飛行機の座席で化粧するのはマナー違反?でもメイクしたいなら…

飛行機の座席で化粧するのはマナー違反?

公共の場でのお化粧はマナー違反だと言われますが、
飛行機の座席で化粧するのはマナー違反になるのでしょうか?

主婦の方なら、すっぴんではフライトしたくないという人は多いですよね。
「日焼け止めと土台くらいは・・・」と思う人も多いです。

飛行中に化粧をすることってどうなのでしょうか?

ここでは、飛行中の化粧が良いのかどうか、
実際化粧を目撃した人達の口コミも参考にしながらご紹介いたします。

スポンサーリンク

飛行機の座席で化粧するのはマナー違反?

飛行中に座席で化粧をすることは、マナー違反ではありませんが
他の人への配慮が足らないので行わない方がいいです。

実際に飛行中に化粧をする人についての口コミをどうぞ。

・エコノミークラスならありえません。
 せめてやるなら飛行場についてから化粧室がやってほしいです。

・私はフライト中にメイクをしている人を見たことがないので、
 メイクをしている人を見つけたら非常識ととらえます。

・ファーストクラスなどおの個室ならまだしも、
 普通の席でもメイクはありえません。

・以前、日本人が一斉にメイクをし始める光景を
 アメリカ人がびっくりしながら見ていたので私は絶対にしません。

・化粧がくさいから絶対にやらないでほしい!

このように、飛行機の座席で化粧をすることはNGだという人の意見がほとんどです。

自分だけいいやと思っていても、
他の方は不快な思いをしていることが多いため、やらない方が無難です。

それでも飛行機内でマナーの範囲で化粧をしたいなら?

機内

座席で化粧はマナー違反だとしても、
どうしても顔のコンプレックスを隠したいという人も中にはいますね。

そんな時には3つのことに気をつけながら行います。

保湿を入念に行う

機内はとにかく乾燥します。
そのため、通常行う基礎化粧品よりももっと入念に肌を保湿で整えてからメイクに入りましょう。
十分すぎるくらいの保湿をすることがおすすめです。

整える程度にする

座席でのばっりちメイクは非常識ととらえる人が大多数です。

どうしても座席でメイクをする時には
こっそりポイントメイク(口紅のみなど)だけで顔の印象をごまかすか、

ササッと日焼け止めと薄くファンデーションを付けるだけにしておきましょう。
出来たら座席ではなく飛行機内の化粧台がいいですね。

場所を選ぼう!

化粧をする姿というのは、他人にあまり良い印象を与えません。

そのため、可能であればビジネスクラスやファーストクラスなど、
個室で区切られてプライベート空間の充実している座席を選ぶと、
不快な思いをする人が少なくなります。

どうしてもメイクは譲れないという場合は、
少しお金を追加してこのような席を確保するのもありですね。

とは言ってもやはりフライト中には変わりませんので、
最低限の化粧にすることだけは守りましょう。

スポンサーリンク

飛行機ではすっぴんが無難かも

スッピン

とにかく、口コミでも飛行機内で化粧をするのは
電車やバスの中で化粧をするのと同じと考える人が多いので、
すっぴんでいることが無難です。

化粧って、結構匂いが出ますので
自分では気がついていなくても他人は不快な思いをすることはあります。

では、あの独特の化粧の匂いがしやすいものってどんな化粧品なのでしょうか?

それは、「ザ・化粧品!」という匂いが漂いやすいのは、
海外の化粧品です。

また、化粧下地の中に日焼け止めが入っているものも匂いが結構あります。

こちらの2つについては座席で使えば
他の人に不快な匂いを嗅がせてしまう確率が高いので絶対に避けるべきです。

まとめ

飛行機の座席でメイクをすることは非常識ととらえる人が多いため、
フライト中の化粧はしない方が無難だということが分かりました。

でも、自分の顔にコンプレックスがあってどうしてもメイクをしたい場合は、
乾燥対策の為に保湿を入念に行ってから、
整える程度に化粧を行うようにしましょう。

また、メイクが譲れない場合、
出来るならエコノミークラスなどの密接した座席ではなく、

ビジネスクラスやファーストクラスを確保することで
化粧をしている姿で相手に不快な思いをさせることが少なくなります。

個人の空間ではないので、
飛行機の座席でマナー違反を気にしないようにするなら、
ちょっとはお金をかけるしかないですね。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする