ローストビーフは簡単にフライパンでできちゃう!?

パーティーや特別なディナーには
欠かせないローストビーフ!

お肉の塊がドーン!と
お皿にあると見栄えもバッチリ◎
なにより食卓が一気に華やかになります♪

ですが、家で作るとなるのとなんだかめんどう…
おまけに手間も時間もかかりそう…
と思いがちですが、
そんなことありません!

じつはフライパンさえあれば
簡単にできます。

しかも放っておけば勝手に
できあがっています(^^)
焼いて放っておくだけで、
あのローストビーフができるなんて
夢のようですよね!

では、どのようにやればいいのか紹介しますね!

スポンサーリンク

ローストビーフを簡単にフライパンで作る方法

ローストビーフと聞くと
オーブンのイメージがあります。

オーブン料理はなんだか難しい…と思いますが、、、
十分フライパンでできます◎

フライパンでローストビーフを
作る際にほかのものも使います。

それが「アルミホイル」になります。

アルミホイルを使うことで
ローストビーフを
上手く作ることができるのです(^^)

私もこのやり方で何回も
ローストビーフを作っていますが、
本当に簡単かつ上手く作れます◎

どちらかといえば私は不器用なので、
最初作ったときは
上手くできるのか心配でした。

ですが、ある程度の赤みと
味もしっかり染み込んでいました。

初めて作ったとは
思えないくらいの出来でした(^^)

オーブンなしでも本格的な
ローストビーフができますよ!

では、どうやって作るのか教えますね♪

ローストビーフが簡単に作れるレシピ!フライパン編

まずは以下の材料を用意します。

  • 牛モモ肉のかたまり 1つ
  • 塩、コショウ 適宜
  • ニンニク ひとかけ
  • オリーブオイル 大さじ1

ここでポイントなのが・・・
使う牛モモ肉のかたまりは
高価なものでなくてOK!

オージービーフやアメリカンビーフで
十分美味しくできあがります◎

コショウは細かいコショウではなく、
粗挽きコショウがおすすめ◎
粗挽きのほうが味が引き締まります!

作る前に少しやっておくことがあります。

① 牛モモ肉のかたまりを冷蔵庫から出し、
常温に戻しておく!

冷蔵庫からすぐ出したお肉の
中心温度はかなり低いです。

常温に戻しておかないと、
焼いても中心部分にまで
熱が通りにくく
生焼けになってしまいます。

冷蔵庫から出す目安は・・・
気温が高い時期は作る1時間前くらい
気温が低い時期は朝くらいの時間
おすすめです(^^)

② 肉に塩とコショウをしっかり擦り込む

多いかな?と思うくらいが
ちょうどいい量になります。

一回多いと思い量を少なくして作った
ローストビーフを一切れ食べたら
ほとんど味がありません…

塩、コショウの加減は大切です◎

塩とコショウをしっかり擦り込んだら、
最低でも1時間放置します。

③ ニンニクを包丁で潰し、芽を取り除いておく

意外と下準備はやることがありますが、
この下準備が美味しい
ローストビーフを作るコツになります(^^)

放置することがほとんどなので
大変じゃないでしょ?

ではお待たせしました!作り方は以下のとおりです。

・フライパンにオリーブオイルと
潰したニンニクをいれ、中火にかける

・ニンニクのよい香りがしてきたら、お肉をいれ焼く

※焼くときは、一面ずつ焼き目がつく程度で◎
このとき、型崩れが気になる場合は
タコ糸で縛っておくと型崩れしませんよ(^^)

・すべての面が焼けたら、
フライパンから取り出しお皿の上に放置

これでも美味しいローストビーフになりますが・・・
もう一つのアイテム「アルミホイル」の出番です!

さらに美味しく
本格的なローストビーフになります◎

フライパンから取り出したお肉を
アルミホイルで包みます
(熱々のままでOK)

※破れ防止のためアルミホイルを二重にします。

アルミホイルで包む理由としては

  • 余熱でお肉の中心までゆっくり熱が通る
  • パサパサにならずジューシーになる

放置する時間は何時間でもいいですが、
その日に食べるのであれば
30分以上寝かせてあげましょう。

ちなみに寝かせれば寝かせるほど
美味しいですよ♪

個人的にはこの方法が
一番簡単かなと思います(^^)

スポンサーリンク

ローストビーフのソースの簡単な作り方

塩・コショウで味が付いているため
ソースなしでも十分ですが…

ローストビーフを焼いたときに出た肉汁!
捨てずにその肉汁を再利用してソースを作ります。

温めた肉汁に
バター、赤ワイン(料理酒でもOK)、
はちみつ、しょうゆを目分量で加えるだけ!

美味しいソースが簡単にできあがります♪

アレンジも簡単にできますので、
あなた色のソースを作ってみてください(^^)

ちなみに私がよく作るソースは
すりたまねぎ(約1/4玉分)、
しょうゆ、みりん、酒、砂糖
を使います。

このソースはローストビーフに限らず、
ステーキにかけても美味しいですよ♪

まとめ

いかがでしたか?

ローストビーフは
華がある料理のひとつです。

華があるからこそ難しいと敬遠しがちですが、
作り方をみてもらえば
意外とできるかもと思われたと思います。

ぜひ今年のクリスマス料理の一品に
どうでしょうか?

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする