アルバム写真のスッキリ整理整頓術!大量の思い出画像仕分け術

みなさん、携帯で写真を撮ってから

プリントアウトはしていますか?

最近のスマートフォンは簡単で

なおかつ画質も綺麗なので、

お子さんや日常のあれこれなどを

パシャパシャ撮ってしまいますよね。

そして、カメラのデーターフォルダーが写真で

溢れかえって大変なことになっている方も

多くいるかと思います。

でも、全部をプリントするなんて手間もお金もかかるし…と

ほったらかしにしているのではないですか?

今回はそんな写真で溢れかえっている

データーフォルダーの写真を、

プリントして簡単にアルバムを作るやり方や

おすすめなどをご紹介していきます。

スポンサーリンク

アルバムにして写真整理!大量のデータをスッキリ!

スマートフォンのデーターフォルダーや、

とりあえずプリントしたけどアルバムにするには手つかず…

なんて方は多くいると思います。

特に、お子さんがいるご家庭では成長の記録として、

シャッターを切る回数は増えていくはずです。

そして、きちんと記録して何年後かに見返せるように

綺麗にまとめたいのに家事に育児にで

手がまわらないのが主婦なのです。

私も実際にそうでしたが、

少しのルールを決めるだけで

簡単で綺麗に大量の写真が整理できてしまうのです!

そして最大のコツは1年に1冊の

アルバムで収納する!ことなのです。

1年に1冊なんて、写真が全部入りきらないし…

そう思っていませんか?

ですが、安心して下さい。

使うアルバムは見開き12枚、

写真が入るタイプのアルバム。

1ケ月に12枚、L版サイズで印刷したい

「とっておき!」の写真を選びます。

そして、どんどん写真をポケットに収納して下さい。

それだけです!!

その他の写真はA4サイズのインデックスプリントなどにして

1コマを小さくしてまとめて印刷します。

そうすれば、捨てたくはない写真も

捨てずに取っておけるのです。

インデックスプリントはパソコンで作る場合、

Windowsなら「Vix」、Macなら「iPhoto」

日付なども入れられるのでおすすめです。

スマートフォンで作りたい場合は、

お近くのコンビニで印刷できます。

子供の写真整理に便利なアルバムは無印にあった?!

先ほどは、1年に1冊のアルバムでの

整理方法をご紹介しました。

そのやり方にピッタリなアルバムが

お手頃なお値段で手に入るメーカーが

あるのでご紹介しますね。

それは「無印良品」の

「ポリプロピレンアルバム 264枚」です。

無印なら、わりと手に入りやすいですし、

通販もやっているので大量購入も出来ます。

しかも魅力的なのが264枚も写真が入れられて、

税込550円という安さ!

そして収納するときに幅があると、

置き場所に困ってしまいますよね。

このアルバムは、閉じたときの厚さが15mしかないので、

10年続けても15cmにしかならないのです。

見開き12枚入るので、1ケ月に12枚と

先ほどはご紹介しました。

しかし、264枚も入るのでもっとL版サイズに印刷したい方は

最高でも22枚まで1ケ月分に収納可能です。

私の場合は、1ケ月12枚にして幼稚園で

購入した写真や行事などで

写真を多く撮った時には枚数を増やしています。

また、成長の記録などコメントや文章を入れて

残したい方もいると思います。

その場合、月の初めの1枚になん月などのカードを入れて

そこにコメントなどを書くスペースとして使ってみて下さい。

のカードはパソコンが得意であれば、

パソコンで作るのもよし。

色画用紙で切り、シールなのでデコレーションしてもよし。

ネットショッピングで探すと、

お安く購入できるので買うのでもOKです。

そして、無印のこのアルバム。

使い勝手、値段、購入しやすさ、

すべて満点なのですが、一つ注意点があります。

実は、L版サイズの写真用なのですが

1マスが少し大きめに設計してあり、

ページをめくるたびにズレるのです。

なので、画用紙を写真のサイズに切り

写真の間に挟んでいます。

ズレが気になる方は、やってみて下さいね。

スポンサーリンク

アルバムの写真整理におすすめ商品をご紹介

先ほどは無印のアルバムをご紹介しましたが、

他のおすすめアルバムもあるのでピックアップしました。

セキセイ フォトアルバム 〈高透明〉L版 240枚収納

こちらのセキセイのアルバムは、

購入する場所などにもよりますが1,000円前後の価格です。

ですが、こちらのアルバムの

おすすめポイントはポケットの透明度です。

写真をポケットに入れたときに、

透明フィルムに濁りがなく高光沢な質感になっているのです。

そして、こちらも写真が見開き12枚入るので

1年に1冊アルバムを作るにはピッタリのアルバムなのです。

増やせる台紙アルバム

メーカーや商品の名前ではないですが、

ごく一般的に使われているペリペリっと

透明フィルムを剥がして

間に写真を挟み込むタイプのアルバムです。

作者は1年に1冊アルバムの他に

このタイプも併用して使っています。

家族でお出かけ先で購入した家族写真だったり、

写真館などで写真を撮るとL版サイズよりも

大きめの写真として現像しますよね?

その大きめサイズの写真は台紙アルバムにまとめています。

このタイプはサイズの縛りがないので、

どんなサイズでもOKなのです

まとめ

いかがでしたか?

写真はまとめなければ、

溜まっていく一方です。

なので1年に1度、整理整頓して

スッキリとアルバムにまとめましょう。

家族団らんの際にでも、

みんなで見返してみて下さいね。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする