焼き芋の作り方はオーブンやレンジで!簡単ねっとり食感が好きな方必見!

冬に食べたくなる、おいしい焼き芋。

みなさんは、お家で焼き芋を作ることはありますか?
甘くて美味しい焼き芋は、
食物繊維やビタミン、
ミネラルが豊富なんですよ。

さらに、さつま芋はじっくりと
時間をかけて火を通すことで、
栄養や甘みもさらにアップします。

そんな焼き芋が自宅で作れたら嬉しいですよね!

今回は、そんな焼き芋を自宅にあるものを
使って作る方法を紹介します。

スポンサーリンク

自宅で作れる焼き芋の作り方!オーブンがあれば十分簡単レシピ

オーブンが自宅にある方には、
嬉しいお知らせです。

温度や時間が細かく調整できるオーブンは、
焼き芋作りにとっても適した道具です。

それでは早速、
オーブンで本格焼き芋の作り方を
見ていきましょう。

・材料

さつま芋 1本 アルミホイル
新聞紙 (なければキッチンペーパーでも代用できます)

・作り方

さつま芋を水洗いします。
そこに湿った新聞紙でピッタリと覆います。

新聞紙の上からアルミホイルで
隙間なく包みます。

オーブンに入れて余熱なしで
160℃で90分焼きます。
焼き終わったら10〜15分ほど放置し、
竹串を刺して柔らかければ出来上がりです。

とっても簡単に焼き芋を作れちゃいます。
上記の作り方以外にも、
人によって作り方はさまざまです。

オーブンで焼き芋作る決め手は温度と時間設定です。

オーブンがなくても大丈夫!焼き芋の作り方 レンジでサクッと作れます

焼き芋を自宅で作りたくても、
オーブンがないという方ご安心ください。
焼き芋はレンジでも作ることができます

下記に、レンジで作れる焼き芋の
作り方をいくつか紹介します。

・レンジの焼き芋の作り方1

洗ったさつま芋を濡れたキッチンペーパーでくるみその上から新聞紙でくるむ。
電磁波がいきわたるようにお茶碗にさつま芋を乗せて600Wで1分30秒加熱する。
その後、解凍モードにし、20分。

・レンジの焼き芋の作り方2

さつま芋を水できれいに洗います。

さつま芋をキッチンペーパーで包み
全体を水でしっかり濡らします。

さつま芋をサランラップでしっかり固定し、
お皿に乗せて電子レンジで加熱する。
400W 7分
500W 6分
600W 5分
700W 4分
1000W 3分

・レンジの焼き芋の作り方3

さつま芋を濡らした
キッチンペーパーで包みます。

さらに上からラップで包み、
レンジ600Wで5〜6分加熱する。

加熱途中で、一度上下を返して
焼きムラを防ぎます。

どれも最初の手順は変わりませんが、
やはり決め手は何分加熱するか
いうところにあるようです。

さらに忘れてはいけないのは、
焼き芋をアルミホイルや新聞紙で包むこと。

アルミホイルと新聞紙、
両方使うとねっとりした
スイートポテトが楽しめます。

スポンサーリンク

美味しい焼き芋の作り方教えます!ねっとりした焼き芋がお好みの方は必見です

焼き芋はねっとり派という方、
ここでは焼き芋を美味しく
ねっとり仕上げる作り方を紹介します。

オーブンを使ったねっとり焼き芋

さつま芋を洗い、濡らしたキッチンペーパーでくるむ。

上からさらにアルミホイルで包みます。

180℃のオーブンで余熱なしの状態から
1時間40分程度焼きます。

オーブンの扉を閉じたまま、
さつま芋を手で触れる温度になるまで
余熱でじっくり蒸す。

レンジを使ったねっとり焼き芋

さつま芋を水で洗います。
新聞紙でくるみ、
レンジを800Wにして1分。
解凍に切り替えて、
15分ほどして出来上がり。

炊飯器で作るねっとり焼き芋

さつま芋を水で洗います。
炊飯器にさつま芋を入れ、
水をさつま芋の半分の高さになるまで入れます。

炊き込みボタンを押して、炊飯スタート。

炊けたら蓋を開けずに1時間以上保温。

土鍋でねっとり焼き芋

さつま芋を洗います。

キッチンペーパーで水気を取った後、
アルミホイルでしっかり包む。

アルミホイルに包んださつま芋を
土鍋に入れ、蓋をしてとろ火で焼きます。

注意事項として、決して強火にしないこと。

1時間20分程度たったら完成。

ポイントは、20分おきに土鍋の蓋を開けて
さつま芋ひっくり返しながら様子を見ましょう。

トースターでねっとり焼き芋

さつま芋を水でしっかり洗います。
さつま芋にアルミホイルを巻き付けます。

アルミホイルがなければ、
そのままトースターに
入れてもオッケーです。

トースターを約800W〜850Wに設定します。

さつま芋を入れて20分加熱すれば
出来上がりです。

安納芋を使うとさらに
ねっとりした焼き芋が作れます。

他にもシルクスイート、
紅はるかもおすすめです。

他のお芋でもねっとりした焼き芋は作れますが、
特にこの3種類のお芋は甘さと、
ねっとり感を持つお芋です。

ちなみに甘くてホクホクした焼き芋がお好みなら、
紅あずま・紅乙女・紅さつま・坂出金時がおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
時間を気にせず、
じっくり美味しい焼き芋を作るならオーブン。

時間短縮して作るなら電子レンジ。
どちらも味の決め手は加熱時間です。

自分のお好み加熱加減を
研究してみるのもいいですね。

また、色んな種類のさつま芋を使ってねっとり、
甘々、ホクホクな焼き芋を自宅で
楽しんでみてくださいね。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする