ついに臨月に突入!!陣痛が始まる兆候ってどんな感じ?

妊娠10か月目を迎えてついに臨月に突入。

もうすぐ赤ちゃんに会えますね。

妊娠37週を過ぎるといつ産まれてもおかしくない状態です。

そんな時期に気になるのは

やっぱり、いつ産まれるのか?ですよね。

特に初産の方は

「陣痛ってどんな感じだろう?」

「産まれる前に兆候ってあるの?」

なんて心配になりますよね。

そこで、ここでは陣痛が始まる兆候を

いくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ついに臨月!陣痛の兆候は?

陣痛はお産のために

子宮が収縮することによっておこります。

予定日が近づくにつれて

おなかの張りが頻繁になってくるのも

そのためなんですね。

陣痛の始まりはその張りが

規則的に起こるようになったものです。

産院で何分間隔になったら

病院に連絡するように言われると思います。

だいたい10分間隔くらいになると本格的な陣痛の始まりです。

逆に頻繁に張りがあるけど間隔がバラバラ、

という場合は前駆陣痛といいます。

この前駆陣痛も本格的な陣痛の始まる兆候と言えます。

前駆陣痛が始まってから本格的な陣痛が起こるまでの期間は

人によって様々なようです。

1か月くらいかかる人もいれば

その日に陣痛が来ることもあります。

でも、確実にお産が近づいている証拠

ということに間違いはないですね。

前駆陣痛と本格的な陣痛の違いが分かるか不安…

という場合は

陣痛かな?と思ったら痛みの間隔をはかる癖をつけておくと

良いと思います。

臨月に入ったら陣痛計測アプリを

スマホにダウンロードしておくとよいですね。

次におしるしです。

おしるしはおりものの中に薄く血が混ざって出てきます。

血が出てきてびっくりするかもしれませんが、

これは子宮口が開き始めている証拠なので驚かなくて大丈夫です。

ただし、生理の時以上に出血するなど明らかに異常な出血は

必ず病院へ確認するようにしてくださいね。

おしるしはきてから、数日以内に出産になる場合が多いようですよ。

3つ目は破水です。

通常は子宮口が全開になってから破水しますが、

前期破水といって早めに破水することがあります。

一気にバシャッと出る場合もあれば

尿漏れと間違えるくらい少量の場合もあります。

いきなり破水して慌てないように、

臨月に入ったら夜用のナプキンを持ち歩くようにするとよいですね。

そして、破水の場合は感染のリスクがあるので

必ず病院へ連絡しましょうね。

そのほかの兆候としては、

  • おなかが下がって食欲が増す
  • 恥骨痛がでる
  • おりものが増える
  • おなかが緩くなったり便秘が解消する

などが多いようです。

いずれにせよ、確実にお産が近づいてきている気配を

だんだん感じてくると思います。

いつ出産になっても大丈夫なように

準備を万全に整えておきたいですね。

陣痛の兆候がなかなかこない

臨月に入り早く赤ちゃんに会いたいのに

陣痛が来ない、兆候すらない、と

あせる方も多いかもしれません。

結論から言うと、

兆候が来ないまま産まれる場合もたくさんあります。

安心してくださいね。

本当に兆候と呼ばれるものがない場合や、

陣痛が来るとほぼ同時におしるしがある場合などです。

また、兆候があっても気づいていないということもあります。

おしるしがあっても量が少なすぎて見逃す場合や、

破水していても尿漏れと勘違いしている場合などです。

また、張りが分かりづらい人は

前駆陣痛に気づいていないこともありえます。

前駆陣痛に気づいていないなんて陣痛に気づけるの?

なんて心配はいりません。

定期的におなかや腰が痛みますし、

時間がたつにつれて我慢できないほどの痛みになっていきます。

初産の方はこの段階で病院へ行っても

間に合いますので大丈夫ですよ。

また、予定日を過ぎて産まれる可能性も大いにあります。

兆候がなくても、

まだ赤ちゃんの準備が整っていないだけかもしれません。

陣痛が来る気配がないからといって心配せず、

赤ちゃんのタイミングをのんびり待ってあげましょうね。

スポンサーリンク

陣痛が始まる時間帯はいつが多いの?

陣痛の兆候があった人もない人も、

いつどこで陣痛が始まるのかが気になりますよね。

ドキドキで出かけるのも心配…

という人もいるのではないでしょうか?

じつは、陣痛がいつ始まるのかを調べて

統計が出されている研究もあるんです。

結果は、夜が多いとのこと。

特に夜1時から5時くらいの夜中に

陣痛が始まる妊婦さんが多いとのことです。

陣痛はリラックスしているときに起こりやすく、

夜寝ているときに陣痛が始まりやすいそうですよ。

実際、筆者も夕方ころから陣痛が定期的になりだし

夜中の2時ころに出産となりました。

もちろん、夜始まるとは限りませんが、

ちょっと頭に入れておくと心の準備がしやすいですね。

まとめ

臨月は早く赤ちゃんに会いたいワクワクと

陣痛へのドキドキ感でいっぱいですよね。

陣痛の兆候が表れたら

落ち着いて陣痛を待ってください。

兆候がなくても赤ちゃんは自分のタイミングで

出てこようとするので安心を。

お産が夜中になっても良いように

準備はしっかりしておきましょうね。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする