離乳食後期の食事はいつから与えてもいい?食材とレシピも紹介!

離乳食を始めたころは10倍がゆから
スタートでしたが、後期にもなると
だんだん大人のご飯と
変わらなくなってきますよね。

とは言ってもまだまだ気を
使わないといけません!

いざ離乳食を始めていくとどの
タイミングでステップを踏んだらよいか
わからなくなるときありますよね?

そこでどのタイミングで後期の食事に
切り替えればいいのか、
また使える食材などを
まとめてみました(^^)

スポンサーリンク

離乳食の後期はいつからはじめたらいいの?

一般的に離乳食後期は
生後9ヶ月からと言われています。

あくまでも目安なので、
生後9ヶ月になったからと
いって始めなくていいですよ◎

生後9ヶ月といっても
まだまだ消化器官は未熟です。

噛めていなかったりすると、
いくら対象月数になっていても
体には負担になります。

しっかり噛めているか
確認してあげてくださいね!

我が子は離乳食自体に食いつきが悪く、
ご飯も最初だけおかゆにしただけです^^;

なので、とちらかと言えば私が
食べる硬さのご飯を好んで
食べてくれていました。

本来はこのままだと
消化器官に負担がかかりますが、、、

幸い、我が子は歯がたくさん生えていて
噛むことができていたので、
その点は安心していました(^^)

私の子供のように、
きれいに離乳食を進めることが
できないお子さまもいると思います。

うまく進まないとお母さんも
イライラしてしまいますが、
温かく見守ってあげてくださいね

イライラしながら食べさせると、
雰囲気も悪くなりますし
食事自体楽しくないと思ってしまいますからね…

母子ともに楽しい時間にしてくださいね(^^)

後期の硬さは歯ぐきで
噛める程度の柔らかさです。

そして、大きさは5〜6mm
切ってあげましょう!

では、つぎで後期で使える
食材をお教えしますね〜♪

離乳食後期から使える食材たち

ではさっそくみていきましょうー!

野菜類
にんにく、しょうが、ニラ、
ねぎ、すりごま、きのこ、ひじき

野菜は初期から使えるものが
ほとんどなので、
後期から使える食材は
限られています。

上記であげた野菜は
刺激が強かったり、
トッピングに使われる
野菜ばかりです。

こんなものも使えるのか〜程度で◎

それに赤ちゃんが嫌がる
傾向があります。

ごま程度であれば嫌がらずに
食べてくれますよ(^^)

ただのごまはまだ早いので
やめてあげてくださいね!

果物類
キウイフルーツ

果物も初期から使えるものが
ほとんどなのですが…
意外とキウイフルーツが
ダメだったりするんです!

どこが?と思いますが…
じつはキウイフルーツの種に
問題があるんです。

アレルギーを起こしやすかったり、
ごまみたいにすりつぶせないので
消化が悪かったりします。

一応使えますが、
不安であれば使わなくていいですよ!

魚介類
青魚、しゃけ、赤身魚、えび

青魚やえびは、栄養があるため
親としては食べさせてあげたいですよね!

ですが、アレルギー問題があるため
少量からスタートしましょう。

青魚はアレルギーのほかに骨も
気をつけてあげましょう!

喉や口に刺さったら痛いですからね(TT)

肉類
ひき肉、モモ肉、牛赤身

脂の少ない鶏肉になれていれば
少量からスタートしましょう。

アレルギーの問題はありませんが、
お肉なので脂肪がついています。

脂肪はまだ体に負担がかかるので、
取り除いてあげてくださいね!

すでに加工されたひき肉は
脂肪分が多いです。

脂身を自分で
取り除けるモモ肉などの
薄切りのお肉をミンチに
してあげてはどうでしょうか?

炭水化物類
ホットケーキ、そば

アレルギーの問題があるため
少量からあげましょう!

ホットケーキは一見食べやすそうに
見えますが、意外と弾力があるので
噛めるようになってからにしましょう。

使うときはベビー用の
ホットケーキミックスを
使いましょう♪

私たちが食べる
ホットケーキミックスは
添加物が多いので、
あげないでくださいね!

調味料類はこのあたりから
いろいろ使えるようになります(^^)

ですが、この時期から
使えるからといって
使い過ぎには気をつけましょう!

子供の体は小さいですからね!

スポンサーリンク

離乳食後期のレシピ紹介

後期にもなると
手づかみで食べ始めますので、
手づかみしやすいように
作ってあげてみてはどうでしょうか?

我が子がよく食べた
レシピを少し紹介しておきますね(^^)

手づかみチキンナゲット風
(材料)
鶏ひき肉 150g、絹どうふ 70g、塩 少々、片栗粉 適量

調理する前に豆腐は
水分をよく切っておきましょう。

・鶏ひき肉と豆腐をボールに入れ混ぜます。
・混ぜたら、塩と片栗粉を入れます。
・材料がすべて混ざったら、
形を整えて油をしいたフライパンで中火で焼きます。
・両面きつね色に焼けたらOK

塩の代わりに
ベビー用コンソメを使うのもOK

また、少量の無添加ケチャップも◎

大人にもおすすめです♪

手づかみお好み焼き
(材料)
薄力粉 大さじ3、牛乳 大さじ1、野菜 好きなもの

・上記も材料をすべて混ぜます
(野菜は先にゆでておいたりすると楽ですよ!)
・フライパンに油を少量しき中火で焼いていきます。
・焼いたら冷まし、食べやすい大きさに切ったりします。

もちろん卵を使っても
大丈夫ですよ(^^)

栄養バランスがとてもいいので、
野菜が苦手な子でも
食べてくれるのではないでしょうか?!

まとめ

いかがでしたか?

後期にもなると大人と同じように
3回食になるため、
お母さんも作るのが大変になりますが。

ですが、その分使える食材や
調理法も幅広くなるため
少しは作るのが楽しくなるのでは
ないでしょうか?

一番はお子さまの様子を
見ながら進めてあげてくださいね!

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする