洗車をする頻度はどのくらい?平均的にはどのくらいやるべきなのかも紹介!

自分の車を持つようになると
常にきれいに保っていたい方も
多いのではないでしょうか。

そんな中、車をきれいに保つ方法として
一番に挙げられるのはやはり洗車ですね。

洗車したての車はピカピカで
乗り心地もさらに良くなったような気分。

また掃除している最中も
またどことなくすがすがしい
気分になりながら掃除する人も
多いのではないでしょうか。

しかしそんな洗車、
どのくらいの頻度で
やればいいのでしょうか?

あまり頻繁にやっても
逆に車に傷が入りそうですし、
またやらなさすぎも汚れが
貯まる一方になってしまいます。

そこで今回は洗車の頻度や掃除をする
タイミングについて紹介していきます。

スポンサーリンク

洗車はどのくらいの頻度でするべき?平均的な洗車の間隔はどのくらい?

とあるサイトで洗車頻度の
アンケートを取ったところ

1位 1ケ月に1度

2位 2ケ月に1度

3位 2~3週間に1度

4位 週に1度

と多くの人が月に1度で
洗車をするというデータが
わかりました。

【車の保管方法によって頻度を変えるべき?】

車は基本的にガレージ駐車、
カーポート駐車、青空駐車の
3種類が基本です。

保管方法の良い順として、
最初にガレージ、次にカーポート、
そして最後に屋外といった順番です。

想像がつきやすいですね。

ガレージ駐車の場合、
車は室内にしまってあるような
ものですのでホコリ、雨やごみが
車に付着する心配もありません

なのでガレージに駐車している方は
月一程度の清掃が好ましいでしょう。

カーポートを使用している方なら
二週間に1度程度に洗車を
行えばきれいに保つことができます。

野外に駐車していると守られるものが
一切なくなってしまうので
上記2つよりかは
汚れが付きやすくなってしまいます。

そのため野外に自動車を
止めている方は週に1度の洗車を行うと
きれいに自動車を保つことができます。

冬になっても洗車の頻度は上げるべき?

実は冬は汚れが車に
つきやすい時期でもあるんです!

積雪の少ない地域では
空気が乾燥しているため、
土埃が舞いやすくなります。

よって車の車体に
汚れが付きやすくなるのです。

逆に積雪の多い地域では
車を運転することによって
雪や泥が車体に付着しやすくなります。

さらに雪などが解けてしまい
水に汚れが混じってしまうと
車体に傷が入ってしまいます。

しかし、過度に掃除をしてしまうと
かえって車体に
傷が入りやすくなってしまいます

そのため、洗車は
週に1度程度にとどめて置き、
気になるようだったら
水で軽く洗い流すといいでしょう。

【冬は掃除の仕方に注意?】

先ほども紹介したとおり
冬は汚れが多く付着しているために、
慎重に洗車をする必要があります。

そこでここでは冬に洗車を
行う際についての注意点を紹介します。

1. 傷がつかないようにまずは
  車体にたっぷり水をかけます。

2. 徐々に水をかけながら
    マクロファイバーの素材の
    クロスでふき取ります。

3. 車用洗剤などを使い
    車体の汚れを落としていきます。

4. 吸水性の良い布できれいに
    ふき取りをします。

などと、車に優しい洗車を
心がけることが重要です。

スポンサーリンク

春は車にも花粉が付く?花粉時の洗車の頻度は?

2月~4月にかけては花粉症が
はやる時期でもあります。

しかし、花粉が飛べば車も
花粉にまみれてしまうことも少々…

そんなときも洗車の頻度を
上げるべきなのでしょうか?

ここではそんな花粉が
飛び始める時期の洗車の頻度と
適切な洗車方法を紹介していきます!

【花粉で車にシミができる?】

なんと車に付着した花粉を放置しておき、
雨などに濡れてしまうと花粉が
コーティング剤に付着してしまい、
結果シミとなって残ってしまうのです。

しかも花粉は粘着質、
タオルでふき取るだけでは
きれいに取れないことも…

そのため花粉の時期も
定期的に洗車する必要があります。

【適切な洗車の方法は?】

花粉の適切な方法は
積雪の際の洗車方法と同様です。

まずは水をたっぷりかけた後、
車用の洗剤でさらに
きれいに洗い落とします。

水をかけることによって
表面の汚れを傷つけることなく
浮かせることができます!

洗車の最大の注意点としては
「ゴシゴシとこすりつけないこと!」

いくら面倒くさいからといって
強く車体をこすってしまうと
コーティングや塗装を
はがしてしまう危険性も。

車体をきれいに保つためには
洗う際に優しく、丁寧に
洗車することを心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

やはり季節にかかわらず
定期的に洗車することが大切ですね。

特に汚れが付きやすい冬、
春の時期は要注意!

上記の季節の時には
まめに汚れがついていないか
チェックしましょう。

そうすることによって
きれいな車体を
維持し続けることができます。

そして最重要なのは
「きれいに丁寧に洗車を行う」ことです。

是非気になった方は
紹介した注意を踏まえて
試してみてください。

キレイになった自慢の車で
ドライブを楽しみましょう!

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする