大変!飛行機では気圧の変化で化粧水が漏れる?出発前に対策を確認!

大変!飛行機では気圧の変化で化粧水が漏れる?出発前に対策を確認!

長期連休にちょっと羽を伸ばしに飛行機で海外に・・・。すごく楽しみですよね!!

そんな飛行機に乗る時に気をつけることの1つとして、
「自分が普段使っている化粧水が飛行中に漏れずに海外まで運べるのか」
ということがあります。

時々、自分で容器に移し替えて海外に持って行ったら、
海外に着いて中身を確認するとびちゃびちゃだったということを聞きますね。

でも、安心してください!ちゃんと容器から漏れにくくする方法はあるのです!

スポンサーリンク

飛行機では気圧の変化で化粧水が漏れるって本当なの?

富士山

そもそも、飛行機の気圧が変わることによって化粧水が漏れることって本当にあるのか?
という問題ですが、
結論から言うともちろんこのような事例はあります。

では、漏れる事例は多いのかというと、
それほど多くないです。

「えっ!?でも私も漏れた経験あるけど・・・」と思う人もいるかもしれませんよね。
それは、気圧ではなく荷物の取り扱いが雑だったからという原因を疑いましょう。

機内の気圧は富士山5合目と一緒!

なぜ飛行機に乗っている時に気圧の変化で化粧水が漏れることが少ないのかというと、
飛行機内の気圧は0.85くらいの気圧で統一されています。
これは、日本の富士山で例えると5合目くらいの気圧です。

富士山5合目では、化粧水が気圧で漏れることはそうそうありません。
そのため、飛行機内の気圧の変化が理由で化粧水が漏れることも考えにくいのです。

空港内での荷物扱いは雑だと思おう!

化粧水が漏れている原因には、
「空港内でのスーツケースの扱いを雑にされたから」
ということが一番に考えられます。

飛行機の中から実際にスーツケースが手元に届くまでには、
係の人が結構雑に扱っていることがあるのです。

飛行機の中ではキレイに整えられていた荷物が、
飛行機から降ろされる時にはまるで
重いボールを転がすように扱われている時もあるのですよ!

スポンサーリンク

飛行機で化粧水が漏れ易い容器ってあるの?

容器

気圧の変化で化粧水が漏れることは少ないものの、
とにかく化粧水が漏れるのだけは勘弁!ですよね。

まずは、やはり自分で漏れ易い容器を避けることが先決です。
飛行機の中で漏れ易い容器ってどんな容器なのでしょうか?

底を押すと蓋が動く容器

化粧水でも、容器を触るとべこべこになるような容器の場合ってありますよね。
このような容器の場合、底を抑えると頭部分が浮くことがありますが、これは漏れやすいです。

空気が多く入った容器

そもそも、容器がパンパンに膨らむのは容器の中に入っている空気です。
そのため、空気が多く入っている容器の場合は漏れやすいと言えます。

飛行機で化粧水が漏れないようにするには?

飛行機の中で漏れにくくするためには、
4つのことを出来るだけ実践しましょう。

空気を出来るだけ抜いておく

真空状態にしていれば、
空気が膨張することはありませんので中身が漏れる心配もないですね!

個包装になったお試しサイズを持って行く

容器に移し替えるとどうしても空気が入りがちですが、
試供品などのお試しでは空気もほとんど入っておらず個包装になっているので安心です。

蓋はしっかりと締める

軽く締めている場合は、漏れるおそれがあります。
しっかりと締めましょう。

チューブは極力避ける

特に新品の場合、
蓋を開けた途端に思いっきり跳び出てくる可能性が高いです。

スーツケースに入れずに機内に持ち込む

機内に持ち込むことで、
雑に扱われたことにより現地に到着してから化粧水が漏れていたということを防ぐことが出来ます。

もしも漏れた場合に備えて・・・

最悪漏れても大丈夫なように、化粧水の容器をジップロックなどのチャック付きの袋に入れましょう。
二重にすることで、漏れた時の受け皿となりますよ!

ジップ

大変!飛行機では気圧の変化で化粧水が漏れる?出発前に対策を確認!まとめ

飛行機で化粧水が漏れる原因は、気圧の変化の原因もありますが、
それよりも空港内での荷物を雑に扱われたことによる漏れが多いことが分かりました。

では、そんな化粧水を飛行機でもれなくする方法としては、
出来るだけ真空状態にしたり、
試供品を持って行くことがおすすめでした。

また、スーツケースに入れてしまうと、
自分の手元に戻ってくるまでに
雑に扱われて化粧水が漏れていることも考えられますので、
機内に持ち込むことも予防索でした。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする