バレンタインチョコ、本命への渡し方は?女子高校生必見!

「2月14日」言わずもがな、
誰もが知っている日だと思います。
そう!バレンタインデーですね。

バレンタインと言えば、
あげる側ももらう側も胸が高鳴る季節では
ないでしょうか。

特に、本命がいる女子は渡そうか渡すまいか
悩んでドキドキしているのでは!?

何もない時に思い切って告白するのは
かなり勇気が必要だと思います。
ならば!バレンタインに乗じて
告白しちゃいましょう!

バレンタインチョコに大好きな気持ちを込めて♪
本命のいる女子高生よ!立ち上がれ~!

スポンサーリンク

バレンタインチョコを本命に渡す方法は?高校生編!

渡し方はやっぱり「直接手渡し」が最強でしょう!

本命に思いを伝えたいのならば、
今も昔もやはりこの方法が一番です。

「好きです、付き合ってください」と
言えるのならば本命チョコだと
確信もらえるし、
思いも伝わると思います。

でも、チョコを渡しただけでは
義理チョコと勘違いしてしまう場合もあります。

その場で告白できなくても、
思わせぶりなセリフを言いながら
渡すと本命チョコだと
気づいてもらいやすくなります。

「今年は〇〇君だけにあげようと思って…」
「○○君のために手作りにしてみたの」
「バレンタイン、誰にでもあげるわけじゃないんだよ」
などなど。

思わず相手が「え?それどういう意味?」と
考えてしまうようなひと言を言いながら渡すと
本命アピールにつながるはずです。

しかし、どうしても直接渡せない場合だってありますよね。

そんな時は「友達に頼んで渡してもらう」
「下駄箱に入れておく」という手段もあります。

もしもこの手法を使うのであれば、
必ず手紙を添えるようにしましょう。

Lineやメールで気持ちだけ伝えるという
手もありますが、
手書きの手紙をもらった
時の嬉しさは格別です。

でも、「好きです」とはっきり書くのが
恥ずかしい時もありますね。

そんな時は「いつもありがとう」とか
「○○君の頑張っている姿、かっこいいです」とか
相手へ良い印象を与えられる
言葉を添えておきましょう。

これなら、はっきり「好き」と書かなくても
相手に「本命チョコなのかも…?」と
意識させることが出来るはずです。

せっかくのバレンタイン。
しかもバレンタインなんて年1イベントです。
高校生時代には
3回しかチャンスがありません

好きな人に手渡しと言うのは
かなりハードル高いですし、
勇気がいることだと思います。

でも、勇気を振り絞り、
頑張って手渡ししてみて下さいね。

きっとあなたの本気が伝わるはずですよ。

バレンタインチョコ、本命に渡すならやっぱり手作り?それとも買う??

本命にあげることを考えるうえで、
悩むのは渡す方だけではありませんよね。

「手作り」か「買う」か、
それも悩みますよね。

どっちがいいのか。
もらう側の結論から言うと
「どっちでもいい」という
意見が多いのだそうです。

買う派、手作り派、もらう側の
男子の意見をそれぞれまとめてみました。

買う派

  • 買ったものの方がおいしそう
  • 買ってくれたものの方が高級そう
  • 手作りは重い…

手作り派

  • 愛情が伝わってくる
  • 自分のために頑張ってくれたということが嬉しい
  • 「手作り」というものにあこがれる

手作りも買うも賛否両論ありますが、
最後は気持ち次第ではないでしょうか。

下手くそな手作りであろうが、
買った安いチョコであろうが
気持ちがこもっていればいいのです。

自分の気持ちが伝えやすいのはどっちなのか…
相手が喜ぶのはどっちなのか…
それを悩むのもバレンタインの醍醐味です!

スポンサーリンク

バレンタイン、本命にチョコ以外で勝負したい時は?

義理との差別化を図るためにも
本命には何かチョコ以外の小物など
チョコ+αでプレゼントするのは
いかがでしょうか?

チョコ以外でおすすめの
プレゼントをランキングしてみました。

1位 ちょっと高級な文房具

ボールペンやシャーペンなら授業にも使えますよね。
普段から使ってもらえているのが
目に見えると余計に嬉しくなるので
はないでしょうか。

質のいい文房具は長く使えるので、
おすすめですよ。

2位 ハンカチ

ハンカチも普段使いができるのでおすすめです。
相手がお返しを考える時も
重たくならずに済むでしょう。

3位 マフラー

季節的にもおすすめのプレゼントです。
マフラーなら通学中に使用可の
学校も多いのではないでしょうか。

あまり高価なものを選ぶと相手が
お返しの際に気を使ってしまうので、
チョコと一緒にプレゼントを考える場合は
1000~3000円くらいで選ぶといいでしょう。

チョコ+αの合計があまり高額にならないよう
注意してくださいね。

まとめ

リアル女子高生たちよ…
華の高校生活、
彼氏をゲットしてぜひ満喫してください!

高校生時代の出来事って大人になってからも
結構覚えているものです。

当時彼氏なんていなかった筆者は、
「制服デートとかしてみたかったー…」と
結婚した今でも思います。

告白して成功することもあれば
失敗することだってあると思います。

ですが、その一つ一つがいい経験となって
次につながる力となるはずです。

渡し方などについて色々と書きましたが、
参考程度に覚えておいて
自分ができる最大の渡し方で渡せばいいのです。

自分なりの方法で頑張ってみて下さい。

あなたにとってステキなバレンタインに
なることを応援しています!

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする