授乳中のママ必見!おっぱいが詰まりやすい食べ物って何?

授乳中のママにとっておっぱいのトラブルはつきものです。

その中でも特に怖いのが乳腺炎ですよね。

乳腺炎になると痛みで授乳がつらいだけでなく
高熱が出てしまうこともあります。

それだけは避けたい、というママも多いはずです。

そんなときに気になるのが食べ物です。

授乳中に母乳が詰まりやすい食べ物はあるのか、
どんな人が詰まりやすいのかについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

授乳中に母乳が詰まりやすい食べ物

授乳中のママにとって困るトラブルのひとつが母乳の詰まりです。

おっぱいが詰まってしまうと乳腺炎を引き起こしてしまいます。

乳腺炎になってしまうと、触るだけでとても痛いほどの炎症を起こし、
ひどければ40度近い高熱が出てしまうことも珍しくありません

そんな乳腺炎を予防するためには食事に気を付けるよう、
聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし実をいうと、
食べ物によって母乳が溜まりやすくなるのかどうかについての研究は、
まだはっきりしていないのが現状なのです。

しかし、食事を気を付ければ詰まりが少なくなったという
経験を持つ人も多いようです。

では、どんな食事がおっぱいを詰まりやすくさせるのでしょうか。

それは、高塩分や高脂肪の食事です。

味の濃いものやこってりした油がたくさん使われている料理は
乳腺を詰まらせる可能性が高いと言われています。

例えばどんなものがあるかというと、
フライドチキンやフライドポテトなどの揚げ物、
脂身の多い肉類、チョコレートやケーキなどの洋菓子類などです。

これらの食事は母乳の材料である血液をドロドロにしてしまう
と言われている食べ物です。

血液がドロドロになると母乳もドロドロになり、
詰まりやすくなってしまうという訳です。

逆に、あっさりした和食や野菜中心の食事にすると
血液がサラサラになり、母乳の詰まりも改善されるかもしれません。

母乳に良いと言われている食べ物としては、
れんこんやにんじんなどの根菜類、わかめなどの海藻類、
豆腐などの大豆製品、魚、スイーツなら和菓子などです

もちろん効果や症状の現れ方には個人差がありますので、
こってりしたものを食べても詰まりにくい人もいれば、
和食中心にしていても詰まりやすい人もいます。

実際、筆者は特に食事に気をつけなくても
乳腺炎になったことはありません。

しかし、母乳の材料となるのがママの血液だと考えると、
ママ自身がバランスのとれた体に良い食事をすることで
赤ちゃんが飲む母乳も質の良いものになりそうですよね。

授乳中の食べ物には気を付けていきたいところです。

授乳中に乳腺が詰まりやすい人

授乳中に気を付けていたのにトラブルに悩まされた人もいれば
トラブル知らずだったという人もいますよね。

このようにおっぱいが詰まりやすい人がいるようです。

どんな人が詰まりやすいかというと、

  • 乳腺がもともと細い人
  • ストレスを感じやすい人
  • 洋食や油っこいものが好きな人
  • 母乳の分泌が多い人

などです。

乳腺が細い人はどうしても詰まりやすくなってしまいます。

また、ストレスも母乳が詰まりやすくなる一因です。
ストレスをため込みすぎず、適度に発散するようにしましょう。

油っこいものについては上で説明したとおりです。
詰まりやすい自覚のある人は気を付けた方がいいかもしれません。

そして、母乳の分泌が良すぎる人も詰まりやすくなります。
乳腺炎の原因の一つがおっぱいに残った母乳だからです。

特に低月齢のうちなど母乳が飲みきれずに残っている場合は
軽く絞ったり、水分摂取を控えたりして
母乳がたまりすぎるのを防ぎましょう。

詰まりやすい体質の人は気を付けて自分のおっぱいの様子を観察し、
乳腺炎になる前に対策をとるようにしましょうね。

スポンサーリンク

授乳中に控える食べ物

乳腺が詰まりやすい食べ物や赤ちゃんに影響が考えられるものまで、
授乳中には控えたい食べ物がいくつかあります。

ひとつ目は今まで説明してきた通り、味の濃いものや油っこいものです。

これらは母乳の材料である血液をドロドロにして詰まりやすくするので
食べ過ぎには注意しましょう。

次はカフェインです。

カフェインは大量に摂取すると赤ちゃんに
興奮、不眠、落ち着きがないなどの症状がでることがあります。

摂取したカフェインの1%が母乳に移行するので、
コーヒーであれば1日2〜3杯とっても問題はないと言われていますが
体質にもよるのでカフェインを摂取した後は赤ちゃんの
様子をよく観察しておきましょう

あとは、体を冷やす食べ物も食べ過ぎには注意しましょう。

身体を冷やしてしまうと母乳の出が悪くなってしまいます。

身体を冷やす食べ物は例えば冷たいものはもちろん、
生野菜や夏野菜、南国のフルーツなどです。

温野菜や根菜などを中心にとるようにしましょう。

赤ちゃんに質の良い母乳を飲んでもらうために
少し食べ物にも気を使っていきたいところですね。

まとめ

母乳が詰まると乳腺炎になってしまいます。

乳腺炎はつらいので、油っこいものや塩分の多い食事は
食べ過ぎないように気を付けましょう。

特に、乳腺の細い人やストレスをため込みやすい人、
母乳の分泌が良すぎる人などは詰まりやすいので要注意です。

その他にもカフェインや生野菜など授乳中には控えたい食べ物が
たくさんあります。

自分の体のため、赤ちゃんの母乳のため、
食べるものには気を付けていきましょうね。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする