毛虫を絶対に寄せ付けない方法や駆除方法!

毛虫を絶対に寄せ付けない方法や駆除方法!

私は、
植物がたくさん育てられる広い庭付きのお家で暮らしたいと、
子供の頃から夢に見ていました。

そして私は結婚と同時に主人の両親と同居する道を選んだので、
庭付きの住宅に暮らす夢が叶いました。

庭付きの住宅には想像していなかった大きな苦労がありました。

それは「毛虫」です。

庭に大きな桜の木があって、
春にはそこで知り合いを誘ってお花見バーベキューをします

夢に見ていたとっても幸せな暮らしなのですが、
毎年暖かくなると、必ず毛虫がたくさん発生します。

見るだけでも気持ち悪くて嫌なのですが、
私の家族は慣れっこになっていて
駆除しようとしません。

刺されると大変なことになるかもしれないし気持ち悪くて嫌なので、
毛虫を寄せ付けない良い方法がないか探してみました。

この記事では、そんな毛虫を寄せ付けない方法を解説します。

この記事を読んで、毛虫に悩まされない生活を送りましょう!!

スポンサーリンク

毛虫を寄せ付けない方法

毛虫を寄せ付けない方法にはを2つ紹介します。

毛虫を寄せ付けない方法その①【卵を除去】

毛虫が発生する時期はだいたい毎年決まっています。

毎年同じ時期に同じ植物に毛虫が発生しますが、
それがわかっているなら毛虫を寄せ付けない方法を実施することが重要です。

最初に紹介する卵を寄せ付けない方法は、
卵が付いた葉を除去する方法です。

毛虫が発生する時期より前に、
発生しやすい木や植物の葉っぱを小まめにチェックします。

毛虫はガやチョウの幼虫なので、
発生する前はまだ卵の中にいます。

その卵を生まれる前に除去すると幼虫は生まれてこないので、
こまめに葉っぱの裏などをチェックして、
卵を発見したらその葉っぱごと取り除きます。

一緒に木の剪定をして風通しを良くし殺虫剤を散布しておくと、
他の害虫からも植物を守る事ができます。

スポンサーリンク

毛虫を寄せ付けない方法その②【毛虫が好む植物を取り除く】

毛虫を寄せ付けない次の方法は、
毛虫が好む植物の葉などを切り取ってしまう方法です。

毛虫はどの葉っぱでも良いのではなく、
好む植物やその葉っぱに集まります。

どの毛虫がどの植物がすきなのか理解したうえで、
対象の植物は切ってしまいましょう。

毛虫は好きな植物がなくなると、
その場所では暮らせなくなります。

そうしたら自然に、他の場所へ移動していきます。

毛虫が好きな植物を取り除いたらそこにハーブを植え付けると
ますます毛虫は寄り付きません。

特に香りが強いハーブは毛虫や他の害虫も嫌い、
ペパーミントなどは栽培に手間もかかりません。

ちなみに毛虫が気持ち悪いからどうしても見たくないと言う人は、
その毛虫がどのような植物に発生するのかを知っておきましょう。

①ツバキ・サザンカには、「チャドクガ」が発生します。
この毛虫は毒をもっているので、近づかないほうが無難です。

②桜の木でよく見る毛虫は、「ドクガ」です。

花見の頃にすでに発生しているので、気をつけましょう。

毒はチャドクガほど強くありませんが、
刺されると皮膚が赤く腫れ上がります。

このようにそれぞれの状況に合わせた毛虫対策を実行したら、
毛虫を発見し、刺されて大変な目に合う事が無くなります。

毎年毛虫が発生したときの駆除方法

毛虫,駆除

毛虫を寄せつけない方法には、
どうしても限界があります。

そこで毛虫を身の回りで発見したら、
安全のためにも駆除が必要です。

そのための方法として背丈の低い木などでガの幼虫を発見したら、
ホームセンターなどで買えるスプレータイプの殺虫剤を使用すると簡単です。

手の届くところに準備しておけば、発見したらすぐにスプレーできて、
短時間に駆除できます。

また背の高い木の上に毛虫を発見し広い範囲にたくさん毛虫がいる時は、
液体殺虫剤を散布します。

液体殺虫剤はスプレーでは届かないところやすみずみまで散布できます。

その他の手段として、
毛虫を発見したら枝ごと切り落として焼却する方法があります。

便利屋さんや植木屋さんに依頼する方法もあるかもしれませんが、
殺虫剤の使用や枝ごと燃やす方法なら、
家族だけの力で解決できます。

毛虫は体に毛やトゲが生えた、ガやチョウの幼虫です。

見た目が気持ち悪く、しかも毒を持っている種類もあります。

気候が暖かくなるといつの間にかどこからともなく姿を現し、
私達を困らせます。

毛虫が発生すると庭の草木や野菜などをエサにしてしまうので、
せっかく育てた植物や野菜が傷み、枯れてしまいます。

そしてちょっとでも毛虫の毛などに触れると、
私達の皮膚に激しいかゆみが起こり、赤く腫れ上がる事もあります。

そのような症状を起こさなかったとしても、大量発生するととても気持ちがわるく、
かなりの不快感や恐怖心を私達に与えます。

まとめ

毛虫の駆除や寄せ付けない方法を調べてみました。

やはり毛虫には毒をもつものが多く、
さされると強いかゆみに苦しむことがあるそうです。

そして毛虫を見つけたときの対処方法は
殺虫剤の散布など私にもできる簡単な方法がありました。

毛虫を駆除してから次に寄せ付けない方法も合わせて実行したら
次の春からは毛虫を見なくて済むかもしれません。

田舎にある私の家の庭は広く雑草や木が多いので
完全な駆除にはならないかもしれませんが、

住宅街のお庭なら確実に駆除でき、
寄せ付けないようにできそうです。

都会で暮らす人で私のように毛虫に悩んでいる人は、
ここで紹介した方法をぜひ試してみてください。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする