配はいりません。

どの職場でもそうですが、
働く上で人間関係は大事なので、
面接時に店長かオーナーの雰囲気を
しっかりチェックしておきましょう。

駅近のコンビニは忙しいなど、
店舗によって忙しさも異なりますので、
どういうお店かについてもチェックしておいて下さいね。

コンビニバイトを始める時は、
自分の希望に合った職場を探すのがポイントですよ!

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする