カロリー消費運動は家でも簡単にできる?自宅でできる運動などを紹介!

ダイエット、運動不足。
さまざまな理由で「運動しなきゃ!」と
思ったこと、ありませんか?

でも、高いお金を払ってジムに
通うほどでもないし、
外でランニングはちょっと…

そんな悩みで結局運動を
ためらっている方も中には
いるのではないでしょうか。

そんな方におすすめするのが
「お家で簡単にできる運動」です。

これならお家から出る必要もなく、
高いお金を払うことなく
運動できちゃいます!

けど家で運動なんかしても、
本当に効果はあるの…?と
疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はお家で簡単にできる運動と
その運動での消費カロリーについて
ご紹介していきます!

スポンサーリンク

カロリー消費を見込める運動は家で簡単にできる!

カロリーを消費するには
「有酸素運動」がもってこいです

なので家でゴロゴロしているだけでは
カロリー消費とは程遠くなってしまうので、
動く、ということを心がけましょう。

それでは、具体的になにが
カロリー消費につながるのでしょうか

その1「ニートゥーエルボー」

ニートゥーエルボーは女性に適している
腹部周辺の引き締めに効果のある運動です。

20回1セットを3回繰り返すことにより
50kcalの消費が見込めます。

あまり高く無い消費量ですが
有酸素運動の効果もあるので、
脂肪燃焼といった効果も
同時に得られます。

【やりかた】

1. 肩幅程度に足を開き、頭の後ろで手を組む

2. 右足を高くあげ、同時に体をひねって
左ひじと右ひざをつける

3. 元に戻して、今度は右ひじと左ひざをつける

4. 左右交互に20回×3回繰り返す

比較的簡単なやり方ではないでしょうか。

道具いらずなので比較的簡単に、
思いついたときに
すぐにできそうですね。

エクササイズや運動を
始めたばかりの方には
おすすめではないでしょうか。

その2「踏み台昇降」

こちらは道具が
必要になってはしまうものの、
効率良くカロリーを
消費することができるんです。

なんと1時間半で500kcalを
超えることも可能!?

連続してはきつい方には15分1セットを
6回繰り返すことで
同じ効果を生み出すことができます!

【やり方】

1. 15cmの台を用意します

2. 背筋を大きく伸ばし手を大きく振って
息がはずむように昇降します

なんと、たったこれだけの手順で済むんです!

これを1時間半、または15分を6回に分けるだけで
500kcal以上の消費を見込むことが可能なんです!

道具は必要になってしまうのですが、
これだけお手軽にカロリー消費を
見込めるのならば、
試してみるのもありですね!

家で簡単にカロリー消費をするには階段を使うのもあり!?

一戸建てに住んでいる方、自宅に階段がある方、
こんなエクササイズはいかがでしょう?

なんと、階段ダイエットなるものが
存在しているんです。

「階段を上り下りするだけ?」と
思う方もいるかもしれませんが、
30分で約85kcalの消費が見込めます。

階段を使ってのエクササイズは
下半身の引き締めにも効果があるので、
ダイエットにももってこい!

【やりかた】

階段を上り下りするだけ

予想通り、本当にこれだけなんです。
階段さえあれば特別な道具も何も必要ありません

ただ、1つだけ注意が必要なのは
「無理をしない」ことです。

無理をしないことはどのエクササイズに
対しても言えることではありますが、
この階段を使ったエクササイズは、
無理をすると膝を痛めやすくなってしまいます。

20分以上まとまってやることが
できればいいですが、
体を痛めつけてしまっては
元も子もありません。

最初は短めに、
徐々に時間を増やしていくような
方法で行うと安心安全かもしれません。

スポンサーリンク

自宅でカロリー消費は見込めない?そんな疑問も解決!

これだけ書いてきましたが、まだ中には

「自宅でエクササイズするよりも
外に出て運動したほうがより高い
カロリーを消費できるのでは?」

と思う方もいるかもしれませんが、
実はそんなことはありません。

外でする手軽な運動の1つとして
ジョギングが挙げられます。

ジョギングで見込める
消費カロリーの量は30分で約240kcal

なんと、おにぎり1個分と
ほぼ同じカロリーの量なんです。

仮に1時間走っても
500kcal行かないくらいです。

さきほど紹介した「踏み台昇降」も
1時間で500kcalくらいの消費量で、
消費量自体にあまり大きな違いはないんです。

同じ時間、同じ消費カロリーを使うならば、
ちょっとでも楽に、
楽しくエクササイズしたいですよね。

ジョギングも、
中には苦痛に感じる方もいるでしょう。

カロリーを消費することに対しては
「どれだけ動いたか」
もちろん重要になってきます。

でも、「どれだけの有酸素運動を果たしたか」
ということも重要視されます。

まとめ

今回の紹介記事はいかがでしたでしょうか。

運動があまり得意でない方も、
自宅でなら自分のペースで地道にカロリーを
消費することができるのではないでしょうか。

自分に合うエクササイズ法を見つけ出し、
楽しいエクササイズライフを過ごしてみては?

あくまで無理をしない程度に、
少しでも役立てられればとおもいます!

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする