野球初心者にオススメのバッティングフォームや 練習方法を紹介!

野球のバッティングフォームは
いろいろなものがあります。

スタンダードなフォームから
足を開いたフォーム、
バットをねかせたフォームなど
数えたらキリがないくらいたくさんあります。

バッティングフォームは、
自分にあったものを見つけることも大事ですが、
悩むあまりにフォームを変えすぎてもいけません。

この記事を見ているあなたは、
自分にあったバッティングフォームについて
悩んでいるのではないかと思います。

安心して下さい。
今回は、そんなあなたにオススメの
バッティングフォームを見つけるコツを
いくつかご紹介します!

スポンサーリンク

野球のバッティングフォームで気をつけたいこととは!?

野球でバッティング練習をするときには、

まず、基本から覚えることが大切です。

バッティングフォームに悩んだり、

試合でうまくいかなかったりすると、

打てる人のフォームを真似したり、

野球選手を参考にしたりする方も多いかと思います。

打てる人の真似をしてポイントを見つける、

と言うのも一つの方法ではありますが、

そもそも打てる人のバッティングフォームは

まず基本がしっかりしていて、

自分の打てるポイントをもっているので、

安定して打つことができるのです。

もしあなたが全く同じフォームを身につけたとしても、

打つポイントは人それぞれなので、

必ず上手く行く保証はどこにもありません。

もちろん、あなたのポイントを見つける

きっかけにはなるかもしれませんが、

一か八かでバッティングフォームを見つけるよりは、

まず基本をしっかり作ってから

あなたのベストなバッティングのポイントを

見つける方が良いでしょう。

ここからは、バッティングの参考になるポイントを

いくつかご紹介致します。

まず一つ目のポイントは「構え」です。

この構えはあなたがバッティングをする中で

最も基礎になる部分です。

軸足を基準にしっかりと構え、

体重移動を意識するよう心がけましょう。

試合でバッターボックスに入ると、

緊張や興奮をして力んでしまうことも

多々あると思います。

しかし、力が入ったままだと体重移動をうまく行えず、

バットからボールに力を伝えることが

できなくなってしまいます。

ボールに力が伝わらないと

打球も勢いがなくなってしまうので、

自然体を意識してリラックスした姿勢で

構えるようにしましょう。

二つ目は「ボールを打つときの打点」です。

打点とは、ボールとバットが直接当たる面のことです。

ピッチャーが投げるボールは、

いろいろな方向に曲がったり

スピードもあったりするため、

自分にあった打点のポイントを見つけることが

バッティングでは必須の項目になります。

自分にあった打点は皆それぞれ違うので、

自分がしっくりくるポイントを日頃の練習で見つけて、

バットに当てる精度を上げていくよう意識して

バッティングの練習をして下さい。

三つ目は「バットを振った後の動作」です。

バットを振った後の動作は

あまり気にされない方も多いのですが、

基本を身につける上では重要な項目です。

バットを振った後なので、

直接打球にはあまり影響はないように感じますよね

ここで重要なのは、振った後の動作を意識することで

バッティング自体が変わってくる、

ということです。

バッティングは構えから振り抜くまでが

一つの動作です。

打つ動作はバッティングの流れの一部なので、

打つことがメインになってしまうと

フォームが崩れてしまう原因にもなります。

あなたは同じように打っているつもりでも、

打点や構えが変わってしまう為です。

まずは基本の構えからバットを振り抜くまでを意識して、

あなたにあったバッティングフォームを

見つけていきましょう。

野球でバッティング練習をする時のコツ

野球でバッティングをするには

色々なコツがあります。

練習の時から意識する事で

バッティングの向上に繋がります。

今回は、バッティングのコツを

いくつかご紹介します。

まずは、バットを持つ位置と高さです。

バッティングをする時は

バットを持つ位置と高さは固定するようにしましょう。

理由は、バットの位置や高さが変わってしまうと

ボールに当てる距離や時間も毎回変わってしまい、

同じタイミングで打つことが

できなくなってしまうからです。

同じ位置に保つ簡単な方法は、

自分独自の確認方法を見つける事です。

例えばバットを構えた時に

自分の腕が見える位置を同じにしたり、

構える際に何か動きを加えたりするなどです。

練習場が毎回同じ場合は、

構えた時に見える景色を

毎回同じに保つのもオススメです。

同じ位置に保つ癖をつける事で

バッティングフォームの癖が少なくなり

精度が上がりますので、

コツとしてはかなりオススメです。

そしてもう一つはバットのヘッドを下げない事です。

わかりやすくいうと、

バットを構えた時にバットの先の部分を

地面の方向に向けないようにする事です。

理由はバットの先が下に向いてしまうと、

その分力が外に逃げてしまうので、

打球が弱くなってしまうためです。

バッティングフォームにもよりますが、

基本はしっかりと構えた位置から

最短距離でバットを振るようすることが大切です。

最短距離を意識してバットを振る事で

より強い遠心力で打つことができます。

すると、バットの先が下がりにくくなるので、

練習の時には意識してみてください。

このほかにも野球でバッティングをする時のコツは

いくつかありますが、

まずは基本のこの2つを意識して、

あなたのフォームにあうポイントを

見つけていって下さい。

スポンサーリンク

野球のバッティングでオススメの練習方法

野球でバッティングを意識した練習は

さまざまな方法があります。

練習からフォームを意識する事で癖も少なくなり、

理想のバッティングができるようになります。

今回はあなたのバッティングの癖を直す

オススメの練習方法をご紹介します。

はじめにご紹介したいのが

「ティーバッティング」

「トスバッティング」です。

ティーバッティングは

ボールを固定して練習する方法です。

ボールを打つ打点と打撃フォームを意識して

練習するといいでしょう。

トスバッティングは、

ボールをトスしてもらいながら打つ練習方法です。

この練習方法は動いているボールにバットを当てるので、

あなたが一番打ちやすいポイントや

ボールに当たった感覚を確かめながら

練習するといいでしょう。

もう一つオススメの方法が、

フリーバッティングです。

この練習方法は最後の総仕上げのイメージです。

バッティングフォームを意識しながら、

ボールとの距離と打点を意識しながら行いましょう。

そのほかにも、野球でバッティングの練習をする方法は

たくさんあります。

バッティングの練習は

あなたの癖を直すことも目的の一つです。

今回お伝えしたのは、ベースとなる基本の練習ですので、

あなたオリジナルの練習方法を編み出して

理想のバッティングを身につけていって下さい。

まとめ

バッティングには色々な要素が混ざって

一つの形になります。

野球を楽しむ為には、あなたオリジナルの

理想のバッティングフォームを

見つけることも大切です。

まずは基本を意識しながら

あなたのバッティングにあった練習方法を

編み出していきましょう。

今回ご案内した野球の練習方法から

同じバッティングフォームに保つためのコツは

特にオススメの情報なので、

悩んでいる方は是非参考にして下さい!

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする