赤ちゃんの人見知りはいったいいつから?人見知りしないためには!

「あれ?この前までは他の人に

抱っこされても大丈夫だったのに!?」

なんて思ったことのあるママは

多いのではないでしょうか。

他の人に抱っこされたり、

顔を見ると急に泣くようになってしまった。

それは赤ちゃんに「人見知り」が

始まった証拠です。

今回は赤ちゃんの人見知りが始まるのはいつからなのか、

人見知りの原因や対処法などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの人見知りはいつから始まるもの?

赤ちゃんの人見知りは一般的に、

生後6ケ月ごろから始まります。

早い子では生後5ケ月ごろから。

人見知りが始まる時期は個人差も大きいため、

絶対に生後〇ヶ月からするというわけではありません

生後7~8ケ月から始まる子もいれば、

1歳前後から始まる子もいます。

逆に、全く人見知りをしないという子もいます

そして大体2歳頃には落ち着くケースが多いようです。

赤ちゃんの成長スピードは一人一人違うので、

「うちの子は人見知りをまだしないのだけれど…」

と心配になっても焦らずに様子を見るようにしましょう。

赤ちゃんが人見知りをする原因は?

突如人見知りを始める赤ちゃん。

それは赤ちゃんの心と体の成長過程に

原因があるといわれています。

人の区別がつくようになる

生後5~6ケ月ごろというのはちょうど

目がはっきりと見え始め、

色や形の認識が付き始める時期です。

ママやパパ、その他の人の区別がつくようになってくるため、

人見知りが始まる赤ちゃんが多いようです。

また、記憶力が発達してくるため、

見慣れた顔と見たことのない顔を

見分けることができるようになってきます。

しかし、赤ちゃんの記憶力はゆっくりと成長していくもの。

見慣れた顔でもいつもはしていない

メガネやマスクをしていると知らない顔と

認識されてしまうこともあるので注意しましょう。

心の成長

赤ちゃんの心は日々成長していきます。

「近づきたい」気持ちと「怖い」と感じる気持ちが芽生え、

その感情の間で葛藤することにより人見知りが

起こると言われています。

つまり、人見知りが始まったということは

赤ちゃんの中に「好奇心」「恐怖心」という感情が増えた

喜ばしい証拠でもあるわけです。

周りの感情を読み取っている

赤ちゃんはママが思っているよりも

周りの空気を読み取っています。

特にいつも側にいるママのイライラや緊張・不安など、

赤ちゃんはとても敏感に感じているものです。

いつも以上に人見知りが激しい時、

もしかするとママや周りの雰囲気が

影響している可能性があります。

赤ちゃんの泣き方がいつもと違うなと

思う時は周りの環境やママの精神状態を

気にしてみてあげて下さいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの人見知りを治す方法は?

人見知りは成長と共に落ち着いていくもの。

無理に治す必要はありません。

ましてや病気でもないのですから

必要以上に心配する必要もありません

人見知りというとマイナスイメージに捉えられがちですが、

人に興味があるからこその行動でもあるといわれています。

また泣いた…とあまり考えすぎると余計に疲れてしまいます。

人見知りは赤ちゃんの成長の証、そのうち収まるものです。

あまり感情的にならず、

いつか収まるのだからと気楽に考えましょう。

赤ちゃんが人見知りした時の対処法は?

人見知りはいつか収まるものですが、

ちょっとした対処法を知っておくだけで

ママの気持ちにもゆとりが出るはずです。

人見知りの時期を乗り切るための対処法をいくつかご紹介します。

赤ちゃんへの声掛けを忘れずに

慣れてない人に合わせる時、

ママは優しく赤ちゃんに話かけてあげて下さい。

この人はいい人だよ、

優しいんだよとママが赤ちゃんに教えてあげましょう。

ママが信頼している人、仲のいい人なのだと伝われば、

赤ちゃんも安心することができます。

周りに人見知りだと伝える

目が合っただけで泣かれてしまうと嫌

われたのかとショックを受ける人もいます。

そんな時は「人見知りが激しくて…」と

はっきりと伝えましょう。

赤ちゃんの現状を伝えることで

周りへのフォローにもなりますし、

子育てを経験した人であれば大変な時期だよねと

共感してくれるはずです。

時間をかける

ママ以外の人と慣れたり、

顔を覚えるのには時間がかかるものです。

初めて会う人に泣くのはしょうがないと割り切り、

時間をかけてゆっくりと

慣れてもらいましょう。

何度も会っているうちに顔を覚え、

赤ちゃんとの距離も徐々に縮まっていくはずです。

月齢の近い子と遊ばせる

赤ちゃんの負担にならない程度に、

公園や児童館、月齢の近い子が多く集まる場所に

連れていってみましょう。

赤ちゃんは子供同士で遊ぶことにより他人との

関わり方を学んでいきます。

また、産まれた時から多くの人と触れあうことにより、

人見知りが少なくなることもあるそうです。

外に出かけることはママにとっても

ママ友を作る機会に繋がったり、

他のママと話すことでストレス発散にもなりますよ。

まとめ

赤ちゃんの人見知り…大変ですよね。

大半の赤ちゃんは通る道だと思います。

人見知りが始まる時期、激しさは赤ちゃんによりけりですが、

原因と対処法を知っておけば、

少し気持ちにゆとりをもって

対応できるのではないでしょうか。

ママ・パパのとっては頭を抱えたくなるほど大変な時期ですよね。

しかし、これも我が子が立派に成長している証。

あまり事態を深刻に捉えず、

今だけだと気楽に受け止めてあげましょう。

赤ちゃんの成長はあっという間です。

人見知りで困った時期もあったなと

笑い話に出来る日がすぐにくるばずですよ!

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする