肩こり・頭痛ってなぜおこるのだろう?医者に行ってもいい?

肩こりする人としない人がいますね。

肩こりからの頭痛もよく耳にします。

肩回りの筋肉が緊張するとおこる肩こりは、肩が重かったり

肩が張る、固くなる、しびれているように痛かったりします。

この肩こりには、首の痛みや硬直感が起こることがほとんどです。

ひどい場合は、頭痛につながることもあります。

スポンサーリンク

ひどい肩こり・頭痛はなぜおこるのだろう?環境って関係するの?

スマホの使用で肩こりが増えています。

人間は直立二本足歩行のため、

背骨に大きな負荷がかかっています。

首の骨は背骨の先端に位置しています。

しかも重い頭を支え続けているので、ズレやゆがみが生じて、

トラブルを引き起こしやすいのです。

首の骨がゆがむと神経や血管が圧迫され

筋肉が萎縮し、凝り固まり血行が悪くなるのです。

はじめは疲れたなぁ。なんとなくだるいなぁなんて

思うくらいの不調があらわれ、

だんだんと体のあちこちにコリや痛みなどの症状が出ます。

スマホの使用頻度が高く、

普段同じ姿勢を続けて疲れを感じたりすると、

無意識のうちに首を回したりしていませんか?

それは、筋肉の硬直と骨のゆがみを感じた脳が指令を送り、

ゆがみを正そうとしている本能による動作なのです

これがひどくなると、頭痛も加わってきます。

肩こりや頭痛で医者に行ってもいいのでしょうか?

肩こり程度で医者に行ってもいいのかなって思いませんか?

頭痛がひどかったりしたら、しかたないけど・・・

肩こりぐらいでって思いませんか?

肩こりのひどい人は、頭痛もそうですが、吐き気も

加わってくるのです。

では、何科に受診すればいいのでしょう。

一般的に、肩こりだと、整形外科や接骨院が多いですが、

ケースによって受診する科は違います

整形外科を受診する場合は、

捻挫や骨折以外、筋肉、関節、神経などの

異常についても診療範囲になります。

肩こりのような筋肉の硬くなったツライ状態も、

診てもらうことができます。

神経内科を受診する場合は頭痛、めまいやふらつき、手や腕のしびれ、

力が入らないなどの症状で、筋肉や神経、脳、脊髄に異常なのかを、

検査してくれます。

スポンサーリンク

肩こりや頭痛の薬って何があるのだろう?

肩こりや頭痛の原因として、長時間での同じ姿勢や

不良姿勢からくる筋肉の負担、

不安や心配事などの精神的なストレスがあります。

他には、一日中パソコンを使用することなどによる

眼精疲労があります。

治療方法の一つとして、身体的ストレスにおいては、

体操やストレッチや筋肉をほぐすことです。

身体を動かして、血液の循環をよくすることが必要です。

精神的なストレスによる頭痛には、

軽い抗うつ薬や抗不安薬や、

ストレスを溜めやすい生活習慣をただし

ストレスのコントロールをする事が必要です。

姿勢を正すことも大きな治療の一つです。

市販薬では筋肉をやわらげることを重視すると、

市販薬の中ではもっとも強い効果を発揮するのが、

コリホグス錠です。

痛みに我慢できず、すぐにでも痛みをとりたい時に、

これがオススメです。

硬くなった筋肉を内側からゆるめ、肩こりをほぐします。

痛み止め成分も配合されており、つらい痛みにもすぐに効きます。

ほかに、腰痛や関節痛、筋炎や腱炎にも効果があります。

市販薬の中で張り薬、いわゆる湿布に代表されるものは、

即効性があります。一般的に、温湿布は慢性的な痛みに、

冷湿布は急性の痛みに効くという特徴があります。

冷湿布と温湿布どちらがいいかと医者に聞くと、

医者曰く、張る本人が気持ちいと思う方を張るのが

一番効果があるといっていました。

湿布薬に代表されるのが、サロンパスです。

血行を促進するビタミンEや、炎症や痛みを抑える作用もあります。

皮膚刺激を抑え、かぶれにくいものとなっています。

他には、バンテリンコーワパップや、

ジクロテクトPROテープがあります。

最後に塗り薬といえば、代表的なのが、

ゼノールエクサムや、ボルタレンEXローション

ニューアンメルツヨコヨコです。

痛みや腫れの元となる原因を取り除きます。

そのまま塗れるので簡単に塗りやすく、

また手が汚れることもありません。

貼付薬と同様に、即効性があります。

クリーム、ゲル、ローションなど、さまざまなタイプがあます。

貼付薬の張りづらい部分に効果的です。

まとめ

肩こりや頭痛の原因は全部一緒ではありません。

ストレッチや、運動で治らない場合や、

市販薬を飲んだけど、効かない場合などは、

受診をしましょう。

長引く肩こり、頭痛には原因が隠れているかもしれません。

自己判断せず、受診するのが一番です。

長い時間、同じ姿勢にならないよう、適度な運動をしたり

ストレスをため込まないように、

上手にストレス発散をしましょう。

ストレス発散は、個人的にいろいろあるので、

自分の好きな事や、お腹から笑えること

ゆっくり休むことで、身体も心もリフレッシュ

出来るようにすることです。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする