授乳中の食べ物で良いものとは?母乳に悪いと言われる食べ物もご紹介!

授乳中は、食べ物にも気を遣いますよね。

筆者も完全母乳でしたが、どんなものを食べると良いのだろうかと
考えながら食事を摂っていました。

自分の食事に気遣い、できるだけ質の良い母乳をあげたいと
思っているママは大勢いらっしゃると思います。

授乳中に食べると良いと言われるもの、逆に悪いと言われるものがあります。

この記事では、どちらの食べ物についてもご紹介します。

また、母乳の出に悩まれている方のために、母乳がよく出るような
食べ物についてもご紹介します。

授乳中の食事について悩まれている方は、是非この記事を読んで、
母乳に良いものを食べてくださいね。

スポンサーリンク

授乳中の食べ物で良いものとは何か?

母乳はママの血液からできています。

ママが食べる食べ物によって母乳の出が良くなったり、
乳質が良くなったりします。

ここでは、授乳中に食べると良いと言われているものをご紹介します。

米類

米類は白米が一番良いとされています。

穀物類

うどん、そば、そうめん、米粉パンが良いとされています。

食パンは脱脂粉乳や卵入りもあるので、できれば米粉パンに
置き換えるのが良いです。

お子さんにアレルギーの疑いがある場合は、
小麦製品やそばなどに十分注意しましょう。

タンパク源

肉類は、鶏ささみや豚の赤身など、脂身の少ない部位のお肉が良い
とされています。

魚類は、白身魚(カレイやタラなど)が良く、肉類同様、
脂身の少ないものが良いですよ。

貝類や小魚類、豆類も食べると良いものです。

海藻類

わかめ、昆布、ひじき、あらめ、もずくが良いとされています。

野菜類

根菜類(大根、人参。ごぼうなど)が良いとされています。

油類

えごま油、しそ油、なたね油が最もおすすめです。

ごま油、オリーブオイルも良いとされていますが、
過剰摂取しないように気を付けましょう。

飲み物

麦茶、ドクダミ茶、タンポポコーヒー、タンポポ茶、ルイボスティー、
杜仲茶が良いとされています。

菓子類・砂糖類

赤ちゃん用のベビースナックやアレルギー用のお菓子が良いとされています。

砂糖類は一温糖やてんさい糖を使うと良いでしょう。

授乳中の食べ物で母乳に悪いものとは?

母乳に良い食べ物とは対称的に、母乳に良くないと言われている
食べ物もあります。

これからご紹介します。

主食

米類では、もち米、玄米、赤飯が母乳に良くないとされています。

もち米は、乳腺がつまりやすい人は要注意です。

昔は、母乳に餅が良いとされていましたが、
現代では違った見解になってきているようです。

白米を使っても、カレーライス、ハヤシライスは、
あまり母乳に良くありません

菓子パンやドーナツもそうですが、油をたくさん使っているものは
血液をドロドロにしてしまいます

ラーメンやパスタも、つなぎに油脂類を使用していますよ。

ハンバーガーなどのファーストフード類も控えた方が良さそうです。

乳製品

乳製品は、できるだけ摂取しないことが望ましいとされています。

牛乳、生クリーム、バター、アイスクリーム、チーズなど、
できれば避けたいところです。

タンパク源

肉類は、牛肉や豚肉が母乳に良くないとされています。

魚類は、サバやウナギなどが母乳に良くないとされており、
刺身のような生魚は控えた方が良いとされています。

卵は1日1個までとし、お子さんにアレルギー症状がある場合は
除去しましょう。

野菜・果物類

キュウリ、ナス、トマトなどの夏野菜や、梨、柿は体を冷やしてしまうので、
母乳に良くないとされています。

生野菜を食べるのではなく、火の通った蒸し野菜や温野菜を
摂るようにしましょう。

たけのこ、ワラビなどの山菜は灰汁が強いので、
母乳の味が変わったり、お子さんに湿疹が出てしまったりすることがあります。

栗もお子さんに湿疹が出ることがあったり、
母乳が詰まってしまったりするので、控えましょう。

油類

動物油(ラードなど)、マヨネーズは母乳に良くないとされています。

天ぷらやカツ類も控えた方が良いでしょう・

飲み物

アルコールやカフェインを含むものは、赤ちゃんの発育や脳に
影響を及ぼす危険性があるので、控えましょう。

コーラやスポーツドリンクなどは、砂糖が多く含まれているので、
母乳には良くないとされています。

菓子類

ケーキなどの洋菓子、もち米で作った和菓子、チョコレートやピーナッツ類が
母乳に良くないとされています。

糖類は体を冷やしますし、洋菓子に使われるバターや和菓子のもち米は、
母乳のつまりの原因となります。

授乳中は、塩分や糖分、脂肪分が多いもの、高カロリーの食事は
控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

授乳中に母乳がよく出るようになる食べ物とは?

母乳に良い食べ物、悪い食べ物については理解し、それを実践しているけれども、母乳の出が今一つ良くない。

そんなママもいらっしゃるかと思います。

ここでは、母乳の出がよくなる食べ物や飲み物、それらの摂取方法について
ご紹介します。

以下を参照に、是非試してみてくださいね!

食べ物

白米を多く食べる

白米は炭水化物が主成分で、母乳の生成には欠かせない栄養源です。

毎食2膳食べるようにしてみましょう。

そうすると、母乳が多く作られるようになり、赤ちゃんも好む
美味しい母乳となりますよ。

おかずは粗食で良いので、まず白米をしっかり食べましょう!

冬野菜

冬野菜には体を温めてくれる効果があります。

体が温まると、血流が促進され、母乳の出が良くなるのです。

おすすめの冬野菜は、大根、人参、白菜、ほうれん草、ネギなどです。

根菜

おすすめの根菜は、ジャガイモ、ゴボウ、落花生、里芋などです。

和菓子

おすすめの和菓子は、おもち、お団子、お汁粉、甘酒などです。

食べすぎには注意です。

母乳の出が良くなるには、和食中心の献立にすることが
良いことがよく分かりますね。

飲み物

母乳のほとんどが水分でできています。

おすすめの飲み物はこちらです。

  • ノンカフェインの温かい飲み物
  • 麦茶
  • 白湯
  • ハーブティー
  • タンポポ茶・タンポポコーヒー

母乳の出が良くなるには、和食中心の献立が良いと言われています。

冬野菜を使った煮物やお味噌汁を食べると、体が温まり、血流が良くなりますよ。

是非、試してみてくださいね。

まとめ

母乳に良い食べ物、悪い食べ物たくさんありましたね。

授乳期という大変な時期に、ママの食事まで気を遣うことは大変ですし、
ストレスになることもあるかと思います。

母乳に悪いと言われているもの全てを食べてはいけないという
訳ではありません。

母乳の状態を確認しながら、食べる頻度や量を調整して食べても大丈夫です。

ストレスにならないよう、いろんなものをバランス良く食べて、
今しかない授乳期を楽しんでくださいね。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする