飛行機にスキンケアを持ち込み出来ないケースがある?出発前に要確認!

飛行機にスキンケアを持ち込み出来ないケースがある?出発前に要確認!

初めてのフライトにドキドキワクワク!
でも、ママ友から飛行機に搭乗する時にはそのまま持って搭乗出来ない物があるとか・・・。

そうです!飛行中にはスキンケア用品についても持ち込み出来ないものもあるのです。
ここでは、そんな飛行機中のスキンケアの制限や持ち込み方についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

飛行機にスキンケアを持ち込み出来ないケースって?

飛行機

スキンケアで持ち込み出来ないケースは、
国土交通省が定めている化粧品の定義に沿っていないものになります。

国土交通省が定める化粧品とは、
「身体・身だしなみを手入れするもの・清涼・方向・洗浄・消臭・除菌効果のある嗜好品」
です。
その場に合わせた最低限の基礎化粧が化粧品と定めています。

では、持ち込み出来ないものは・・・、一言で言うと「液体」です。

液体では、100ml以上の容器に入っている液体はNGとなります。
また、容量は1リットル以上あることもNGとなります。

この液体って、普通に考えると化粧水や乳液と考えますよね。
しかし、飛行機内の液体はかなり厳しく制限されています。

例えば、ファンデーション1つとっても、
お粉のファンデーションはOKですが、
リキッドファンデーションは液体扱いになります。

ジェルタイプのものやクリームタイプのものも
液体類に該当しますので気をつけましょう。

化粧品ではありませんが、
歯磨き粉も液体に入りますので要注意ですよ!

飛行機にスキンケアを持ち込みたいならどうすればいい?

ポーチ

飛行機に搭乗する際には
100ml以下の容器に液体用品は移し替えておくことは
絶対だということが分かりましたね。

しかし、液体はそのまま持ち込むこともNGです。

液体を持ち込む時には、ジップロックなどの袋に入れて持ち込みます。
この入れて置く袋についても定めがありますのでご紹介しましょう。

透明であること

袋の中身が分からない場合は持ち込み不可となります。

サイズの目安

袋のサイズは縦20㎝以下×横20㎝以下となっています。
マチ付き(袋の厚みのこと)だと容量が超えますのでNGです。

再封可能な袋であること

再封が可能は袋に入れます。

また、袋の中の中身は余裕を持って入れましょう。

袋に入れなくても良い液体

例外として、袋に入れなくても良い液体があります。
それは、液体薬やコンタクトの保存液などの医薬品が該当します。
また、赤ちゃんのミルクも袋に入れる必要はありません。

液体薬の場合、質問された時にスムーズに答えられるよう診断書やお薬手帳と一緒にしておくと良いですね。

スポンサーリンク

スキンケア持ち込み規制は例外がある!?

ひらめき

「こんなに規制があったら何もお土産買えないじゃーん!」
と悲しくなりますよね。

しかし、安心してください!

スキンケア用品(液体用品)でも
規制容量以上のものを持ち込むことが出来る例外場所があるのです。

それは、「出国手続きをした後の免税店」です。

出国手続きをした後、空港で買い物をした商品ならば、
サイズがオーバーしていても容量が超えていても購入して持ち込むことが可能です。

まとめ

飛行機に搭乗する際には、液体物に厳しく規制がかかっていることが分かりました。
液体対象物は化粧水や乳液以外にも、
クリームやリキッドタイプのファンデーションも該当しますので注意しましょう。

では、飛行機内に入る時の液体物の持ち込み方はというと、

  • 100ml以下の容器に入っていること
  • 容量1リットル以下のもの
  • 透明の再封可能な袋に余裕を持っていれてあること

が条件でした。

しかし、この規定よりもオーバーした液体を例外として持ち込める方もありました。

それは、出国手続きをした後の空港です。

出国手続きをした後の空港なら、
上記の規定以上の液体を持ち込むことが許されていました。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする