スノーボード季節です!板で人気はなんだろう??

スノーボードは雪の斜面をスピーディに
滑走することができます。
もちろんはじめのうちはターンの練習をして、
スピードを調整する必要がありますが・・・。

滑りに慣れてくれば、
普段では体感できないスピード感を味わえます。
アルペン競技では時速100kmを
超えることも珍しくありません。

私は出せませんが(汗

雪質がよくパウダースノーの状態なら、
雪の上を浮いているような何とも言えない
浮遊感を感じることができるのです。

転ばず下まで滑れた!!
ただそれだけで病みつきになりますし、
また滑りたい!!と中毒になります。

ちなみに私もその一人です。

こんなに楽しいことを知らなかったなんて
もっと若い時から始めればよかったと思いましたよ。

スポンサーリンク

スノーボードの板の人気があるのはやっぱり・・・

定番なのが、バートン です。

初心者にも、ボード歴の長い人にも人気があり、
世界最大のスノーボード用品メーカーですので、
一度は耳にしたことが
あると思う有名ブランドですね。

ラインナップが充実していて、
デザインも秀逸で品質も良いので
初心者からプロ、オリンピック選手まで
ユーザーが幅広いです。

価格帯は、4万円台から10万円前半です。
ちなみに私も、バートンです。

つぎは、サロモン です。
ウィンタースポーツのナンバーワンブランドとして、
業界をリードするメーカーです。

ラインナップは機能性を重視しています。
全体的に性能が高く、特にブーツはフィット感があるため、
多くのファンに愛されています。

ボード、ビンディング、ブーツを
一式揃えればとりあえず安心です。
価格帯は、5万円台から8万円台です。

ちなみに、ブーツはサロモンです。

つぎは、ヨネックス です。
国内メーカーとして、
さまざまなスポーツ用品を開発しています。
性能、品質共に高い評価を得ています。

スキー板のイメージが強いですが、
フリーラン向けのカービングボードから、
軽量でバランスの取れたフリースタイル向けのボードまで、
幅広いラインナップを揃えます。

価格帯は、5万円台から15万円台です。

つぎは、リブティック です。
ロッカー形状の元祖であるバナナテクノロジーを
開発したブランドで、
現在も様々なスタイルのボードを扱っています。

根強い人気があります。
遊びのイメージが強いですが、
JAPARKは日本向けに作られたバランスのいい板で、
高速でなければフリーランでも十分に乗れます

価格帯は、4万円台から30万円台です。

つぎは、ロームエスディーエス です。
高性能で、個性的なデザインが定評のあるブランドです。
ビンディング、ブーツ、ウエア、アクセサリー類に至るまで
ハイセンスなデザインのものが豊富です。

板は硬めが多く、
初心者には乗りづらいかもしれません。
価格帯は、5万円台から7万円台です。

つぎは、ライド です。
低価格で乗りやすく、派手なデザインが多いです。
フリースタイル向けのAGENDAは、
初心者にも安心の乗り心地を提供でき、
高性能な上に46,000円と価格もお手頃ですし、
カービングもこなせてオールラウンドに使用できます。

価格帯は2万円台から7万円台です。
若者や学生さんが手を出しやすいお値段ですね。
初心者にはいいかもしれません。

スノーボード板の長さってどのくらいを買えばいいの?

板選びの中で最も重要なのが板の長さです。
一般的に自分の身長よりマイナス15センチと言われています。
これは平均的にということなので、
自分に会うサイズを見つけることです。

身長に合っていないスノーボードを使うと
取り扱いが難しく
上達の妨げになります。

買う前にゲレンデレンタルで
色々な長さのスノーボードを試してみて、
自分が滑りやすいと思う長さの物を選んでください。

長い板と短い板両方にそれぞれ優れている点と、
問題点があります。
どちらの方が良いとは一概には言えないのです。

長いボードは、スピードが出やすいので、
安定感がありますが、
小回りが利かないので、
派手な動きをするのが好き人には、
物足りないかもしれません。

短い板は長い板の逆で、不安定ですが、
小回りはきくので、
飛んだり跳ねたり、ジャンプしたり
グラトリにおすすめです。

スポンサーリンク

スノーボードの板は、ワックスかけないとダメなの?

スノーボードを楽しむために
ホットワックスは必要不可欠なチューニングです。

シーズン始めだけではなく継続的に
ワクシングをすることで、
板のソールの状態を良い状態で保つことができます。

スノーボードが上達しないなと感じている人は
ほとんどホットワックスをしていません。

そんな板で練習を続けていても、
なかなか上達しません。

滑走性能を上げるだけではなく、
ホットワクシングは板のソールを保護し、
板の操作性をも向上させてくれる
大切なスノーボードの要素なのです。

まとめ

スノーボードは私の人生を大きく変えてしまうほどの
魔力がありました。
大自然の中で無我夢中に滑っていると、
日常生活が非常にちっぽけに見えてきてしまいます。

本当です!!

スノーボードの楽しさは中毒性を含んでいます。
もっともっと滑りたい!と
仕事を辞めて雪山に住みたいとまで思いました。
住みませんでしたが・・・(笑)

今でも、定年したら住んでもいいかなとは思っています。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする