洗濯で裏返して洗うメリットとデメリットと洗ったら裏返しで干す?

洗濯

洗濯で裏返して洗う人ってけっこういます。

洗濯をした服を着ている時に「あれ?内側の汚れが取れてない」と気がついたことはありませんか?
また、普通に洗濯をしたら毛玉だらけになってしまったという経験もありませんか?

このようなことは、洗濯をする時に裏返して洗うなどの一工夫をするだけでかなり解決することが出来るのです。
早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

洗濯で裏返して洗うメリットとデメリットは?

内側の汚れが気になる時や、毛玉を防ぎたい時には、洗濯物を裏返して洗うことをおすすめします。

しかし、裏返して洗うことには、メリットもあればデメリットもあるのです。

洗濯で裏返して洗うメリット

裏返しに洗うことで、服が通常よりも早く乾きます。

また、洋服の傷みが少ない分毛玉にもなりにくいですし、色落ちもしにくく、洗濯機で衣類の摩擦によるダメージを防ぐことが出来ます。

固い生地の場合には、裏側の繊維が摩擦させることによって柔らかくなり、着心地がよくなります。

洗濯で裏返して洗うデメリット

表向きに洗った時よりも汚れの落ち度は少なくなります。

また、すすぎの時もやはり最終的な汚れの落ち度は劣ります。

洗濯で裏返さないで表で洗ったほうが良い場合は?

洗濯をする時には裏返して洗うと服のダメージが少ないことが分かりました。

しかし、どんな時でも裏返して洗った方がいいという訳ではありません。

汚れが表に目立っている時

下着類などは汚れは内側につくので裏返した方がいいですが、
上に来ている物に関しては、汚れは外側の方がよくついていますよね。

洗濯機は汚れている方を外側にした方がいいので、上着など汚れが外側についている時には裏返さない方がいいです。

裏返して干すメリット・デメリット

洗濯機では、裏返して洗った方がいいという場合がありましたが、
干し方についても裏返しに干すことによるメリットがありますがデメリットもあります。

裏返して干すメリット

早く乾く

服の構造を見てみると、大体の服は内側にポケットがついていたり、
縫い目部分が二重になっていたりしますね。

つまり、内側の方が乾きにくい構造になっているのです。

そのため、裏返して干すと表向きで干すよりも早く乾くというメリットがあります。

色あせ防止

日光に当たってしまうと次第に衣類の色が褪せてきます。

裏返すことでいつまでも色褪せることなく着ることが出来ます。

裏返して干すデメリット

たたむ時が面倒

大量に服がある場合はたたむ時にいちいちひっくり返さなくてはいけないので、すこし面倒です。

しかし、そんな時には裏返しにしたままたたんでしまいましょう。

裏返しにたためば服の型崩れ防止にも繋がります。

肌が弱い人は注意

花粉が肌につくと痒くて仕方がないという人も多くいるはずです。

そんな時には裏側で干してしまうと花粉が肌にしっかり付いてしまいます。

夜に寝れないくらいにひどく悪化してしまう場合もありますので、花粉やほこりなどのアレルギーを持っている人は行わない方がいいです。

裏返しにするということは、服を大切に着るということ

何気なく洗濯をするよりも、大切に洗濯をした方が服も長く使うことが出来ますね。

裏返すという一手間で服を大切に長く使うことが出来るので是非行ってみましょう。

スピリチュアルな話になりますが、服を大切にする人は、お金も貯まりやすいです。

お金持ちの人は、日頃から洗濯をする手間を惜しみません。

そのため、裏返すという一手間をするだけで、お金持ちに近づくことも出来るので、
是非毎日実践してみましょう!

まとめ

洗濯でも干す時でも、裏返しにすることで服を洗濯機からの摩擦を防げることが分かりました。

少しでも長く服を着れるようにするためにも、裏返しにするという一手間は行いたいですね。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする