赤ちゃんが体温が低いのは病気のせい!?原因と対処法を知っとこう!

赤ちゃんの健康バロメーターとも言える体温。

赤ちゃんにとって体温は大切です。

そして、赤ちゃんは体温調節がまだまだ未熟です。

そのため、ちょっとしたことで

すぐ体温が高くなってしまいます。

熱があがるとお母さんとしては気が気でなりませんよね…

ですが、反対に体温が低くなることもあります。

赤ちゃんが低くなることってあるの?

と思いますが、じつはあります。

体温が高くても低くても病気があるのでは?と思います。

そこで、体温が低いと考えられる病気や原因、

対処法について見ていきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの体温が低いのは病気せい?

赤ちゃんの体温が低いと言われるのは36℃以下です。

ですが、赤ちゃんの体温が低くなるのは

さまざな原因があります。

それについては後ほどお話します。

そして35度以下だと要注意で、

体温をあげる対策をしてもあがらない、

体温はあがったけど問題点が改善されないとなると

病気が隠れていることもあります

低体温による悪化のサインは、以下の症状が見られます。

  • 哺乳不良
  • 活気不良
  • 徐脈の持続
  • 無呼吸発作の頻発
  • 低血圧
  • 尿量減少

そして、体温が低すぎると想定される病気は、

以下のようなものが考えられます。

  • 敗血症
  • ショック
  • 循環不全
  • 甲状腺機能低下
  • 中枢神経障害(髄膜炎、脳室内出血、中枢神経の奇形…)

どれも本当に怖い病気です。

ですが、これらは稀であるため、

必ずしも低体温になった=病気ではありません。

大人も同じですが、35℃台は

ガン細胞を活発化させてしまうリスクがあったり、

免疫力を低下させてしまいます。

その上、ちょっとしたことでも赤ちゃんは重症化してしまいます。

ですが、まずは体温が低い以外にも変わったことがないか

必ずチェックしてあげてください。

そこでおかしい点が見つかれば、すぐ病院に受診してください。

赤ちゃんの体温が低いのはどんな原因がある?

赤ちゃんの体温が低くなる原因としては、

以下のことが考えられます。

汗をそのままにしてしまう

原因のひとつと挙げられるのが汗です。

汗は放置しているとそこから熱がドンドン奪われます。

ドンドン熱が奪われると、身体の芯が冷えてしまいます。

赤ちゃんはしょっちゅう汗をかくため、

すぐ肌着が濡れてしまいます。

置いておけば自然蒸発しますが、

濡れている肌着をずっと着させることは体に良くありません。

汗をかいたらすぐ拭き取る

肌着が濡れていたら新しいのに着替えさせる

そうすることで、体温の低下を防ぐことができます。

部屋の温度が低すぎる

冬場はいいのですが、

夏場はとくに気をつけなければなりません。

夏場は気温があがるため、クーラーをつけますよね。

そのときの温度はどれくらいに設定していますか?

赤ちゃんの快適な温度は18〜28℃と言われています。

夏の室温は25〜28℃が快適に過ごせます。

しかし、大人基準でクーラーの温度を設定してしまうと、

床で寝ている赤ちゃんには寒すぎる場合もあります。

また、冷気は下の方溜まりやすい傾向があります。

赤ちゃんと同じ目線になって床で寝てみる

床に温度計を置く!

きちんと管理してあげることで、

低体温を防ぐことができます。

風が直接当たっている

先ほど、クーラーの温度が低いと体

温が下がると言いましたが、

風が直接当たるだけでも赤ちゃんは

体温が下がってしまいます。

室内の空気を循環させるのはいいことですが、

風を直接当て続けると肌の水分を奪うことになります。

その結果、体温が低くなってしまいます。

また、汗をかいた肌着を着させたままだと

急激に熱を奪ってしまいます。

直接当たらないように風の向きを変える!

冷たい飲み物を飲ませる

大人もそうですが、

冷たい飲み物ばかり飲むと体が冷えますよね。

これは赤ちゃんにも言えることです。

冷たい飲み物を飲むと内臓が冷やされるため、

体の内側から体温が奪われてしまいます。

冷やされることにより、下痢や嘔吐と胃腸を

弱らせてしまう原因となります。

飲ませるときは常温か温かい飲み物をあげましょう。

内臓にも負担が減ります。

生活リズムが乱れている

朝早く起こし、夜早く寝かせる習慣にしていますか?

生活リズムも赤ちゃんにとっては大切なことです。

赤ちゃんはまだ生活リズムが整っていないため、

自律神経も崩れてしまいがちです。

自律神経は体温を維持させる働きもあるため、

崩れることにより体温が下がってしまうことがあります。

早寝早起きを心がけてあげましょう!

スポンサーリンク

赤ちゃんの体温が低いときの対処法は?

赤ちゃんの体温が低いときは、

ミトンや靴下、肌着をもう一枚着させたりと

汗をかかない程度に体を温めてあげましょう。

また、おくるみで包んであげたり、

薄手の布団を追加してあげるのもいいでしょう。

そして、着させるときもひと工夫してあげましょう。

ドライヤーで衣類を少し温めておくと良いです。

冷えたものを着させると冷えたほうに熱が奪われてしまい

体温をさらに下げてしまうことになります。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんは体温が高いため、

低くなることなんてないと思われます。

ですが、ちょっとしたことで体温が低くなってしまいます。

普段からしっかり健康チェックを行ってあげると

異変にも気付きやすいです。

普段と違う…おかしい…と思ったら、

専門医にすぐ相談しましょう。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする