ベビー服のワンシーズンの予算っていくらなのか

赤ちゃんが生まれたらベビー服を用意しなくてはなりませんが、
ベビー服の値段って案外高いものが多いですよね…。

また、赤ちゃんの成長は著しく早いので
すぐに着られなくなってしまいますからその辺も頭が痛いところ。

そこで今回は、ベビー服のワンシーズンの予算は
大体いくらくらいなのか?

相場や肌着の値段、そして、ベビー服が着れなくなった時の
無駄にしない方法についてご紹介します。

スポンサーリンク
★目次

ベビー服のワンシーズンの予算って?

ベビー服のワンシーズン予算ですが、
時期や購入する場所、またブランドにもよって変わってくると思います。

1万円前後でまかなえるのではないでしょうか。

例えば冬の時期ですと、
生地が厚くなる分だけ値段も上がりますので、
子供服の西松屋ですと、だいたい1着1500円前後かと思います。

個人的に西松屋は安い方だと思うので、安く見積もった場合ですが…。

この時期は、1日に着替えをした場合を含めて
6、7着程度(1日1枚と仮定して1週間分)あれば十分かと思いますので、
トータルで1万円前後ですね。

これが、デパートなどに入っている
ミキハウスなどのブランドものになりますとぐっと高くなります。

1着5000円程度はすると思いますので、
6着購入した場合は3万円ですね。笑
高すぎます。

ただ、セールの時期をうまく利用して購入すれば半額で買える場合もあるので、
賢い購入方法だと思います。

あと私はフリマオークションであるメルカリをよく利用します。

こちらは中古のものがほとんどですが、
なかブランド物も安く売っているので、
うまく使うと1着1000円以内で購入できます。

ただ実際実物を見るまでは使用感などわからないので、
気にされる方は避けた方がよいと思いますが、
この時期だけしか着ない、
また中古でも気にしないという方はメルカリが便利でおすすめです。

ただ、夏物は生地も薄くなり1着の値段が安くなります。
西松屋であれば1000円前後で購入できますので、
6枚でも6000円程度ですね。

ただ、夏場は汗をかくので着替えを頻繁にすると思います。

枚数は10枚程度あった方がよいかもしれないので、
ざっと1万円程度かかると思います。

なので、安めのベビー服を狙えば、
ワンシーズン1万円前後でベビー服を購入でます。

ベビー服の値段相場って?

ベビー服のワンシーズンの相場は、
1万円前後あればまかなえるとお話しましたが、
実際にベビー服の値段相場ってどの程度なのかご紹介します。

上記でも少しお話しましたが、
西松屋やしまむらのベビー服ブランドである
バースデーは比較的安いです。

つい先日西松屋に行ったんですが、
セール品は半値で売られていて、
ベビー服のロンパースが800円で購入できました

かなり安いですよね!

デザインもかわいい上に格安なので
まとめ買いしたくなっちゃうほどです。

次に、ギャップのベビー服を
プレゼントに贈ったりもらうこともあるのですが、
こちらが3000円~5000円程度で
シンプルかわいいデザインのベビー服を購入できます。

こちらもよくセールを行っているのでセール時期が穴場ですね!

次に、デパートに入っているブランドミキハウスやラルフローレンなどです。

こちらは一気に高くなりますね。

5000円以上はしますのでわが子には手が出ません。笑

出産祝いでラルフローレンの洋服をいただきましたが、
かわいくてテンションが上がっちゃいました。

購入するお店やブランドによって
値段も変わってくるということですね。

スポンサーリンク

ベビー服の肌着の値段って?

最後に、ベビー服の中に着る肌着は
おいくらなのか気になる人もいると思いますので、ご紹介します。

肌着も毎日着るものです。

赤ちゃんにとって下着になりますので、必ず必要です。

ただ、肌着は安いです。

5枚程度入って1000円しない場合もありますので、
複数枚入っているタイプをおすすめします

毎日着ているとどうしてもよれてきますので、
その都度購入しても安く買えるのでよいと思います。

ベビー服が着れなくなったらどうする?ベビー服の処分方法あれこれ

ベビー服のワンシーズンの値段などについてお話してきましたが、
前述したように、赤ちゃんが成長したら、すぐに着れなくなってしまいます。

そんな時、着れなくなったベビー服はどうするのか?
ムダにしない方法としてはいくつかありますので紹介します。

お下がり

二人目の子供に使えれば、予算もそれだけ浮いて万事OKですよね。

子供はもういいと思ったら、
必要とする知り合いへ上げてもいいですね。

フリマに出す

着れなくなったら、メルカリなどフリマでお金に変える選択があります。

ベビー服を買う前に、後々フリマに出すことを想定しておくのもいいでしょう。

リメイクする

思い出のあるものは、手元においておきたいものです。

そんなときは、ベビー服を別の小物にリメイクする選択もありますよ。

まとめ

今回は、ベビー服のワンシーズンの予算やベビー服の相場、
肌着の値段についてお話しました。

結論としては、購入するお店やブランドによって
予算や相場も変わってくるということ。

ブランド品を買うときは安くなったセール時期がおすすめなので、
賢いお買い物をおすすめします。

この時期はほとんどのお店が冬物のセールを行っているので、
来年の冬に着られるような洋服をセールで
購入しておくのも賢い方法だと思いますね。

先日、ユニクロに行ったんですが、
ベビー服のロンパースが安くなっていました。

なんと400円と破格値だったので、
思わず購入してしまいましたね。

よい買い物ができたと自負しています。笑

なので、思いがけずセール品と出会ったときは
購入してみてはいかがでしょうか。

子供の成長はとても早く、
今着ているものもすぐに着られなくなりますからね。

その分子供の成長はとても嬉しいです。

この記事が少しでもお役に立てると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする