お歳暮にハムが定番である理由とは?保存方法やレシピも紹介!

最近のお歳暮は品数も豊富なため、
毎年変わったものや珍しいものを送りたい
思うと悩んでしまいますよね…

私も今年は何を贈ろうかすでに悩んでいます。

少し前までは、百貨店やギフト屋さんに出向いて
商品を選んでいましたが、
その形も変わり、今ではインターネットやカタログ
注文するようになりました。

ですが、商品を選ぶ形は変わっても変わらない品物もあります。
それが「ハム」です!

お歳暮と言えば、ハムが定番ですよね。
しかし、なぜハムがお歳暮の定番商品なのでしょうか?

そこで、今回はお歳暮にハムが
定番になった理由や保存方法、
ハムを使ったレシピを紹介していきます。

スポンサーリンク

お歳暮にハムが選ばれる理由とは?

お歳暮にハムが選ばれるのは、
こんな理由があるからです。

賞味期限が長いから

ハムは保存食として賞味期限が長いからです。
賞味期限が長いと焦って消費させることがないため、
もらうほうとしてはありがたいです。

高級品や贅沢のイメージ

市販で売られているハムとは違い、
贈答用はしっかりしています。
製法が違ったり、手間をかけて作ることから
いまだに「高級品」と位置づけされています。

また、ハムが一般的に食べられるようになったのは
昭和30年以降になってからだと言われています。
その影響もあり、ハム=高級、贅沢のイメージがあります。

幅広い年齢層に対応

子供から大人まで食べれるため人気があります。
ハムの塊は普段食べれないので、
もらうとかなり嬉しいですよね!

バリエーションが豊富

一言で「ハム」と言っていますが、
ハムにも種類があります。
ロース、モモ、バラ、肩ロース、ウデとあるため、
そんなにほかの人と被ることはないはずです。

CM効果

お歳暮の時期になるかならずと言っていいほど流れますよね。
CMの効果により、
ハム=お歳暮と定着したのではないでしょうか。
CM効果は影響力が本当に大きいですよね!

お歳暮でもらったハムの保存方法

いくら賞味期限が長くても大量にあると
消費しきれないこともありますよね。
そんなときにおすすめなのが冷凍保存です◎
うまく保存できると1〜2ヶ月美味しく食べれます!

<ブロックのハムや焼き豚の保存方法>

冷凍しても味は変わらないので、安心してください!

一回で食べれる分をスライスしラップで包み、
ジップロックで保存しておくと食べたい分だけ解凍できます。

ブロックで冷凍するのもいいですが、
解凍冷凍を繰り返すとかえって食材を悪くしてしまいます。

せっかくもらったのに
食材が悪くなると勿体ないですよね…
そうならないためにもスライスしてから
保存してください。

<ハム以外の保存方法>

ハムと一緒に入っていることが多いのが、
ベーコン、ウインナー、ソーセージですよね。

ベーコンはハムと同じように冷凍しても味は変わりません
ウインナーとソーセージは少しベトっとした感じになります。

どれも1つずつラップで包み、ジップロックで保存します。
全部やって一度に使い切る場合はいいですが、
使い切れない場合を想定してなるべく
小分けにすることをおすすめします。

もちろん冷蔵保存もできます。ですが、冷凍とは違い、保存期間もたった2〜3日程度なので、
すぐ使い切る場合のみにしましょう。

そのためには綺麗に保存しましょう。

<冷蔵の保存方法>

・クッキングペーパーに食品専用のアルコール消毒を吹きかける
・吹きかけたペーパーに、ハムをしっかり包む
・その上からラップで包む
・ラップなどに包まれたハムをジップロックに入れ、
しっかり空気を抜いて冷蔵庫に保存

ハムは空気や雑菌に触れると、
早く傷んだり、乾燥したり、味が落ちてしまいます
そうならないためにもこれくらいはしておきましょう!

スポンサーリンク

お歳暮にもらったハムを使ったレシピ

せっかくなら美味しくいただきたいですよね!
そこでハムを使った簡単なレシピを少し紹介します。

●ハムステーキ
ブロックハムと言えば、
やはりこの食べ方が一番贅沢です!
分厚めに切って、さっと両面を焼きます。
そのままでいいですし、少しコショウを振りかけるのもよしです。

●ハムカツ
これもおすすめの一品です。
分厚めに切り、小麦粉、溶き卵、パン粉をつけ、油で揚げます。
ハムに味がしっかりついているため、簡単に作れます。

●炒飯、ピラフ
ハムを細かく切って、ほかの具材と一緒に炒めるだけ!
贅沢な炒飯、ピラフになること間違いなしです。
塩味なので相性バッチリです◎

●ポトフ
ポトフだとウインナーやソーセージが定番ですが、
ハムを入れても美味しいですよ。

少し厚めに切ってほかの野菜と一緒に煮込み、
コンソメや塩で味付けします。

これ以外にも使い道はたくさんありますので、
ぜひいろいろな食材に使ってみてください!

まとめ

いかがでしたか?
ハムがお歳暮に選ばれる理由に意外なものが
入っていたことには驚きですよね。

いつの時代も変わらず愛される「ハム」
今年もらう機会があれば、
ぜひ今回紹介した保存方法やレシピを
参考にしていただければ幸いです。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする