子宮口を柔らかくする方法を伝授します!お茶や食べ物の効果は?

出産前になるといつ陣痛が始まるのかドキドキしますよね?

そもそも子宮口が開かないと陣痛も始まりません。

私は、毎回の検診で子宮口がどの程度開いているのか
先生から言われるのが楽しみでしたね。

そこで今回の記事では、
子宮口を開くために柔らかくする方法についてご紹介します。

私の場合は、これらの方法で効果を感じたので、
ぜひ参考にして下さい!

スポンサーリンク
★目次

子宮口を柔らかくする方法について

まず、子宮口を柔らかくする方法はいくつかあります。

自主的に運動する方法か注射でも子宮口を柔らかくすることができます。

運動は、積極的に歩くことやスクワット、
階段の上り下りやぞうきんがけなどが有効的です。

私も臨月になった後は、毎日積極的に運動を行いました。

毎日1万歩歩くことを目標とし、
家でもスクワットや雑巾がけなど行いました。

その他、お風呂上りにストレッチをしたり、
三陰交(くるぶしの上あたり)のツボ押し、
お灸も行ったりしましたね。

結果的に39週1日目で出産できたので、
初産にしては早い方だと言われました。

次に、注射でも子宮口を柔らかくできます。

打つ時期は病院によっても変わってくるかもしれませんが、
私の病院では38週から行えました。

しかし私も注射を打つ方向でしたが、
赤ちゃんの状態が微妙だったので、
結局は注射をうつことができませんでした。

子宮口を柔らかくする注射を打つことで、
注射により陣痛が始まる人もいるようですよ!

人により効き目も変わってくるみたいですが…。

何より運動をしていれば子宮口が柔らかくなり陣痛に繋がるので、
お腹が重くなり大変かと思いますが、
出産を軽くするためにも、
無理の無い程度の運動を頑張りましょう!!

子宮口柔らかくすると言うお茶があります!

子宮口を柔らかくする方法は運動や注射が有効のようですが、
飲み物でも柔らかくすることができます。

そのお茶とは「ラズベリーリーフティー」です。

ハーブティーですね!

こちらは陣痛が始まり安産になるお茶としても有名です。

詳細は、バラ科のヨーロッパ木イチゴの葉を乾燥させたものです。

成分は、タンニン・ビタミンC・ビタミンB群・ミネラル・カリウムなどが
含まれているので、妊婦さんにぴったりな成分のようです。

私は飲んだことがありませんが、
友達は臨月後に毎日飲むようにしていたそうです。

味は甘すっぱいとのこと。

ローズヒップティに似ているようですよ!

また、子宮や腰回りの筋肉を強化するような成分も
含まれているようなので、
妊婦さんは積極的に飲むことをおすすめしているようです。

ラズベリーリーフティを飲んでいた友達は、
結果的に予定日よりか出産が遅れたので
効果があったかどうかは言えませんが、
人により陣痛が始まりやすくなるようですよ!

安産になるというジンクスもあるようなので、
あやかりたいですよね!!

スポンサーリンク

子宮口を柔らかくする食べ物ってあるの?

飲み物ではラズベリーリーフティがよいとのことでしたが、
食べ物ではどんなものが子宮口を柔らかくする効果あるのでしょうか。

ジンクスもあるようですが、焼き肉やカレーなど、
がっつりとした食べ物がよいようですよ。

臨月に焼肉を食べると陣痛が来るという話は有名ですね。

出産は体力勝負ですので、
体力をつけておくためにも肉やカレーなど
男飯のような食べ物がよいのだと思います。

私も臨月に入り、肉を積極的に食べるようにしていました。

臨月に入りより食欲も旺盛になったので、
毎日お肉など食べていましたね。

陣痛から出産まで約4時間と安産にはなりましたが、
出産は本当に体力勝負だなと身をもって実感しました。

産み終えた後は、もう声も出せないほど疲れ切ってしまったほどです。

なので、しっかりと体力をつけておくことがベストだと思いますね。

まとめ

今回は、子宮口を柔らかくする方法について、
子宮口を柔らかくなるお茶や食べ物についてもお話しました。

方法としては積極的に運動を行うことが一番だと思います。

産院の先生にもとにかく運動をしてください!と言われました。笑

私は初産だったので特に言われたのかもしれませんが、
出産を軽くするためにも動きまくってお腹を張らせた方がよいようです。

もちろん注射でも柔らかくできますが、
自然な形で子宮口が柔らかくなるのがベストだと思いますね。

その他、ラズベリーリーフティを飲み、
お肉をたくさん食べて体力を備えておくことがよいと思います。

出産は体力勝負なので、
しっかり体力づくりを行った方がよいと思います。

間もなく出産を迎える方は、
早くわが子に会いたい気持ちといざ出産となるとドキドキしていると思います。

出産は大変ですが、
わが子に会えた時は感じたことがないほど幸せな気持ちでした。

応援することしかできませんが、
頑張れば終わりはくるので、
安産になることを祈っています!!

今回の記事が少しでもお役に立てると嬉しいですね。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする