電気自動車の燃費換算は?ガソリン車と比較してどれくらい?

電気自動車の燃費換算は?ガソリン車と比較してどれくらい?

ヨーロッパ・中国を筆頭に、
ガソリン車から電気自動車へのEV移行がかなり進み出しています。

ヨーロッパでは、
ディーゼル車の不正発覚から信頼を回復するため
「ガソリン自動車は撤廃する」と発表していますし、

中国では、大気汚染問題からの脱出の為、
多くの顧客が電気自動車を購入しています。

そんな中、
日本ではまだまだ電気自動車の普及は増えていないのが現状です。

その背景には、
「電気自動車に変えたら電気代が高くなるのでは!?」
という懸念があるようです。

ここでは、電気自動車はガソリン自動車と比べて
どちらが安くすむのかということや、

電気自動車を購入するにあたっての
金額面でのメリット・デメリットをご紹介いたします。

スポンサーリンク

電気自動車の燃費換算はガソリン車と比較してお得なのか?

電気自動車の燃費換算は?ガソリン車と比較してどれくらい?

結論から言いますと、
電気自動車はガソリン自動車よりもお得です。

まずは、具体例を挙げてご説明します。

電気自動車の場合、

「前提条件」

  • 自宅で夜間に充電 電気代:22円/kw
  • 電池容量:40kw
  • 航続距離:400km

1km走らせるためのコスト=22円/kw×40kw/400km

=約2円/km

ガソリン車の場合

「前提条件」

  • ガソリン代:130円/l
  • 燃費:15km/l

1km走らせるためのコスト=130円/l÷15km/l

=約8円/km

ガソリン車の燃費は電気自動車の4倍!

上記の通りとなり、
ガソリン車の燃費は電気自動車の4倍です。

また、
今はインターネットでいくら程電気代がかかるのかという
シミュレーションをすることも出来ます。

興味のある方は、
「ランニングシュミレーター」
を使ってみることをおすすめします。

>>日産ランニングコストシュミレーター

ガソリン代だけが浮くわけではない!電気自動車の維持費のメリット

先程の計算方法から、ガソリンと電気では
圧倒的に電気代の方が安く済むということが分かりましたね。

しかし、安いのは電気代だけではないのです。
電気自動車は、車の維持費も安く済ませることが出来るのです。

どうして安く済ませることが出来るのかというと、
「ガソリン車よりも部品が少ないから」です。

例えば、ガソリン車ではエンジンオイルが必要ですが、
電気自動車は電気で動くのでエンジンオイルがいりませんね。

つまり、オイル交換をする必要がないのです。

また、
ブレーキについても回生ブレーキと呼ばれる装置がついており、
アクセルを離すだけで、ブレーキをしっかりと踏まなくても
減速出来るようになっています。

そのため、ブレーキパッドやブレーキディスクの交換も
ガソリン車よりも半分の交換回数で済ますことが出来るのです。

スポンサーリンク

電気自動車のデメリットはバッテリー交換と航続距離

電気自動車の燃費換算は?ガソリン車と比較してどれくらい?

車の部品もかなり少ないため、
維持費も抑えることが出来るメリット一杯の電気自動車にも、
金額においてのデメリットはあります。

それは、

  • バッテリー交換が高い!
  • 航続距離ガソリン車に比べて短い

ということです。

電気自動車の場合は、電池で動いているため、
ガソリン車で言うエンジン部分が電池になります。

この電池寿命が来るということは、
車が故障することと同じなので、
故障する前にバッテリーを交換しないといけません。

電池の寿命は大体20万キロと言われています。

つまり、20万キロくらいになったらバッテリーを
交換しなくてはいけないということですが、
このバッテリーの交換が1回60万円ほどするのです。

さらに20万キロ走行する間に
バッテリーの劣化で航続距離がどんどん短くなっていきます。

あまり走行距離を走らない人なら
バッテリー交換も少なくて済むのでお金はあまりかかりませんが、
走行距離を走る人の場合は60万円はかなりキツイですよね・・・。

ただ、このバッテリー効果には保証がついています。

大体10万キロの保証がついているのですが、
テスラモーターズだけは距離に制限なく保証がついています。

そのため、保証距離内なら安心ですが、
それ以降は60万円ほどの金額がかかるということです。

また、航続距離もガソリン車では、
800kmほどの車もありますが、電気自動車では半分程度です。

長距離の移動、旅行が多い人は、まだまだガソリン車が有利です。

電気自動車の燃費換算は?ガソリン車と比較してどれくらい?まとめ

電気自動車では、ランニングコストはガソリン車と比べて安いですが、
バッテリーの交換については、保証が切れると高いことが分かりました。

航続距離も短い事からガソリン車よりも普及していませんが、
この辺りの課題が解決されれば、
ハイブリッド車のように爆発的に普及する筈です。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする