マスクだけでは効果なし!風邪予防には他の手段もあわせよう!

風邪やインフルエンザなど、
空気からうつる厄介な病気が
冬になると流行します。

小さい子供やお年寄りには、
外出する時には必ずマスクを
着用するようにと
声をかけている人がいます。

最近では風邪の予防のほかに、
ホコリを吸い込みたくないからと
1年中マスクをしている人が多くいます。

しかし風邪やインフルエンザの
予防にマスクは効果がないと
聞いたことがあませんか?

それは本当なのか調べてみました。

スポンサーリンク

マスクの本当の効果はうつさないこと?風邪予防の正しい方法!

冬は空気が乾燥し、風邪や
インフルエンザ感染が
流行するシーズンです。

この季節になると
スーパーやドラッグストアで
マスクが飛ぶように
売れるといいます。

毎日マスクをかかさないから、
自分は大丈夫と安心している人は
多いかもしれません。

しかしマスクを着用しても、
完全に風邪やインフルエンザの
予防ができるわけではありません

マスクには全く予防の効果が
無いのではありません。

しかし「マスクだけでは十分な
予防効果が得られない」
との専門機関の研究結果が
発表されています。

風邪の原因の菌やウイルスは
空気中に含まれています。

そしてマスクをしていても、
空気と一緒にマスクの
内側に入って来ます

したがってその菌やウイルスが
気管支などから進入して炎症を
起こす可能性が十分にあるため、
風邪などの予防効果は低いそうです。

一般に売られているマスクは、
本来は風邪をひいた人などが
風邪を人に移さないために
着用するものなのです。

すでに空気中に含まれている
ウイルスを通さないほど
精密なものではありません

そうかと言って、
予防効果が全く無いわけではなく
一応少しは予防に期待ができるとも、
医療機関から発表されています。

マスクだけでは
風邪予防に不十分なのです。

昔から言われているように
風邪に一番予防効果が
得られるのが「手洗い」です。

人は無意識に多くの物を手で触っていて、
そこに原因の菌やウイルスが
たくさん付着しています。

その手を洗わずに何かを食べ、
口や目を触ると
その近くの粘膜から菌が進入して、
風邪やインフルエンザの症状が発症します。

したがって正しい風邪の
予防方法は「手洗い・うがい」です。

食事の前・食事準備の前・トイレの後などに
小まめに手洗いうがいをして

外出時にマスクを着用すると
風邪の予防効果がアップします。

睡眠中にマスクをすると何か効果がある?メリットとデメリットをご紹介!

寝ている時も必ずマスクを
着用する人がいます。

それは喉の乾燥を守るためや、
風邪の予防のためなど
理由はさまざまです。

寝ている時にマスクを着用すると、
次のようなメリットがあります。

<睡眠中のマスクのメリット>

①口の中が乾くのが防げる

②喉を乾燥から守る

③肌を乾燥殻守る

④顔の寒さが防げる

花粉症のように
鼻が炎症で詰まっている時、
たいてい息が苦しくなるので、
口を開けて眠っています。

しかしマスクを着用していたら
口を開けて寝ていても
口の中が乾燥するのが防げます。

そして喉の乾燥だけでなく、
大きいマスクを着用すると
顔の乾燥や冬の寒さからも
守ることができます

次にデメリットも紹介しておきます。

<睡眠中のマスクのデメリット>

①呼吸が苦しくなる

②睡眠の妨げになる

③耳の後ろが痛くなる

④顔にマスクやゴムの跡が付く

寝ている時にも
マスクを着用していると、
呼吸の妨げになり
睡眠妨害にもなる場合があります。

そして熟睡できたとしても、
ゴムで耳の後ろが痛くなり
顔にくっきり跡が残ることがあります。

空気が乾燥しているホテルなどでは
マスクを着用して寝たほうが
喉の感想が防げるので
風邪が予防できるかもしれません。

しかし医師の話によると、
風邪をひいたときは、マスクを着用して
寝るよりもマスクを外して
熟睡したほうがいいそうです。

体力の回復が早く、
風邪が早く治りやすい
とのことでした。

スポンサーリンク

マスクは正しく着用しないと予防の効果なし!正しい使用方法を覚えましょう!

マスクを着用したら風邪は絶対にひかないと、
自信を持っている人がいますが
そこまで強力な予防効果はありません。

しかしマスクの着用と
手洗い・うがいをあわせると、
風邪の予防効果が高くなります。

しかしマスクは正しく着用しないと
隙間だらけになるので
予防の効果はありません

正しい着用方法を覚えて実行しましょう。

<マスクの正しい装着のしかた>

①マスクで鼻と口をしっかり覆います。

②ゴムを耳にかけます。

③鼻の部分に入ったワイヤーで顔に
マスクをフィットさせます。

⑤隙間ができないように、
ゴムの長さを調節します

マスクは鼻と口をきちんと覆い、
隙間なくフィットさせて着用します。

そして1日着用していたマスクは
表面にたくさん菌や
ウイルスが付いています。

マスクは使いまわしにしないで、
いつも清潔な新しいものを
使うようにします。

まとめ

私の周りには外出中に
必ずマスクをしている人がいますが、
その人は1年に何回も風邪をひいて
体の調子を崩します。

もしかしたら、正しく風邪予防が
できていないのかもしれません。

風邪やインフルエンザは
マスクだけでは予防できないので、
手洗いうがいも徹底しようと思います。

そしてマスクは正しくフィットさせて
着用することもこれからは
忘れないように気を付けます。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする