黒部峡谷トロッコ電車in富山宇奈月⑤感想と情報まとめ

黒部峡谷トロッコ電車in富山宇奈月⑤感想と情報まとめ

富山宇奈月黒部峡谷トロッコ電車の体験旅行記の感想と情報をまとめておきます。

これから黒部峡谷トロッコ電車に乗ってみたい方は、
ぜひ参考にしてみてください。

前回の記事
欅平駅周辺を観光in黒部峡谷トロッコ電車宇奈月旅行体験記④
欅平駅周辺の観光スポットを散策しました。 欅平駅の読み方は「けやきだいらえき」です。 天気にも恵まれて最高でした! 言って...

スポンサーリンク

黒部峡谷トロッコ電車は当日券もあるけど予約するべき

今回が初めての黒部峡谷トロッコ電車の旅でした。

感想はめちゃくちゃ楽しくて来てよかった。
絶対行くべき!乗るべき!嫁に何回も言いました。

お盆の時期に行きましたが、

  • 午前7時頃に行けば駐車場も切符売り場も空いていました。
  • 道路も目立った混雑もなく、道も複雑ではなかったです。
  • 当日券を買っている人がいましたが、私は予約して買っておくべきだと思います。

>>運賃
>>予約

トロッコ電車の種類は3種類!

  • 普通客車(窓無し)
  • リラックス客車(別途料金かかる)窓付き
  • 特別客車(別途料金かかる)窓付き

※夏は窓無しの普通客車がオススメ。
冬は寒そうなので、リラックス客車、特別客車がいいのかな。

黒部峡谷トロッコ電車始発、終電時刻

詳しくはホームページ参照。季節によって違うので。

>>ホームページ時刻表

黒部峡谷トロッコ電車服装チェック

  • 4月~6月 上着(セーターやジャケットなど)ズボン(多少厚手)、帽子
  • 7月~8月 上着(通気性に優れ、汗を発散しやすいもの)ズボン(伸縮性のあるもの)帽子。
    ※半袖半ズボンでも行けました。長袖の上着一枚は絶対いるよ。
    ※トンネルの中は、マジ寒いので長袖の上着一枚必要
  • 9月~11月 上着
  • ズボン(なるべく厚手。保温性の高いもの。動きやすいもの)帽子

切符を買ったら写真を撮ろう!写真撮影スポット

  • 駐車場から撮る宇奈月駅の駅舎
  • やまびこ展望台(宇奈月駅から徒歩3分)からの新山彦橋

時間が余ったら、お土産選び&宇奈月駅舎2階へ

  • 黒部峡谷ベイクドチーズケーキ(宇奈月駅限定)
  • 富山トレイントレイン(宇奈月駅限定)
  • 宇奈月ビール
  • トコッロチョロQ

宇奈月駅舎2階紹介

  • 憩いの場
  • 観光PRコーナー
  • 歴史紹介コーナーなど
  • 窓からちょうど新山彦橋が見えますよ

※出発20分前には乗車手続きを済ませよう。ホームでも写真をいっぱい撮ろう!係りの人が写真を撮ってくれるが、写真は1,000円するよ。

トロッコ電車内のお楽しみ&注意点

  • 下車できる駅は、宇奈月、黒薙、鐘釣、欅平の4駅のみ
  • 車内放送が女優の室井滋さん
  • 行きは右側に座るべし(行きの絶景スポットは右側に多いので)
  • トンネルの中が寒いので長袖の上着一枚必要

トンネルはマジで寒いよ(笑)

黒部峡谷トロッコ電車運行中の絶景スポット

  • 宇奈月ダム
  • 宇奈月ダム辺りから後ろを振り返って見える、新山彦橋
  • 仏石
  • 猿専用吊り橋

※写真もいいけど、ビデオカメラのほうがいいかもね。

スポンサーリンク

欅平駅周辺観光スポット

  • 猿飛峡(猿飛峡と書いた木製の看板の前で写真)
  • 欅平温泉猿飛山荘
  • 奥鐘橋(写真撮影スポット)
  • 人喰岩
  • 名剣温泉
  • 祖母谷温泉
  • 河原展望台
  • 足湯(ここから見える奥鐘橋を写真)

※温泉に入るなら時間に余裕をもってね。
あっ!あと、欅平駅の前にある石碑と、欅平と書いた木製の看板の前でも写真撮るのを忘れないでね。

黒部峡谷お土産の場所&営業時間

  • 宇奈月駅売店(午前7時30分~午後6時)
  • 鐘釣駅売店(午前9時~午後4時)
  • 欅平駅売店(午前9時30分~午後4時)

黒部峡谷お食事ところ&営業時間

  • レストイン黒部(宇奈月駅構内:午前10時~午後3時)
  • レストイン欅(欅平駅構内2階:午前10時30分~午後3時)

黒部峡谷トロッコ電車旅にかかった金額

  • 宇奈月-欅平往復切符 (大人2人分)6,840円
  • お昼ご飯代 大人2人分1,800円
  • 飲料代大人2人分約700円かな?
  • 合計約9,340円(お土産買ったり、温泉入ってたらもっとかかりますね)

これから黒部峡谷トロッコ電車に乗る方へ

黒部峡谷トロッコ電車に乗られる方は、準備はしっかりと行いましょう。

切符の予約、時刻表の確認など。何時の電車に乗るのか?

どの駅に降りてどの観光スポットを見てまわるのか?

終電は何時か?

等確認しなければならないことがいっぱいありますよ。
終電時刻は意外と早いので、注意しましょう。

旅行を通じて持っていくべきだったものは、
長袖の上着一枚の他に、大きい水筒を持っていればよかったと思います。

水筒をもって歩くのは重くて大変ですが、夏は暑いので、
脱水症状になったら大変なので、
こまめに水分補給ができるよう準備しておくことが大事です。

私たちの場合、何本かペットボトルの水を買いましたが、
今思えばコンビニで売っている安い2リットルの水を買って、水
筒に入れておけば良かったと思っています。

ホームページにも書いていますが、山の天気は本当に変わりやすいです。

旅行中は「天気が急変した!」ということが幸いにもなかったですが、
急な雨がふっても良いように雨具を持っておくことも大事ですね。

そう考えると、絶対リュックで行くべきですよ。

意外とリュックの人は少なかったように思います。

手提げバッグやショルダーバッグの人もいましたが、
リュックのほうがこういった場所を観光する際は便利だと思います。

荷物もいっぱい入るし、手に荷物を持たなくて良いし。

ズボンの後ろポケットに財布を入れるだけの格好は絶対辞めましょうね!!!

黒部峡谷トロッコ電車、私は何度も行きたいと思いました。
今でも記事を書いていて、「トロッコ乗りて~~~」といいながら書いてます(笑)

次は秋に行きたいですね。

紅葉満開で、新山彦橋と紅葉の写真を撮りたいです。

>目次へ

>黒部峡谷旅行記トロッコ電車in宇奈月 一覧へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする