機内ではメイクしたまま?機内でのメイク方法もご紹介!

大型連休があると、飛行機を使った旅行に出かける機会も増えますよね。

国内線なら長くても2、3時間のフライトですが、
国際線になるとフライト時間も長くなります。

長時間飛行機に乗る時、女性にとって、
機内でのメイクが最も気がかりな問題になると言っても過言ではありません。

機内でメイクしたままでも大丈夫なのでしょうか?

また、機内で化粧落としのコツ、
機内でのメイクの方法についてもご紹介します。

これから長時間飛行機に乗って旅行の計画があるという方、
是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

機内はメイクしたままでもOK?

機内ではメイクしたままでも大丈夫なのでしょうか?

国内線利用時は、機内でメイクしたままで、何も問題ありません。

国際線利用時でも、数時間程度のフライトであれば、
機内でメイクしたままでも大丈夫です。

しかし、国際線利用時、長時間のフライトで、
日付のをまたぐような時は、メイクは落とした方が良いです。

何故なら、飛行機の中の湿度は20%以下になることもしょっちゅうで、
物凄く乾燥しているからです。

ひどい乾燥状態の中、化粧したまま長時間過ごすことは、
肌への負担がとても大きくなります。

機内でメイクしたまま長時間過ごすことによって、
後の肌荒れの原因にもなります。

長時間フライトでは、飛行機の中で良質の睡眠を取り、
肌も休ませてあげましょう。

日常の生活同様、メイクは落としてから寝ることで、
到着後の旅行も良い肌の状態で楽しめます。

せっかくの旅の一日目が、
肌荒れ状態でブルーな気持ちになってしまわないようにしたいですよね。

旅行中も、ご自身の大事な肌を大切にしてくださいね!

機内での化粧落としは「メイク落としシート」がおすすめ!

近年、国際線飛行機内への液体の持ち込み制限が厳しいと言われています。

また、機内の化粧室は数が少なく、
自分1人で占領してしまうため、おすすめできません。

そんな時、おすすめなのが「メイク落としシート」です。

メイク落としシートであれば、
自席でメイクを落とすことができます。

メイク落としシートを買う時は、
どういうものを選べば良いのでしょうか?

機内でのメイク落としにおすすめなものは、
多機能のメイク落としシートです!

最近では、メイク落としシートと化粧水が一体になっているものがあり、
さらに洗顔も不要と言う嬉しい機能までついています!

メイクがきちんと落ち、
メイクを落とした後の乾燥まで防いでくれるなんて、
最高ですよね。

ここで、機内に持ち込むおすすめのメイク落としシートについてご紹介します!

○オールインワン アロマクレンジングシート(エコリュクス)

このメイク落としシートは、1枚でメイク落とし、
洗顔、化粧水までできてしまう優れものです。

また、1枚ずつ小分けされているので、必要な分だけ機内に持ち込むことができ、
できるだけ荷物を少なくしたい人には、大変便利です。

天然由来成分100%でできているので、肌にも優しいです。

ラベンダーの優しい香りにも癒される、
文句なしのメイク落としシートです!

○うる落ち水クレンジングシート(ビフェスタ)

この商品も、1枚でメイク落とし、
洗顔、化粧水までできる優れものです。

メイク落としに嬉しい大判シートで、
マスカラや濃いリップも落とせます。

また、毛穴の黒ずみや汚れもすっきり落とせ、
透明感のある肌へと導いてくれます。

摩擦低減処方で、肌に優しい使用感が嬉しいですね。

○美容液でクレンジング オールインワンコットンシート(Stayfree)

美容成分がたくさん配合されたメイク落としシートです。

ウォータープルーフ処方で、保湿、クレンジング、
洗顔、ソフトピーリングまで1枚でできてしまいます!

厚手のコットンシートが嬉しい商品です。

ジッパー付のビニール袋に必要枚数入れて持ち運ぶと良いですよ!

スポンサーリンク

機内でメイクする方法とは?

メイク落としは何とかできそうですね。

メイクを落とし、機内でゆっくり休んだあとは、
機内でメイクする方法が問題になりますよね。

空港で飛行機を降りたら、入国審査やバスへの乗車など忙しくなりますので、
メイクに時間を取る余裕はなくなると思います。

飛行機に乗っている間にメイクを済ませておきたいですが、
他の人の目もありますし、大々的にメイクをするのは気が引けてしまいます。

どのようにメイクすると良いのでしょうか?

あまり時間も取れないですし、周りの人のこともありますので、
簡単にササッと済ませましょう。

日焼け止めUVクリームを塗り、ファンデーションを塗り、
眉毛を描き、明るめのリップを付けて終了と言ったような感じです。

短時間で済ませることで、人
目を気にせず最低限のメイクができると思います。

座席で化粧をする場合は、無香料の化粧品を選ぶようにしましょう。

化粧品の独特の香料で、他の人に不快な思いをさせることがありません。

まとめ

機内の手荷物にメイク落としシートと機内で使う化粧品類は、
確実に機内持ち込み荷物に入れるようにしましょう。

長時間のフライトの飛行機では、メイクを落とさなければいけませんので、
初めから薄めのメイクにしておくことがおすすめです。

メイク落としシートは多機能のもの、
機内で使う化粧品は無香料のものを選んでくださいね。

旅行を思いっきり楽しめるように、長時間飛行機に乗る予定のある方は、
この記事でご紹介したことを覚えておいてくださいね!

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする