長旅の飛行機はメイクしたまま?機内のトイレや座席ではマナー違反!?

長旅の飛行機はメイクしたまま?機内のトイレや座席ではマナー違反!?

長時間の飛行機移動で問題になるのがメイクをどうするか。
韓国や台湾ならメイクしてのフライトでも十分可能ですが、
10時間を超えるフライトとなると話は別です。

皆さん長時間の飛行機でメイクはどうしているのでしょうか?
また、長時間の飛行機でベストなメイク方法とは?

ここでは、女性ならではの悩みである飛行機内のメイクについてまとめてみました。

スポンサーリンク

長旅の飛行機はメイクしたままになるかも?

外出する時にはスッピンなんてあり得ない!

と思っている人にとって、
飛行機内のスッピンも出来ることなら避けたいですよね。

でも、長時間のフライトでメイクをしたままだと化粧崩れは真逃れません。

では、機内でメイク直しをする時間はあるのかというと、
あまりとれないことがあります。

メイク直しをしたい時間は皆同じ!

なぜ、あまりメイク直しの時間がとれないのかというと、
皆さんメイク直しをしようとする時間が集中しているからです。

メイクをしたまま機内に乗り込む人の場合、
離陸してシートベルト着用サインが消えた時に化粧直しをしようとトイレに行きます。

そうです。

シートベルト着用サインが消えている時しかメイク直しが出来ないのです!

しかも、大体着陸する前や機内の電気が消えた時にメイク直しは集中します。

そのため、トイレにはメイク直しをしたい人の
長蛇の列が出来ることも珍しくなく、
なかなかメイク直しが出来ないことがあります。

座席もやりづらい!

では、トイレが無理なら座席でメイク直しをしたらどうか?
と考える人もいるかもしれませんが、

これは他の方の迷惑となる場合がありますので避けた方がいいです。

特にエコノミークラスで搭乗している人は座席幅が結構密着していますので、
化粧の匂いなどがすぐに横や後ろの方に分かってしまいます。

最低限のマナーを考えるのなら、
本格的なメイクは控えたほうが無難です。

メイク直しのおすすめ場所は?

長時間のフライトだと、
なかなかメイク直しも難しいことがあると分かりましたね。

でも、やっぱりスッピンではいたくないという人の場合、
どこでメイク直しをするのがベストなのでしょうか?

一番ベストな場所は「空港のトイレ」です。
トランジットする空港も多いに利用しましょう!

行きの空港と到着した場所の空港でメイク直しをするのがベストです。

空港のトイレなら、
大きな鏡がありますので化粧直しもしやすいですし、
他の方の迷惑になることもまずありません。

飛行機内のトイレって本当に小さくて使いにくいので、
その点も空港なら広々しているので使いやすいです。

スポンサーリンク

飛行機ではスッピンでいるのが一番

スッピン

やはりお肌のことを考えるなら、眉を描くなど最低限のメイクで、
肌が呼吸しやすいようにほぼスッピンでいるのが一番いいですよね。

飛行機で一夜を過ごすならなおさらです。

メイクをしてようがまいが誰も気にしてませんしね。
メイクは旅のメインでバッチリと決めればいいんです。

飛行機ではメイクをスッパリあきらめてしまうとかなり楽ですよ。

一回の乾燥ダメージは高級エステ2回分の費用!

機内の中って結構乾燥するものです。

長時間のフライトで1回乾燥してしまうと、
客室乗務員の方の話では、
高級エステに2回通わないとお肌を元に戻すことは出来ないという人も・・・。

そのため、スッピンでも保湿だけは心がけることが大切です。
ではどうやって保湿をするのか??

マスクをして搭乗!

マスクだけなら搭乗する時から使用していても何もおかしくありませんよね、
マスクをすれば、唇がガサガサになることはまず防ぐことが出来ます。
少し大きめのマスクなら、顔半分くらいを覆うことだって出来ます。
これで保湿を行いましょう。
何よりすっぴんを隠すことも出来て一石二兆!

保湿アイマスクを付ける

機内が消灯してしまえば、あまり他の人をしっかりと見ることもありません。
マスク+めぐりズムなどの保湿も兼ねたアイマスクをしましょう。

保湿スプレー

保湿スプレーの場合は成分をしっかりと確認してから使用することが大切です。

温泉水や水のスプレーの場合、
余計に乾燥してしまう可能性がありますので避けましょう。

コラーゲンやヒアルロン酸など、
肌の角質層まで潤してくれる成分が入っているものを選びます。

まとめ

長距離フライトでは肌のことを考えるなら
スッピンで搭乗することが一番ベストでした。

しかし、機内では肌が乾燥しやすいため、
保湿は心がけることが大切です。

でも、どうしても長距離フライトでもメイクをしたい場合は、
空港のトイレでメイク直しをすることをおすすめします。

空港のトイレなら広く使えて、他の方の迷惑にもなりにくいです。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする