年末の大掃除!窓をキレイにするに洗剤は必要?清掃方法とともにご紹介!

年末になると必ずといって
いいほどついてくる大掃除。

大掃除で一番大変なのは
キッチン周りが多いかもしれません。

しかし、案外厄介なのが「窓掃除」なんです!

窓ってすぐに汚れてしまい、
外は雨の後は水垢が付いたり埃が付いたり、
家の中にはたばこのヤニ、油汚れなど、
すぐに汚れてしまいがちな場所でもあります

綺麗にしないといけないとわかっていても
面倒だったりして結局やめてしまうことも。

しかし、毎回掃除できなくとも、
年末の大掃除くらいは
きれいにしたいですよね?

今回はそんな窓の掃除に関する
ノウハウをご紹介していきます!

スポンサーリンク

年末の大掃除!窓をきれいにするには洗剤は必須?

実は、洗剤を使わなくともき
れいに落とす方法が存在します。

しかしさらにピカピカに磨き上げたい!と
思う方も中にはいるかと思います。

そんな方は
洗剤を使うことをおすすめします!

しかし、「年末の大掃除だから」といって
わざわざ洗剤を新たに買う
必要も全くありません

こういう「大掃除のために」と
買った洗剤って本当に
大掃除の時しか使わない場合が
ほとんどです。

たいていは倉庫に眠り続けたり、
無駄になって捨ててしまったり…

でもこの方法を使えば
洗剤が必要なくなるので、
そんな無駄な状態を
招くことすらありません。

ただ、頻繁に窓が汚れてしまったりし、
頻繁に窓掃除をするから洗剤がほしい!
という方には花王さんから出ている
「ガラスマジックリン」がおすすめです。

窓用洗剤を選ぶ際のポイントとして
「落とす汚れの用途に合わせて洗剤を選ぶこと」

例えばたばこのヤニ、
こびりついたホコリなど、
いま、何を落としたいのかを
踏まえたうえで選ぶといいです。

また、ササッと掃除を終わらせたい方は
「1度の掃除で簡単に落ちること」
なども重要視するといいかと思います。

大掃除の窓ふきは新聞紙でもできる!?

先ほど「洗剤はなくとも窓はきれいにできる!」と
紹介しましたがいったいどんな方法を
使ってきれいにするのでしょうか?

なんと、窓の掃除は新聞紙で
簡単にできちゃうんです!

やり方もものすごく簡単です。

まずはぬるま湯、
新聞紙を用意します。

ぬるま湯はバケツに1杯ほど
用意しておけば十分です。

新聞紙は手で握れるくらいの
大きさに丸めておきましょう。

そしてぬるま湯に新聞紙を漬け込み
余分な水分を取ってから拭き始めます。

ふき取る際は窓の上から
ギザギザと下にかけて
ふき取るように意識しましょう。

ではなぜ、新聞紙で窓がきれいに
なるのでしょうか。

それは、新聞紙のインクによって
油分を中和してきれいに
落としてくれるからなのです。

また、汚れがひどく、
1度では落ちない場合は
最初と同じように上から
ジグザグと下にめがけ拭いていきます。

そして新聞紙での水拭きで
きれいに磨けたら
今度は何もしていない
新聞紙でからぶきしていきます。

これで窓もきれいになっていきます。

この方法はものすごく手軽で
埃で気になったときなどに
ササッとやってみるのも
いいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

大掃除の窓ふきはストッキングでもできる!?

新聞を取ってない…という方には
これもおすすめ!

なんとストッキングでも
窓ふきが可能なんです!!

使用済みでも新品でも構いませんが、
ストッキングを1つ用意します。

ストッキングをロール状に丸めて
使ったりすることもできますが
中に古い靴下や雑巾を詰め込んでも
きれいに掃除ができます。

使用方法もとても簡単で、
用意した上記のストッキングを
水につけ窓をふき取ります。

するとなんときれいに落
とすことができるのです。

ストッキングは細かい網目状になっており、
スポンジとよく作りが似ています。

そのためきれいに
落とせるというわけなのです。

また先ほどの作った
ストッキングを
水にぬらさずそのまま使うと
なんと網戸の掃除にもなるんです!

しかし、あまり強すぎると
傷をつけてしまう原因に
なってしまうので加減を見ながら
ふき取る強さを調節してください。

ストッキング1つで窓も網戸も
1度に掃除してしまうことができるので
とてもエコで環境に優しい掃除方法になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

やはり年末の大掃除は
やはりきちんと掃除をして
新年を迎えたいものですよね。

一番手のかかるキッチン周りなどは
もちろんのこと、
窓もきれいにしておきたいですよね。

窓は洗剤を使わずともきれいに
掃除ができるのですね。

しかも使い終わりのストッキングや
新聞紙でも掃除ができるという
何ともエコな掃除方法ですね。

これで地球に優しくしながら
窓もピカピカです!

洗剤を使えばさらに
きれいになるでしょうが、
使わずに掃除してみるのも
いいのではないでしょうか?

これを機に、エコで地球に優しい掃除方法で
掃除を終わらせてきれいな家で
新年を迎えてみませんか?

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする