兼業主婦とは何が定義?楽しみや収入について考えてみた

ちなみに私は、主婦歴3ケ月です。

仕事をしていた間は主婦になるのが楽しみでもあり、
怖い面もありました。

なぜかというと、今まで毎月給料をいただいていましたが、
そのお金が一切入らなくなるからです。

まぁ言ってしまえばお金も問題ですね。

私は専業主婦ですが、兼業主婦について
興味があったので、記事にしてみました。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

兼業主婦とは何か定義がある?

兼業主婦とは何か定義があるのかと言えば、
要するに、家の家事や子育てをしながら
仕事をしている主婦のことを兼業主婦と言うそうです。

私自身、兼業主婦に早くなりたいですね。

現在は、こちらの記事を書いたり、
少しばかりではありますが、お金をいただいています。

ですが、ちゃんとした職について毎月決まったお金を
稼ぎたいなと思っています。ただ、ちょっとした収入を
得ている主婦も兼業主婦になるのでしょう…。

ちょっと詳しいことはわかりませんが、
個人的には専業主婦だと思っています。笑

皆このご時世、兼業主婦の方は多いと思いますね。

夫だけでなく奥さんも働いている2馬力で
行っている家庭の方が圧倒的に多いと思います。

私の周りも、兼業主婦の友達が多いですね。

お子さんが小さい場合は、まだ働けないので
専業主婦をしている場合もあります。

しかし、基本的には二人とも働いているケースが多いですね。

私も近い将来兼業主婦になりたいと思っているので、
今からよい仕事がないかリサーチしておきたいと思います。笑

主婦で兼業の人の楽しみとは?

やはり、お子さんがいる方が休みの日にお子さんと
お出かけしたり、お友達と会ったりなど、
日々の疲れを休みの日にリフレッシュする
ことではないでしょうか?

兼業主婦の皆さんの楽しみは何でしょうか?

私は仕事をしていた時は、週末が何よりの楽しみでした。

夫といるよりかは友達と多く会っていましたね。笑

美味しいものをリサーチして遠くまで食べに行ったり、
お買い物に行ったり、たわいもない話をしてばか笑いしたりと…。

夫には悪いですが、友達といる方が断然楽しかったです。笑

その後、妊娠をしてからは夫との時間を大事にしましたね。

産まれてくる子供のことを考えたり、子供のものを見に行ったりと、
今までに味わえない幸福感を得ることができました。

それ以上に、両親に感謝しましたね。

妊娠してからは実家によく帰っていました。

特に予定もなかったですが、実家に帰って
母親とおしゃべりをしたり、ご飯を食べたりと、
家族の温かさを改めて感じることができましたね。

現在は、もちろん子供との時間ですね。

四六時中一緒にいるのでちょっとイライラする
こともありますが、寝顔を見ると幸せだなと感じます。

また、夫も子供が産まれてからは早く家に
帰ってくるようになりましたし、
育児や家事に対してより協力的になったと思います。

夫への感謝の気持ちも言葉にして
伝えるよう意識して過ごしていますよ。
夫も私に対して優しくなったなぁとも思います。

いつまで続くかですが…笑
子供の存在の大きさを改めて感じますね。

わが子に感謝です。

スポンサーリンク

主婦の兼業って収入はどう!?

やはり収入の問題は大きいですよね。

正社員かパートかでも収入の差は確実にひらいてきます。

私のイメージでは、正社員とパートでは
月に10万以上の差はあると思いますね。

私も出来れば正社員で働きたいものですが、
何度も転職を繰り返しているので、なかなか正社員で
雇われるのは難しいと思います。

なので、派遣社員か契約社員で働きたいですね。

ちなみに私の周りは、正社員で働いている
友達はあまりいないですね。

みんなパートや非正社員で働いています。

もちろん収入が多いほうがいいので、
正社員になれるのがベストだと思いますが、
責任感が問われる正社員になるのも少し気が引けます。笑

こう言っているからダメなのかもしれませんが…。笑

子供の成長とともに、学費や生活費もかかってきます。

また、家族が増えたらそれ以上にお金も必要になりますよね。

お金があることに越したことはないので…。

夫をサポートするためにも、近い将来働きたいと思います!!

まとめ

今回は、兼業主婦とはなにかをはじめ、
兼業主婦の楽しみや収入についてお話しました。

このご時世、兼業主婦の方が専業主婦よりも
はるかに多いと思います。

私も、早く社会に復帰したいと思っているので、
兼業主婦になれるように頑張りたいですね。

皆さんはどうでしょうか?

簡単に兼業主婦になりたいと言っても
仕事が見つからなければなれないですし、
また家事と仕事の両立は大変ですよね?

まずは、体力勝負だと思いますので、体づくりを
しっかりしておきたいと思います。

そして今から職探しもしておきたいと思います。笑

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする