ローストビーフの作り方紹介!自家製も簡単にオーブンで出来る!

ローストビーフの作り方が解れば
自家製も簡単にオーブンで出来るんです!

高級間あふれるローストビーフが
自家製で振舞えたらカッコいいです!

何よりも、お店で食べるより安く済みますしね!

ここでは、
ローストビーフの自家製の作り方を紹介しています。

ローストビーフの自家製法を覚えて
家族や友人達にドヤ顔で振舞っちゃいましょう!

スポンサーリンク

ローストビーフの簡単な作り方紹介!自家製で本格的に!

世の中には自家製ローストビーフを
作っている人がとても多いらしく
紹介されている作り方のレシピ数に圧倒されます。

どの方法が自分に合っているのかは、
やってみないとわかりません。

大きく分けるとレシピは

  1. フライパンだけで作る
  2. オーブントースターで作る
  3. フライパンとオーブントースターで作る

この3つの方法に分けられます。

まずはどの作り方でも作る時は30分前には
冷蔵庫から出しておき、室温に戻しておきます。

そして室温に戻った
お肉に塩コショウをすり込んで、
さらに30分放置しておきます。

自家製ローストビーフのフライパンでの作り方

①熱して油を引いたフライパンで下準備した牛肉を焼きます。

②全面を良く焼いてしっかり焼き色が付いたら、
フライパンに赤ワインを100ml入れて
蓋をして5分くらい蒸し焼きにします。

③二重にしたアルミホイルでローストビーフを包み、
その上から布で包みます。

④30分程度そのまま放置したら完成です。

自家製ローストビーフのフオーブントースターでの作り方

① 広げたアルミホイルの上に下準備をしたお肉をのせて、
その上にスライスしたたまねぎをのせます。

②ホイルで中に空間を作らないように
しっかり包みます。

③オーブントースターを「強」に
設定して30分焼きます。

④そのまま冷めるまでオーブントースターに
入れたままにして余熱調理します。

自家製ローストビーフのフフライパンとオーブントースターでの作り方

①下準備した牛肉を、
熱して油を引いたフライパンで全面やきます。

②しっかり焼き色がお肉に付いたら、
オーブントースターの鉄板にのせます。

③ オーブントースターを「中」に
設定して10分焼きます。

④ 焼けたらオーブントースターの扉を閉めたまま
余熱で冷めるまで置いておきます。

クリスマスにおすすめのローストビーフの作り方!オーブンで自家製にチャレンジ

ローストビーフの簡単な作り方を
3つ紹介しましたが、
とても簡単でびっくりしませんでしたか?

フライパンやオーブントースターを使って、
簡単に作れます。

そして次にご紹介するのは、
オーブンを使った本格的ですが簡単な方法です。

オーブンで作るローストビーフ

①牛肉はあらかじめ下準備をして、
オリーブオイルを全体に塗っておきます。

②オーブンは190℃に余熱します。

③鉄板にお肉をのせまわりに
玉ねぎやニンジンを並べます。

④ 190℃で最初20分お肉を焼き、
その後160℃に下げて50分焼きます。

⑤ 焼いたお肉を2重にしたアルミホイルで包み、
その上から布で包みます。

⑥ 30分以上休ませたら完成です。

スポンサーリンク

ローストビーフを自分で作るととてもお得!

レストランで食べるローストビーフは高級品で、
中には透き通るような
薄いローストビーフが1枚で
数千円もするところがあります。

ケータリングを頼んで
ホームパーティーをする時も、
ローストビーフが入ると
少しお値段が上がります。

しかしパーティーの
主役を飾るほどの存在感があって、
これがあればみんなが
お料理に満足してくれます。

ローストビーフは自宅で作ることができ、
レシピの数も信じられないくらい
数多くネットなどに紹介されています。

たくさんのレシピを見ていたら頭が混乱し、
どれがローストビーフの「正解」なのか、
本来どのような料理なのか
わからなくなりました。

それほど作り方が乱立しているのです。

ローストビーフはイギリス発祥の料理で、
牛肉の塊をオーブンなどで
蒸し焼きにしたもののことです。

出来上がったら薄切りにして、
その肉汁で作った
グレイビーソースをかけて食べます

牛肉の塊に焼くなどして火が通れば、
ローストビーフとして扱っても良いようです。

ローストビーフは自宅で作ると
メリットがたくさんあります。

  1. 好きなだけ食べられる
  2. 安い
  3. ほったらかしで手間無く作られる
  4. 簡単なのに家族が感動してほめてくれる
  5. 料理上手だと思われる

牛肉の固まり肉で
ローストビーフを作るとき、
脂肪が少ないお肉を選んだほうが
美味しくなります

しかも高級なお肉を選ぶ必要がなく、
100gあたり200円未満の
安いお肉で問題ありません

その安いお肉をほぼほったらかしの
作り方でローストビーフに変身させると
家族が豪華なお料理に感動して、
お料理上手と褒めてくれます。

お肉の特売日に買って作ったら、
食費の負担も少ないです。

もしも大きな塊肉をみつけて
ローストビーフを作ったら、
その日の夕食はそのまま食べましょう。

残りは翌朝のローストビーフサンドや、
ランチのローストビーフ丼まで作れます

低予算でローストビーフ三昧とは、
夢のような贅沢ではありませんか?

まとめ

ローストビーフはレストランで食べると、
とても値段が高い高級品です。

お歳暮の商品に
ハムの詰め合わせをもらっても、
なかなかローストビーフ入りの
セットはもらえません。

子供の時に読んだ本や海外のドラマで
ホームパーティーでお母さん自家製の
ローストビーフが出てくるシーンに
とても憧れていました。

自宅で作りたての
ローストビーフが食べられるなんて
コックさんみたいなお母さんで
羨ましいと思っていました。

しかし大人になって
毎日料理をするようになったら、
ローストビーフは自宅で
作れることがわかりました。

自家製にはいいことが
たくさんあることがわかりました。

ローストビーフを作るときの牛肉は、
本当にスーパーで割安なもので十分です。

そしてソースも市販で売っていますし、
作ったときの肉汁でも
美味しいソースが作れます。

自家製ローストビーフは
どの作り方でも本当に簡単です。

個人的にはフライパンと
オーブントースターの作り方が
一番美味しく感じました。

しかし一番多く選んでいるつくり方は、
フライパンだけを使った方法です。

家族にもとっても好評で、
多めに作ってローストビーフサンドや
サラダにも入れて
いろいろな方法で食べています。

今年のクリスマスディナーにも
リクエストされていて、
チキンを買うよりも、
安く済ませられそうです。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする