授乳後ゲップの後吐くのは飲み過ぎ?ゲップの出し方と苦しい時の対処

赤ちゃんはゲップがとても下手です。

そのため、授乳後にゲップをさせますが、
ゲップをしたにもかかわらず吐いてる!なんてことありませんか?

飲み過ぎが原因なのか?と思いますよね(^^;

授乳後にゲップをしたにかかわらず吐くのはなぜなのか?

そこで今回は授乳後の吐き戻しについてみていきましょう!

スポンサーリンク
★目次

授乳後のゲップによる吐き戻しは飲み過ぎが原因?

授乳後にゲップをさせたのにもかかわらず吐くのは
飲み過ぎもひとつの要因です。
生後3ヶ月くらいまでは吐き戻しがとても多い時期です。

この時期の赤ちゃんは満腹中枢が未発達のため、
与えたら与えた分ガブガブ飲むため吐き戻してしまいます(^^;

初めての育児だと「泣く=お腹が空いた」と思い、
ついついあげすぎてしまいます…

私もそうでしたが、上の子のときは泣けば母乳を与えていました(^^;

出産した病院で「泣いたらおっぱいをあげてくださいね!」という言いつけを
忠実に守り、与えまくっていました(笑)

お腹いっぱいなのにまた飲むのかよ!と
赤ちゃんは思っていたかもしれません
本当はほかの理由で泣いていたんだと思いますけどね(*_*)

そのほかに、飲むのが下手な赤ちゃんは授乳時に
空気も一緒に飲み込んでしまいます。
そのため、ゲップを出したとしてもゲップと
一緒に飲んだお乳が一緒にあがってきます。

それが原因で吐き戻してしまうこともあります!

今まさに私がこの状態です(^^;

私の場合は母乳がたくさん出るうえ、
飲むのが下手なため空気も一緒に飲み込んでいます…

なので、ゲップのあとによく吐き戻しをしています。

本人は飲みたいけど、胃に空気があるし、
乳首からも大量にお乳が出てくるし、
待って!待って!という感じだと思います(^^;

もうひとつが赤ちゃんの胃はトックリの形をしているため、
飲んだお乳が逆流しやすいようになっています。
なので、ゲップという刺激を与えることで
簡単に吐き戻しをしてしまいます。

このような要因が吐き戻しへと繋がります。

何食わぬ顔で吐き戻している場合は大丈夫ですが、
吐き戻した後ぐったりしている、
噴水のように勢いよく吐き戻している場合は
すぐに病院に受診してください!

授乳後のゲップの出し方

授乳後のゲップの出し方はいろいろあります。

  • お母さんの太ももの上に赤ちゃんを座らせ、
    少し体を前かがみさせてあげて背中を優しくトントン、
    または下から上へ空気を持ち上げるようにさすってあげる
  • お母さんの肩のあたりに赤ちゃんのお腹あたりがくるように持ち上げて、
    背中を優しくトントンする
    肩のあたりで赤ちゃんのお腹を圧迫するような感じにしてあげると、
    ゲップが出しやすくなります◎
  • お母さんと赤ちゃんが向かい合って、
    首を片方の手で支え、
    片方の手で背中を優しくトントン、
    またはさすってあげる

だいたい5~10分くらいしてあげましょう。

それ以上は赤ちゃんもお母さんもしんどくなりますので、
上記の時間まではしっかり助けてあげましょう!

いろいろ試してみて一番やりやすい方法でゲップを
出してあげてください(^^)

首がすわるまでは、体全体がふにゃふにゃなので
支えるだけで大変ですが…(笑)

注意点としては、ゲップが出ないからと言って
背中をバンバンしてはだめですよ!

バンバンすることで頭に衝撃が伝わってしまい、
ゆさぶられたような状態になってしまします…

ちなみに私は太ももにのせて出す方法が一番出しやすいです◎

わが子はゲップを出すのが下手なので、
毎回授乳後のゲップを出すのは大変です(^^;

ですが、今では少しずつ上手くなりつつあります!

スポンサーリンク

授乳後にげっぷが出ず苦しい!どうしたらいい?

授乳後げっぷを出すように背中を優しくトントンしてあげるけど、
まったくげっぷが出てこない・・・しかも苦しそう(;’∀’)

どうしてあげたらいいのでしょうか?

授乳中に一度ゲップをさせてあげる

私もよくこれをしますが、意外とゲップが出ます。

一度出すことで空気が出るため、
胃の中がすっきりするためスムーズに授乳を行うことができます。

また、授乳中寝たとしても一度ゲップをしていますので、
吐き戻しの心配もしなくてすみます(^^♪

一度寝かせる

頑張ってゲップ出しをしたにもかかわらず出ない場合は、
一度寝かせてみましょう。
そうすることでゲップを出しやすくなります。
また、体を持ち上げた拍子にゲップが出たりします。

この方法を一度試してみてください!
ゲップが出ず苦しんでいるとこっちが息がつまりそうになりますよね(;;)

それでも出ない場合は、縦抱きでしばらくいてあげてください◎

体をゆらゆらしているとその反動で出てくることもあります。

なにをしてもゲップが出ず、
大量の吐く場合は病気が疑われることがありますので、
心配であれば一度病院を受診してください。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんの中にはゲップを出すことが上手い子と下手な子がいます。

上手いとなにも心配いりませんが、
下手だとどうしても手がかかります。

ですが、一時です(^^)

心配ばかりすると赤ちゃんに伝わりますよ!

おおらかな気持ちで育児を楽しんでくださいね(^^♪

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする