つらいつわり…症状を抑える食べ物は?

妊娠の喜びをかみしめているのもつかの間
つらいつわりが襲ってきた方も多いですよね。

つわりは程度は違うものの、
妊娠したほとんどの方が経験すると言われています。

初期のつわりは5~7週頃始まり、
12週頃にピークを迎えることが多いと言われています。

つわりは「突然気持ち悪くなってしまい、トイレに駆け込む」
というイメージがあるかもしれませんが
実際にはいろいろな種類があります。

代表的なのは、
吐きつわり、食べつわり

においつわり、眠りつわり、よだれつわり

などで、1つだけでなくいろいろな種類のつわりが
合わさって現れる場合が多いようです。

いろいろなつわりがありますが、
共通するのは「気持ち悪さ」

食べたいものが食べられない、
食べ物を受け付けない、
といった症状はとてもつらいですね。

ここではそんなつわりの時に
おすすめの食べ物をご紹介します。

スポンサーリンク

つわりを抑える食べ物

つらいつわりを少しでも楽にする食べ物はないの…?
と、思いますよね。

つわりを軽減するには
ビタミンB6が多く含まれる
食品をとるとよいと言われています。

ビタミンB6は
バナナや玄米に多く含まれています。

バナナは常備しやすく、
そのままでも、ジュースにしても良いので
摂取しやすいですね。

また、冷たくてさっぱりしたものが
比較的食べやすい方が多いようです。

バナナはスライスして冷凍しておくと
つまんで食べられるのでおすすめです。

ご飯も炊きたては無理でも
冷ごはんなら食べれることもあります

冷ました玄米ご飯をおにぎりにしておくと
さっと食べられてよいですね。

逆につわりを悪化させる食べ物もあります。

においの強いものや油っこいものです。

たまねぎや生魚などのにおいは
吐き気を強めることが多いようです。

油の多い肉や揚げ物も
気持ち悪さを助長させると言われています。

ただ、つわり中にフライドポテトが食べたくなった、
という話も良く聞くように、
つわり中に食べやすい食べ物は
人によってそれぞれのようです。

つわり中は食べられるものが限られて
おなかの赤ちゃんの栄養が心配になってしまいますが、
つわり中は「食べられるものを食べられるだけ」が基本です。

無理せず、食べやすいものを
食べれそうなときに口にしてみてください。

実際、筆者自身も揚げ物・ファーストフード・
インスタントラーメンなどの
いかにもつわり中には食べれなさそうなものが食べたくなり、
食べると気持ち悪さが改善されていました。

もちろん元気な赤ちゃんを出産しましたよ!

食べすぎも気持ち悪くなる一因なので、
ちょっとずつ分けて食べてみるのも良いですね。

ただ、ひとつ注意してほしいのは、
水分をしっかりとることです。

つわり中は嘔吐などで水分が不足しがちです。

水も飲めないほどつらいようなら
病院に行くようにしましょうね。

つわり中におすすめの食べ物

つわり中でも食べやすいおすすめの食べ物を
いくつかご紹介したいと思います。

ひとつめはトマト
トマトは程よい酸味があり、
さっぱり食べられるのでおすすめです。

冷やして食べることでのど越しも良く、
調理の手間がかからないところも
つらいつわり中にぴったりですね。

2つめは豆腐
のど越しも良く、たんぱく質も豊富なので
食べやすい上に栄養補給にも良い食材です。

そのままでももちろん、冷奴やサラダなど
味付けのバリエーションがつけやすいのも
嬉しいですね。

梅や生姜を薬味にして食べると
さらにさっぱりしておすすめですよ。

ちなみに生姜は漢方で
吐き気を抑える効果があると言われているんですよ。

3つめはゼリーです。
食べないと気持ち悪いけど
体重が気になる食べつわりの時は
こんにゃくゼリーなど簡単につまめて
おなかにたまるものがおすすめです。

食欲がない人は果物ゼリーなど
甘いゼリーで糖分を補給できるとよいですね。

4つめがフライドポテトです。
程よい塩気とつまみやすさが食べやすいポイントですね。
ただし、揚げ物は食べ過ぎると逆に吐き気が増すこともあるので
注意しながら食べましょう。

食べ物が全く受け付けないという場合は、
炭酸飲料が飲める場合もあるようです。
シュワっとする感じがすっきりしますよ。
砂糖が気になる場合はただの炭酸水でもよいですね。

食べられるものを見つけて、
つわりを乗り切りたいですね。

スポンサーリンク

つわりで食べたい食べ物で性別が分かる!?

つわり中の食べ物の好みで
赤ちゃんの性別が分かるといううわさもあります。

甘いもの・さっぱりしたものが食べたくなったら女の子、
塩辛いもの・油っこいものが食べたくなったら男の子
というものです。

おなかの赤ちゃんの性別はやっぱり気になりますよね。

もちろん、医学的根拠は全くない、ジンクスですが、
つらいつわり中でも

「ポテトが食べれたから男の子かな?」
「ゼリーが食べたいから女の子かな?」

なんて楽しみを持って乗りきれるとよいですね。

まとめ

つわりは一般的には、
胎盤が完成する16週頃には落ち着くと言われています。

さっぱりしたものやのど越しの良いものなど
自分なりの食べやすい食べ物を見つけて乗り切りましょう!

赤ちゃんの性別など楽しみを持つのもよいですね。

みなさんが元気な赤ちゃんと会えますように!!

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする