友引が入籍日だったら時間帯に気をつける?縁起を担ぐなら要チェック!

友引と入籍日が重なることを気にする方は多いですね。

友引のイメージが良くないのでしょう。

入籍は記念すべき始まりの日ですが、
そんなときカレンダーにをみたら入籍予定日に友引の文字が!

友引に入籍予定日が当たってしまうこともあるでしょう。

そこでこの記事では、
友引に入籍をするのは良くないのか?

を解説します。

この記事を読んで、
スッキリした気持ちで入籍を済ませ、
新生活へのスタートを切りましょう!!

スポンサーリンク

友引と入籍日が重なったらやめたほうがいい?

結論から言いますと、

友引に入籍するのはまったく問題ありません!!

普通に入籍してしまいましょう!!

なぜかと言えば、
カレンダーの友引は、
日本の文化となんら関係がないからです!

なので、
カレンダーをみて入籍予定の日に「友引」と書いてあったからと言って、
気にする必要はないのです。

それでも友引を気にするなら?

それでも友引が気になるなら仕方ありませんね。

それでも友引が気になるなら、
時間帯に気をつければ問題ありません。

友引は、正午をはさむ2時間(午前11時から午後1時)が凶になっています。

朝早めか、午後余裕を持って役所に提出すれば問題ありませんね。

そもそも友引は、
六曜の中では大安に次いで二番目に良い日とされています。

仏事は良くないけど、
祝い事は良しともされています。

入籍はどちらかと言うと、
祝い事の方に入るのではないでしょうか?

だったら、
友引に入籍予定日が当たるのは、
むしろ好都合であると言えますね!

カレンダーの友引の意味ってなんなの?

友引に入籍するのは問題ない、
友引は気にするなと言いましたが、

じゃあ友引ってどんな意味があるのか?
について解説します。

カレンダーにある友引は、
いわゆる六曜の中の友引です。

六曜とは、鎌倉時代に、
中国から伝わってきた、
時刻に関する占いの一種です。

しかし六曜は、
日本に伝わってきた当初から、
とにかくマイナーで、

江戸時代くらいからやっと一般に浸透してきたくらいでした。

六曜がカレンダーに書かれ、
今ほど気にさせるようになったのは、
明治時代とけっこう最近なんです。

それまでカレンダーに書かれていた、
占いの類いが明治政府によって禁止され、
その事でカレンダーが売れなくなってしまいました。

しかし、そのときの六曜は、
明治政府の規制に引っ掛からないくらい超マイナーだったので、

他の占いと違いカレンダーに書き込むことが出来たんです。

それまでカレンダーに書かれていた
他の占いにとって代わり、
六曜は一気に広まりました。

結局はカレンダーを売るために、
一企業が法に引っ掛からなかった六曜を使っただけの話です。

友引の字面から来る
「友を引く」とかは、

それ以降に後付けで冠婚葬祭に最近結び付けられたモノなんです。

そもそも六曜自体が日本文化と関係がないですから、
友引も気にすることはないんです。

朝のテレビや雑誌でやってる、
星座や血液型占いと程度は変わりません。

友引についてもっと知りたい方は、
こちらの記事をどうぞ。

友引とは何?今は意味が混同されて間違っている!良い時間帯と冠婚葬祭
友引とは何か? 友引と言う言葉は聞いたことがあっても、 普段いまいち深く考えたことは無いですよね。 そこでこの記事では、友引とは何...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする